神算鬼謀の奇才・真顔で放置・猛き盾と矛
2018-04-18 Wed 05:33
・諸葛亮、辛憲英、曹仁クリア。レベル50余裕。
辛憲英だけガチ感想の寸評になってしまった。
ストーリーから切り出してタイトル付けることも勿論可能だけど、とにかくダジャレが酷かったので・・・。

・諸葛亮、5〜11章。
完璧にやったのは8章と11章だけ。
10章白帝城、やるべきか悩んで飛ばしたけど、やっぱもう少し丁寧にやってみるべきだったかもなぁ。またいずれ。

・ならではのシーン、序盤はあったっけ。たぶんなかった。
龐統や法正でプレイした時しか見れなかった会話をまた見れたので、諸葛亮は対軍師の会話をいっぺんに見れることが分かった。
6章赤壁では、関平・周倉に曹操の深追いを諦めさせ、
次のシーンで龐統・月英・趙雲と真意の話。関羽への処罰の会話は出なかった。

7章益州戦では、葭萌関をやると涪城進撃が消滅することを確認した。
劉璋は普通にぶっ飛ばした。

8章は、漢中で策を弄するやつを諸葛亮自身でやるとどうなるの?っていうのが一番気になってたんだけど、
他のキャラだと文末が「〜してください」で指示を出してるのに対して、
「〜でしたね」と言い含めて確認する形に変わっていた。なるほど。

10章の夷陵は特に言うことなし。
白帝城は、通常だと雑兵が劉備に指示を伝えるところが、諸葛亮自身のセリフで伝達してた。他に専用セリフがあったのかは未確認。
五方面侵攻は10章で一番の見所。諸葛亮でしか見られない初見シーンが続く。
この時、本来は病に伏せっていることになってるけど、それは敵を欺くための策だとされる。
(諸葛亮自身が動き回ってることに整合性がつく)
劉禅と星彩の会話に諸葛亮がしれっと混じってきて、ビビられてるのに笑った。
あと、司馬懿の撃破時に対諸葛亮の専用セリフがあった。
南中心服は、特筆するようなことなし。たぶん他のキャラと変わらない。

11章は全部丁寧にやったけど、他のキャラと変わってるようなところは無かったかな・・・。
街亭に馬謖の救援に行ったけど、特殊なやり取りはなかった。
あ、姜維の説得で、姜維の周りの魏将を倒したあと、姜維も撃破しちゃったんだけど、
会話だけで任務完了できそうな雰囲気があった。ちょっと辛抱が足りなかったと反省している。

五丈原では、郿に進軍する曹休を虎戦車が待ってるあたりまで放置してみたけど、専用セリフとかは別に無さそうだったな。
あった可能性もあるけど、虎戦車より手前にいる魏延と交戦して動かなくなったので、たぶん無いとする。

エンディングは、魏延のエンディングと繋がる内容で、
馬岱も出てきて、うっそ〜、って思った。
無双の馬岱は明るくて元気なキャラだから好きなんだけど、やっぱダークな部分もあるな・・・。油断ならねえわ・・・。

・余談。
馬岱で11章北伐の準備の趙雲の任務ができなかった件について。
あの任務はクリアのために趙雲→馬岱→村人→趙雲と話しかける必要があるので、
馬岱使用時に代わりのキャラが用意されてない=進行不能のために削除されてた可能性が高い。
他の任務なら蒋琬が立たされてるもんなんだけどなあ。
これもアプデで直らんもんなのか。

・辛憲英クリア。6〜11章五丈原。
こいつ晋じゃなくて魏じゃねえの?って思うけど、名字とのダジャレで晋にされてるんだと思う。
イラつくぜえ・・・!

晋の6章で埋まってないイベントムービーがあるなー、と思ってたんだけど、
魏が赤壁で負けるムービーだった。
あ〜、魏の11章で埋まってなかったムービーと同じカラクリのやつね〜。初見のやつじゃなくてがっかり・・・。

辛憲英で丁寧にプレイしたのは6章赤壁の準備・本戦、7章濡須口、11章合肥新城。
6、7章は、レベル上げを兼ねて、最近やってなかったWAVEを丁寧にやっただけ。
辛憲英自身の活躍とは関係ない。

11章合肥新城は、諸葛誕以来。
兵器に関する指示だったり、満寵の専用セリフが結構たくさん用意されてるので、
爆速で孫権を撃破してしまうと勿体ない。
雑兵を蹴散らして、だいぶ牛歩してからクリアした。

合肥新城の前の、石亭の戦いは、最近張郃でやったので飛ばした。
初見の展開は見つからなかった。ボス撃破が早すぎて飛ばされた可能性もある。

・辛憲英での初見シーンは、開始時の父親と曹操との3人での会話。
父親もダジャレを混ぜようとしてくる姿勢が見られて、この親にして・・・って思った。
6章赤壁の敗走時の会話も、当然ダジャレ混じり。イラつく。
11章では、曹丕崩御時の会話シーンに父親も混じってることに初めて気付いた。
他の参加者は夏侯覇、郭淮、諸葛誕。
話題のメインは「今の宗家は肩身が狭い」という夏侯覇のセリフなので、諸葛誕と辛憲英もいたことを完全に忘れていた。

辛憲英がダジャレを言っても、誰も相手にしてないのが見ててほんとキツい。
辛憲英自身が、相手にされない前提で言ってるわけでもなく、ほとんど独り言状態で、
「全員が無視するってことは誰にも面白いと思われてないから、ふざけるのやめろよ」としか思えない。
誰か一人でもダジャレに反応してあげてるシーンが必要だった。重ねて言うけどほんとキツい。

・辛憲英は、無双乱舞のフィニッシュに既視感がある気がしてたんだけど、
たぶん、討鬼伝2の鎖鎌の特殊技・鎌鼬のモーションの流用だ。(遡ればニンジャ外伝のモーションの流用だけど)
あと、得意武器の攻撃の一段目が、討鬼伝の薙刀の一段目と同じモーションだった。
(その先の連携はかなり違う)

・曹仁、2〜10章最後まで。
満寵が全キャラで最長だろうと予想しているが、曹仁は2位かもしれないと思った。
重点的にプレイしたのは7章江陵だけ。あとは適当に飛ばした。
本当は6章後半の荊州脱走も丁寧にやりたかったんだけど、
許褚の時と同じバグり方をして進行不能になって、萎えたので飛ばした。
曹休の時に丁寧にやろうと思う。

2、3章は特に言うことなし。
4章の下邳城戦、曹仁は許昌防衛が本来の任務だけど、
曹仁自身を使ってるとどうなる?と思ったら、通常時に再生されるセリフがそのまま再生された。
本人使用中だから再生されない、というようなこともなく。
まあ、話の上でそこまでおかしい感じもなかったから、こんなもんかという感じ。

5章、徐庶戦も特に何もなし。
6章は・・・敗走時の各将専用会話があるのは当然として、
やっぱり荊州脱走で見たことないセリフがあったかどうかは確認したかったなあ。
6章烏林の「重要人物の保護」の任務が途中から進まなくなる不具合、
任務を発生させた時点でログが貯まりすぎてると進行不能になる。たぶん確定。
ログが貯まるというのがどういう状態かというと、画面左で再生される武将セリフが詰まってたり、
「◯◯、進軍開始!」という文だったり、直前にクリアした任務の「拠点を解放!」「拠点の物資発見!」というやつだったり、
誰かが誰かを撃破した報告文だったりが、ひっきりなしに流れる状態のこと。
これらが落ち着くまで、「重要人物の保護」を受注してはいけない。
は〜〜〜、だるっ。
重要人物〜以外の任務なら、ログが貯まってる状態で開始しても基本的に問題ないので、
荊州脱走中は曹操との合流を一番最後に回すのが一番安全だと思う。
アプデで直してほしいもんだけど。

7章江陵、本来曹仁の持ち場にいる曹洪に援軍を伝える任務では、元の会話からいくつかセリフが削られた以外変化なし。
楽進にも同じ内容の任務があるけど、楽進を使用して曹洪に援軍の連絡に行ったら、雑兵の事務的な会話だけで終わってすげー味気なかったんだよなあ。
会話内容を流用して違和感があるかどうか、という問題で、楽進は使い回しができなかったっぽい。

7章残りと8章はとくに言うことなし。
9章は曹仁の見せ場の一つなので、ちゃんとやるべきかと思ったけど、レベル足りてたので飛ばした。
前半の関平戦では特に専用セリフ無いっぽい。
麦城の関羽戦では専用セリフが出てきて、あっ用意されてた、と虚を衝かれた。
曹仁の9章、ちゃんとやったらまだ発見があるかもしれない。

10章も全飛ばし、エンディング。
10章は他のキャラでプレイ時に、曹仁に見せ場があった記憶がなかったので、
10章最後までプレイ可能だとは思ってなかった。
エンディングは、「こいつ自ら寿命縮める発言してないか・・・?」という感想。死亡フラグってほど物騒なもんじゃないけど。発言者は曹仁じゃないし。

・曹仁専用の初見シーン、無し。
これは一部の魏の武官全員に言えることだろうなあ。
初見ではないけど、曹仁使用時に見られるシーンをまとめると、
プレイ開始時の2章、譙で曹仁・楽進・李典が曹操に挨拶するシーン。
3章冒頭、徐州攻めに対して曹仁・楽進・李典・典韋が奮起するシーン。
4章冒頭、許昌に来た劉備への感想を夏侯惇・夏侯淵・曹仁が言うシーン。
6章冒頭、兵たちの訓練を曹仁・于禁・張郃・楽進・李典が監督するシーン。
9章冒頭、荊州の今後について、曹仁・満寵・龐徳で話し合うシーン。
こんなもんかな。
初登場時に専用シーンが用意されてないので、楽進も曹仁と似た扱いか。
李典は、曹操が伯父について言及する専用シーンが用意されてる。

・現在、徐晃プレイ中。4章と9章後半は丁寧にやる予定。
4章は呉・蜀とカブってる任務がある上に、
夏侯惇が劉備軍を助けるのを心底嫌がるので、飛ばし続けていた。かなり久しぶりにちゃんとやる。

徐晃、練師、于禁、満寵、関銀屏、曹休、の順で全員クリアの予定。
全員終わったら、レベル50行ってないその他勢の2周目を少しやる予定。
あと、徐庶のフリーモードで蜀の序盤を久しぶりにやる。
スポンサーサイト
別窓 | 真・三國無双8 | top↑
| あずまの地より来たりて、八百万の |