おばんげなかった
2018-06-24 Sun 05:49
・進撃2、死んだキャラを全員救済した。
しかしストーリー任務はところどころでパーティメンバーを全く増やせない任務があって、
難易度が格段に上がるのがめちゃくちゃイライラする。
難易度カジュアルだと主人公がめちゃくちゃ強いから全く気にならないけど、
インフェルノだとひたすらしんどい。辛いだけ。益なし。

あと今回のプレイで、当たり前ではあるんだけど、
救済任務が発生する前に該当キャラが退場する(敵の攻撃で死ぬ)と、任務が発生しないことが分かった。
しれっと再登場したりするのかな、と思ったけど、そんなことはなかった。

・だいぶ金が余ってるので、はたきを量産して武器は強化できるかもしれない。
スキルが決戦の狼煙特化構成じゃないと使えないんで、主人公しか装備できないんだけど、
今愛用してる攻撃力が一番高いブレード(耐久値が終わってる)をカンストさせたいな。
インフェルノでこの先も友好度を上げていくなら、強化したぶんの元は取れる。

・前回書き忘れたけど、インフェルノでフックドライヴを使いまくったことで、
敵の攻撃回避100回のトロフィーが取れた。
残すは部位破壊2000回だ。これってうなじ(=討伐数)も含まれてるのかな。
討伐数もカウントされてるとしたら、そろそろ2000は行ってるんじゃないかと思うので、別計算かもなあ・・・。
もしギャラリーが埋まっても達成できてなかったら、巨人研究所埋めがてら捕獲の旅に出るしかない。
ちなみに研究所は通常種の小型の巨人のみコンプ済み。あとは全然。

・今は友好度の任務をまたやってるところだけど、それが尽きたら、
とりあえずインフェルノのDLCをやって手応えを確認する。
周回が可能そうなら繰り返すし、カジュアルでも取れる素材をインフェルノでやることないなって感じだったら、インフェルノは中断する。
巨人の牙片大、赤熱結晶大、輝く巨人結晶、超巨大結晶だけはインフェルノじゃないと取れないんだよなー。
どの任務が一番楽そうか、まだ全然分からない。
ストーリー任務は演出に時間を取られるのがイライラするので、調査任務で集めていきたい。
(マップに何かが登場した時など、カメラが強制的にそれらを映して見せる演出。
その間も戦闘時間は経過しているせいで、主人公が巨人と対峙している時にそれが挟まると、
カメラを戻された時に窮地に立たされていることが多い。ザッケンナゴラァ)

・調査任務はバディアクションが決戦の狼煙のザックレー、ピクシス、キース、エルヴィンをお供にしてプレイしたい。
指揮官クラスはストーリー任務で好感度が上がる機会が全然ないしな。
インフェルノだと、カジュアルでは微妙だったバディが閃光弾のキャラも活きそう。トーマス、グンタ、キッツ。
バディが回復薬のキャラはインフェルノでも微妙・・・。空中で回復してくれないし。クリスタ、ヒッチ、ミーナ。
使う機会がないせいで、自分が掴まれた時に救援をお願いできるって利点はあるけど。

・前作と比較すると、今作で印象変わったキャラたくさんいるよなーと思う。
ライナー、ベルトルト、ユミルは言うに及ばず。
特にライナーとベルトルトだよなー。前作でいっぱい一緒に頑張って戦ったから・・・。
ていうか、今作のベルトルトのキャラの薄さやばい。前作からの落差が大きくてショック。(総キャラ数がめちゃくちゃ増えてるから出番が減るのはしょうがないんだけど)
イアン、ミタビも変わったなー。ストーリー任務だとぶっちゃけ出落ちキャラで、ほとんど活躍がないけど、前作では調査任務でそこそこ一緒に戦ってた。あんまり出落ちな印象がなかった。
ミケもかなり変わった。まさかミケもほぼ出落ちだったとはね。前作では4章以降がっつり出てるので、本当は退場がすごく早いなんて思ってなかった。正直、今作で一番ショックだった。

異形の巨人が倒しやすくなったのは良かったなー、と素直に思う。
女型の倒しにくさはどっちもどっちだけど、獣は前作で一番倒すのめんどかったし(こいつが出る任務だけは補給班のところまで飛んでかなきゃいけないことが多かった)、鎧は角度不良でダメージにならないことが多すぎたし。裏から狙わないと関節にダメージが入らない。今作の角度不良は基本的にうなじでしか発生しないので助かる。

筋肉質の巨人も、倒し方が変わって本当に助かった。普通の巨人に比べると若干タフな気はするけど、部位破壊必須じゃなくなってめちゃくちゃ楽になった。

あ、印象変わったといえばハンネスさんを忘れちゃいけないな。あんなに体を張る人に変貌してるとは思わなかった。熱い人だったんだね・・・。前作だとダメ人間な印象しかない。

あとコニー・ジャン・サシャも変わったかな。前作ではストーリー任務に関わる描写がほとんどなかったから、スキル性能差でしかキャラの違いを把握できなかった。
サシャは物欲、コニーは隠密・奇襲、ジャンは劣化エレンって感じだった・・・。

あ、リヴァイ班ではオルオの印象が変わった。今作では、かっこ付けたがりだけど討伐数1位の有能マン。前作では、舌噛んで白目剥くギャグキャラでしかなかった・・・。今作では1回しか白目剥いてなかったな。

あとは、前作では省かれてたキャラが追加されたことで話に厚みが出たのがやっぱり嬉しかったな。
特にダズ、ナナバ、ゲルガー。

あ、憲兵団のキャラが把握できたのもよかった。ヒッチの性格があんなに悪いなんて知らなかった。しかもアニのルームメイト。

今作ではアルミンのゲスミンっぷりはほとんど出てこなかったな。前作では本編と関係ない会話でゲスさが垣間見えたけど、今作ではストーリー(つまり原作にある部分)で少し描写されただけ。


前作との比較をするといつ書き終わるか分からん。とりあえず終わる。
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | top↑
| あずまの地より来たりて、八百万の |