とても新鮮で、味もサイコー
2018-06-08 Fri 05:06
・龍が如く維新達人級、3章まで進めた。
丁寧にやるつもりはなかったんだけど、町を歩いてるだけでサブストーリーが発生しまくるので、
クリア可能なやつはガンガンやっていってる。
結局、思ったよりもめちゃくちゃ寄り道してる。
内容忘れてるから楽しめてるんだけど。
絆ゲージをMAXにする気にはなれないけど、簡単なサブストーリーはどんどんやっていきたいかな。

・北斗が如くでは、バザールで記事タイトルの呼び込みをしている人がいるんだが、
それと全く同じボイスが維新の土佐でも使われていてビックリした。
イントネーションが独特なのは「ジャパネットの真似かな?」ぐらいに思ってたんだけど、
初出が土佐の音源だったからなのか・・・。福岡ではなく、どうやら土佐訛りらしい。

ていうか素材までカブらせてるし、やっぱ維新と北斗ってほぼ同時進行で開発してたとしか思えないな!
やっぱり本来は『0』の後に出したかったんじゃないかな。
『0』の後は恒例のお祭りソフトがなくて、1作目リメイクの『極』がお祭りポジション取ってたし。
(龍シリーズは本家ナンバリングが出ると必ずお遊びタイトルが1個挟まるサイクルでリリースされていた)

達人級2周目、3章の現時点で5時間半くらいプレイしてる。
最終章まで行くのに20時間くらいかかるかもな・・・。
急いでないから何時間かかってもいいんだけど、思ったより牛歩になりそう。

・進撃の巨人2は、インフェルノモード2章まで進めたところ。
一部の仲間の友好度がガンガン上がっていってるんだけど、話の進行が追いつかなくて友好度上限が止められてるのがつらい。
友好度イベ、一気に進めさせてくれよ・・・!

インフェルノモードで2周目をやる上で目指しているのは、最後の任務で超大型巨人の素材が取れるようになること。
まあ要はストーリー全クリしなきゃいけないってことなんだけど。
超大型の素材を手に入れられるようになるためには、インフェルノのストーリーを全クリするか、調査任務を全クリするかの2択しかないわけで。
調査任務えんえんとやるのは飽きるし、レベルカンストしてるエディット主人公を使うことに若干不毛なものを感じてしまうので、インフェルノのストーリーを黙々とクリアしていくのがベストだなと思う。
クリア評価にはこだわらないようにしてる。とにかく、素材を集めるために先に進む!!

・インフェルノモードは敵の耐久値が爆上がりしてるし消耗品の消費ペースも早いしで、結構シンドいんだけど、
前作で使い倒した決戦の狼煙を同じノリで使うようにしたら、一気にクリアが楽になってきた。
まだ使いこなせてる感じはしてないけど、前作の勘がそのまま使えるなら楽勝だわ。
いや何にも楽ではないんだけど、うまく立ち回れずにベソをかく可能性が激減っつーかたぶん消滅したのが非常にありがたい。

・2周目をガンガン進めてトロフィー取りに行くプレイ、久しくやった記憶がないので新鮮。
1周しかやってないゲームたくさんあるからなあ。
維新も進撃2も良ゲーで楽しい。
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | top↑
| あずまの地より来たりて、八百万の |