雑記
2018-05-16 Wed 04:54
・北斗が如く、ゲーセンの勲章埋めが全て終わった。
龍が如く6だったかどれだったか忘れたけど、同じラインナップでスコア1000万を要求された記憶があるので、
随分緩和されたなという感想。
こんなもんでいいんですよ!!

・問題は、セガマークIIIの北斗が如くでスコア50万を稼がなければいけないこと。
やる気しないので最後に回すわ・・・。
1回だけプレイしたけど、あまりにも単調でヤバかった。
長時間やったら心をやられそう。

・ストーリーは9章に入ったところ。
バギー関連のサイドミッションを終わらせて、全ての領域に行けるようになった。
サイドミッションは積極的にクリアしていきたいけど、
ミニゲーム要素はクリア後のプレミアムアドベンチャーに回していいかなあと思う。
ていうか、一度クリアしないと全サイドミッション埋まらないから、1周で完璧にプレイするのはどのみち不可能だし。
1周どころか、輝珠の入手可能数が足りないから、2周が必須だけど。

・しかしせっかくバギー最大強化が可能になったので、
しばらくはレースとか、バギー関連でガンスルーしてきた要素に触れていこうと思う。

・今のところ金には困ってないけど、
賞金首のミッションでドカンと貰ったやつが余ってるだけで、使い切ったらまた稼ぐ手段がない。
ナイトクラブもぼちぼち進めてるので、そこで稼げるようにするのがやっぱいいのかなあ。

レベル99のキャストを作るのに金がめちゃくちゃかかると思うんだけど、
先に99を目指すか、ナイトクラブのミッションクリアを優先すべきか。
どのキャストを99にするか決めかねているので、とりあえずミッションクリア優先になってしまうんだけど。優柔不断。

・英語の勉強も継続しているが、筆圧が強いせいで右手が疲れるのをどうしたものか。
そのうち順応すると思いたいが、右手が耐えきれないようなら対策を講じないとなあ。
対策っていうか、シャーペン使うのやめれば済む話なんだけど。
消しゴムで書き直せないのが嫌なので、他のペンはできれば使いたくない・・・。

「紙に文字を書く」こと自体が楽しいので、
パソコンやタブレットにタイピングするのでは意味がない。

・今日の英語はノート8ページぶん勉強したけど、
主な内容は”serve”と”draw”の意味を調べただけ。
びっくりするほど進度が遅い。
しかし、こういう意味の広い言葉を改めて勉強し直すことはとても意義深いと感じている。
今やっておけば後で詰まることはないんだから、そのうちいきなりスピードアップしていったりするんじゃないかな。

・動詞1つで何をやるとそんなに遅くなるのかというと、
まず原義を調べて、どういう概念の言葉なのかをなんとなく掴んで、
派生した意味を丁寧に拾って、副詞や前置詞を伴った活用を調べて、例文を書き写して、
それが全部終わったら、英英辞典で同根の(概念や意味が隣接する)言葉を調べて、関連語も調べる。

辞書的な翻訳がやりたいのではなくて、私は概念として英語をちゃんと勉強し直したいのだ。
異言語を学習することの醍醐味は本来この「異民族の概念を学ぶ」ことにあるはずなのに、
中学でも高校でも、誰もそのことを教えてくれなかった。
今になって腹立たしく感じる。

たとえば、”run”は中学1年生で絶対に習う「走る」という意味の自動詞だけど、
他動詞になると「経営する」という意味に変わる。
これはそもそも、”run”の概念が「流れるように移っていく状態」を表しているからで、
人体がrunすれば「走る」ということだし、組織やシステムがrunすれば「営む」という意味になる。
概念は同じなのに、そのことを誰も教えてくれなかった。
そもそも教師がその知識を有していなかった、としか思えない。
クソ。

じゃあ大学はどうだったかというと、「そんなもん大学で説くことじゃない」としか言いようがない。
まっとうに受験勉強して、それなりの偏差値の大学に入ったのなら、
そういう発想(勉強法)はあらかじめ身につけておけよ、ってレベルの話で。

・言葉を学ぶことは概念を学ぶこと、と気付けたのは、大学のおかげだ。
アカデミックな場では、異国の言葉を翻訳せずにそのまま外来語として使用することが多い。
下手に翻訳すると、たくさんの隣接する概念・意味を削ぎ落としてしまうので、
「この言葉はここからここまでの意味を持つ」ということを不足なく明確にするために、翻訳はしないのである。

でもこれは、専門用語に限った話ではない。
基礎的な単語にこそ、この視点が必要だったのだ。
残念なことに、私は長い間そのことに気付かなかった。

・今英語を勉強していることに意味も目的もない。
ただ、やりたいからやっている。楽しんで、やっている。
まるで違うと思われた概念がなぜ繋がるのか判明する瞬間は、とても楽しい。
実を言うと、言語の勉強は一生楽しめる趣味なんじゃないかと本気で思い始めている。

ゲームは好きだけど、ハマれるゲームを探してゾンビのような生活をするのは、正直しんどい。
楽しいことだけをして生きていくなら、ゲームよりも言語をやり込んだ方が楽しい気がする。
何かのために勉強をするんじゃない、楽しいからやる。そういう生活をしたい。
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | top↑
| あずまの地より来たりて、八百万の |