王佐の才・起きて働く果報者・根性の楼閣
2018-04-03 Tue 05:52
・荀彧、郭淮、徐盛クリア。
正直、記事タイトル考えるのめんどくさいんだけど、誰を指してるか一発で分かるよう毎回考えてる。
手を抜くと「○○の○○」が連続するつまらない見出しになってしまうので、一応頭を使っている。

・イケメンこと荀彧をクリア。3〜7章。レベル50達成。
官途の戦いまでは丁寧にやって、5章も比較的丁寧にやった。

6章赤壁はいつも通り最低限。
今回は水軍の調練をやらずに本戦へ。甘寧の任務を表示させてクリア。
うーん、本戦で挑んだところで、特別変わった内容ではないなあ・・・。
準備で撃破しても甘寧が表示される意味が分からん・・・!

後半の襄陽への脱出では、烏林で曹操との合流に成功した。
前回、表示が途中で止まってクリア不能になったの、マジでなぜなのか分からない、
怪しいのはやっぱり、使用キャラが許褚だったこと。
曹操と合流する任務を表示させるためには、黄色任務を2つやる必要があるけど、
許褚以外を使用時は、2戦目で許褚と合流するようになっている。
この細かい違いが他の任務で悪さするとは思えないけど、バグってどこで紐付いてるか分からんもんだからなぁ・・・。
再現性は確認してないので、また許褚でやったら普通に進行可能かもしれんけど。

荀彧は7章の江陵戦で終わりだろうと予想していたが、やはり。
7章ではもうレベルが足りていたので、サブ全無視で周瑜を撃破してクリアした。

荀彧では初見イベントが全然なくて、
最初に軍師勢のシーン、4章宛城戦前に臣下たちのシーンを見るのが2回目でやや新鮮だったくらい(前者は郭嘉、後者は楽進以来。他のキャラでもまた何度か見れると思うけど)。
魏将では恒例の、赤壁敗戦後の独白と兵への指揮はさすがに初見。これは毎回嬉しい。
しかし荀彧はこれしかないのかな、と思っていたら、
6章ラストに荀彧専用の会話イベントがあって、とても良かった。
これだけ畳み掛けたら、そりゃ7章頭で曹操に軍師を外されるわ、って感じの内容。
理路整然と、煙たい!

荀彧は史実でもとにかく優秀・有能な人だったことが窺えるので、
敵に回していたら魏は覇権取ってなかっただろうなと思う。
劉備のところに居たらどうだったろう。
思想的には、劉備のが相性いいんだよなぁ。蜀漢が覇権取ってたのかな・・・。
それぐらいとにかく有能だった人。

・続いて郭淮。8〜12章。初期レベルは39だった。レベル50は当然達成。
序〜中盤キャラでやってると8・9章は流して終わらせがちなので、今回は久しぶりに丁寧にやった。
というか、丁寧にやらないと任務とのレベル差がばかにならなくて普通に厳しかった。
10章以降は張春華でちゃんとやったところなので、適当に流してプレイ。
12章、王凌の反乱をクリアしたところでエンディング。

郭淮の初見イベントは開始時の夏侯淵・夏侯覇との会話、
王凌の反乱で、息子の王広を説得するサブ任務での独白。
あと初見ではないけど、夏侯覇とのからみが結構多かったんだなというのが分かった。
(晋勢は同時期の会話イベントが何種類かあって、どれに顔を出してるかが各将まちまち)
夏侯覇と郭淮は史実で「仲が悪かった」と書かれるような間柄で、
無双8では仲の悪さは分からなかったけど、夏侯覇からしたらウザいだろうな・・・というのは伝わってきた。

エンディングには司馬懿が出てきて、張春華の話題も出たので、
先に張春華やっておいて良かったー!と心底思った。やってなかったら、わけが分からなくて首を傾げて終わってたわ・・・。

・8章後半の漢中戦では、「知将の戦い」という法正vs郭淮のちょっとめんどくさいサブ任務がある。
軍師への指示をガン無視して、自分で敵を撃破しに行けばすぐ終わるけど、
即行撃破をしようとすると赤オーラ纏いの強力なやつを撃破しなきゃいけなくて骨が折れる。
この任務、法正では正解の選択肢を見つけて、郭淮を確実に弱体化できる方法を見つけてるんだけど、
逆に郭淮で法正を弱体化する選択肢はまだ見つけていなかった。
それが今回、初めて最後まで成功した。
法正に比べると、待ち時間(援軍が来る)が長くて、面倒な印象。
任務開始〜正解の選択肢を選んで、法正の弱体化が完全に完了するまで、5分かかった。長え・・・。

私は常々、肉料理の攻撃力バフ(30分間)の残り時間を気にしながらプレイしているので、
ダラダラ時間が過ぎる任務は飛ばす傾向にある(水上戦とか!)。
知将の戦い、今後も基本スルーだろーなー。
今回は郭淮自身を操作してるから、やっておこうって気になっただけ。
普段は飛ばしてる。これからもたぶん容赦なく飛ばす。

・そして呉で徐盛。5〜10章。レベル50は当然達成。
呉は寿命的に全然11章まで行けるはずなのに、話が最後まで用意されてない武将が何人かいる。徐盛もその1人。
10章で徐盛の策が成功したところで終わるだろうな、と予想していて、やはりその通り。
次にやる太史慈が4〜7章なので、8〜10章をできるだけ丁寧にやろうと思ってたけど、
レベルが足りなくて5章は普通に丁寧にやった。
6章は飛ばしまくり。7章もかなり飛ばした。
9章も関羽はどうでもいいし、10章の夷陵もどうでもいいので飛ばした。
5、8章以外ろくにやってないけど、レベル50は余裕で到達していたので、
最後の偽城の計は徐盛に花を持たせるつもりで、サブ全クリ。丁寧にやった。

徐盛での初見イベントは、夷陵の戦いの直前に陸遜から指示を聞くところ。たぶん周泰でも見られるだろうけど。
今までは朱然がいる会話しか見たことがなかった。
あと、5章の最初で徐盛と周泰が衝突して、小喬が乱入してくるシーンを見るのは呂蒙以来。
あとは呉勢恒例の各所でのモノローグ・・・。

モノローグで、徐盛が故郷の徐州を曹操軍に追われたことが分かった。
しかし、魏を憎むにはちょっとパンチが足りない。魏の3章に出てれば全然印象違ったのに・・・。
徐盛は故郷を追われたことを心の傷として抱えているけど、描写が全然足りてない。
あと、敵として出る徐盛を撃破すると「勝つまで泣かない!」みたいな捨て台詞を言われるけど、
それがどういうことなのか、エンディングを見て分かった。
徐盛は無双8の新キャラだけど、キャラがあんまりしっかりしてないな〜。
故郷を追われたこと、周泰と衝突したこと、泣いちゃうメンタリティ、どれも描写がいまいち足りてない。

・次は蜀で魏延。
7〜8章は黄忠でやったし、10〜11章は鮑三娘でやってるので、
どこに重点を置くべきか悩む・・・。鮑三娘でほとんどスルーした10章後半以降かなー。
スポンサーサイト
別窓 | 真・三國無双8 | top↑
| あずまの地より来たりて、八百万の |