暗きを照らす希望の星
2018-04-10 Tue 04:41
・星彩クリア。8〜13章。最終レベルは70。
12章に入るまで任務はほぼすべて飛ばした(父・兄が出撃してるやつだけやった)けど、
12章突入時にレベル51になっていた。12章キャラの初期レベルと同じ!

12章以降は、劉禅以来のプレイなので全部丁寧にやった。
約1ヶ月ぶりのプレイじゃん・・・。
サブを飛ばしてどう展開が変わるか、気になる任務も多々あったので、
蜀で最後にプレイする予定の関銀屏はどうしようかなと考えている。
全任務爆速でもレベル50は余裕なんだよなぁ。
しかし最後のキャラなのに飛ばしてしまうのは偲びない・・・。悩む。

・星彩ならではのシーンは、12章冒頭の蜀将たちの会話。関銀屏でも出ると思う。
月英と馬岱もいたけど、この二人は11章で終わりなので、この会話が再生されることはない。
あと、開始時の家族(父・母・兄)との会話。張苞でも見てるけど、完全に存在を忘れていた。

・クリア後にギャラリーで台詞一覧を見ていて、対関平の専用台詞があることを知った。
星彩と関平ってどういう仲なんだ?? 何も描写なかったけど。
星彩は劉禅の妻の設定だし。(より正確には妻というより彼女的なニュアンスだが、史実では蜀帝の正室)

・星彩は無双乱舞が夏侯覇と同じタイプなのはいいとして、
ジャンプ無双乱舞が盾をサーフボードにしたアクションで、カッコ悪くてびっくりした。
同じ盾剣使いの呂玲綺がスタンダードにカッコ良かったので、落差が・・・。

・エンディングは、劉禅役の声(松野太紀)の演技が変というか、
みやびやかな麻呂ボイスじゃなくて、おそらく地声寄りな(凌統に近い)演技で、
どうしちゃったんだろうと思った。収録時期が変に空いたとかなのかな。
若干早口にも聞こえたけど、違和感がないようにキャラに演技を付けられるのがゲームの強みだよなと思った。
エンディングの内容自体は、こんなもんかって感じ・・・。
女キャラは基本的に期待するような収穫がない。
星彩は5段階評価で3って感じ。女キャラの中では普通、マシな方。

・次は陳宮。3〜4章。レベル50は無理だろうから、適当なところでクリア予定。
呂布軍の中では一番プレイアブルな時期が短いな。
その次は張遼の予定だけど、たぶん5〜8章。これもそんなに時間かからずに終わりそう。
周泰、関平を挟んで、祝融をやってその他勢をコンプリート予定。
スポンサーサイト
別窓 | 真・三國無双8 | top↑
| あずまの地より来たりて、八百万の |