最近のゲーム雑記
2017-02-21 Tue 03:20
セブリバのことばかり書いていたので、今回は他のゲームのことを書きます。

<PS4>
・『龍が如く6 命の詩。』
クリアしました。
終わり方は、最終章だしこんなもんだろうな、という感じ。
絶賛するほどじゃないけど、良い終わり方だったと思います。

『6』は過去作にあった西公園に入れなくて、賽の河原も登場しない点だけが残念でしたね。
シリーズスタッフは、『6』のために開発した「ドラゴンエンジン」を使って次は何を作ろうか、という段階らしいので、
ぜひ西公園にも入れるシリーズ続編を出してほしいですね。

わりとマジな今後の予想として、
「『龍が如く2』のリメイク」「『クロヒョウ』2作品のリメイク」があるんじゃないかと睨んでいます。
つーか、時事ネタ織り込んで1〜6をリメイクし続けてくれたら一生遊びますよ。
1作目リメイクの『極』、PS4で新鮮に遊び直せたもんなぁ。
『龍』シリーズの中でも外伝のクロヒョウシリーズだけは、「PSP専用」という理由でスルーしてきたので、
絶対据え置きで作り直してほしいです。SEGA様お願いします!!

・『ソフィーのアトリエ』
めんどくさくなってクリアしてません!
元々「意外と楽しめるな」という程度の熱意しかなかったので、
攻略に詰まったところでモチベが消えてしまった。
PSplusのダウンロード作品なので、いつでも再プレイできるところが冷却に拍車をかける。

・『パラッパラッパー HD』
記事に書いてなかったので、遊んだのは結構前だけど書いておく。
PS初期にめちゃくちゃ売れた音ゲー『パラッパラッパー』が、HD版になってPS4に移植されました。
その体験版が無料DLできたので、落として遊んだ。それだけ。
体験版で遊べるのは1面のフルーツ道場だけなんですが、タマネギ先生と20年ぶりに再会して「うぉお〜〜!!これこれ〜!」となること間違いなし。

で、結局製品版は発売されてんのかな・・・。チェックしてない。
体験番配信時の情報によると、製品版は1500円という微妙に安くない価格。
なので、今は買う気がしない。
クーポン手に入れたり、何かの機会があったら買うかもしれない。

・『ブレイドストーム 百年戦争&ナイトメア」
これのことが書きたかった。
私の大好きなオメガフォースが2015年に出した、『無双』シリーズの西洋ver。
題材が百年戦争ということで、中世ヨーロッパ好き&FFT大好きな私としてはずーっと注目していた。
年末のセールで、2000円という破格で売っていたのでとうとう購入。

遊んでみた感想は、「本家無双ほど爽快感強くないな・・・でもジワジワ遊べて楽しいな・・・」というところ。
百年戦争編はスタッフロールまでは遊びました。その後もシナリオが結構続いてるっぽいんだけど、
1周目は完全にイングランド勢で、フランス勢のイベントを全部取りこぼしてるので、最初からやり直した方がいいんじゃないかな〜と思いつつ、エンディング後をダラダラやるどっちつかずな感じに。

決めかねて第三の選択肢、「ナイトメア編をやる」を選択。
しかしナイトメア編、出撃前に難易度が選べるにも関わらず、後半はイージーでも敵が強くてめんどくさい。
これも1周だけじゃ色んな要素取りきれない感じがする。

で、ちょっと飽きて放置中。

全体的な空気感というか世界観が、完全に私の好みド真ん中なので、
トロコンしたいなぁとは思うんだけど・・・。
このゲームあんまり売れた気配ないし(PSストアでの評価はあまり高くない)、
攻略サイトが全然充実してなくて辛いんですよね・・・。
しかも、コーエーにしては珍しく攻略本が出てない!!

元々『ブレイドストーム』はPS3専用で2007年に出たタイトルなんですが、
それをPS3/PS4用に作り直して完全版にしたものが『〜ナイトメア』でして。
攻略情報を探すと、元の1作目の攻略サイトばっかり引っかかるし、
攻略本は1作目の物のみ。ナイトメア編を含む攻略本は存在しない。
あ〜〜〜攻略サイトに頼りっぱなしのモヤシっ子には厳しいタイトルだよ〜〜〜!!

今攻略する上で最も必要なのが「兵科のレベルを上げて強化する」という作業要素の塊なので、
やる気が出たら再開します。いつだか分からんけど。

追記
ブレイドストームの注目理由の「FFT大好き」について書き忘れた。
『FFT(ファイナルファンタジータクティクス)』は元々、英仏百年戦争とその後のイングランド内での薔薇戦争をモデルにした物語なので、同様に英仏百年戦争を題材にしたゲームには注目せずにいられないっしょ!!という話です。
FFTでの五十年戦争=史実の百年戦争、
獅子戦争=史実の薔薇戦争がモデルです。
FFTのメインになる時間軸は獅子戦争の時代だけど、その前の五十年戦争といえば、オルランドゥやバルバネスなんかが活躍した時代。
『ブレイドストーム』はキャラエディットがわりと細かく自由にできるので、
他作品のキャラを作って登場させるのも楽しいです。
ちなみに私がエディットした主人公の名前は「ルグリア」。2章で傭兵稼業をしてたラムザ君の名字!
いろんな兵科に通じて強くなっていくルグリアちゃんをウヘヘ〜可愛いな〜〜と愛でるプレイをしていました。
FFT的な世界に触れたくなったら再開します。

<その他>
・めんどくさくなったのでまた次回に。
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |