まだあったゲームの話
2016-10-21 Fri 04:37
気になってるゲーム、書き忘れと追加。

・『龍が如く6 命の詩。』
「龍」シリーズ、桐生一馬主人公作品の最終作!
これ『龍が如く極』に体験版が入っていて、やってみた感想は
「うーん・・・微妙だけどまぁ買うけどー」という感じだったんですが、
続々と追加される珍奇な要素を見るにつけ「やっぱ龍が如くは最高だな・・・!」という気持ちが強くなって、
今楽しみにしているソフトの1本です。
そのわりに書き忘れてたけど、発売が12月だってこと忘れてた。
もういくつ寝ると、って感じの近さですね。
これはもちろん発売日にフルプライス出して買います。

・『セブンス・リバース』
昨日発表されたガンホーの新作スマホRPG。
なんとこれもブラウニーズ(今私が最も楽しみにしている『エグリア』の開発会社)のスタッフが関わっている。
特にシナリオ担当が元ブラウニーブラウンの井上信行なのがアツい。ちなみにエグリアも井上信行。
私の本命はエグリアなので、こっちは無課金で遊ぶつもりだけど、
課金しないとシナリオが先に進まなくなったら多少は出していいかな。
でもコンシューマのフルプライス以上は出したくない。

・『ネオアトラス1469』
昨日、vita用に体験版が配信されたんですが、
予想を上回るUIの使いにくさとゲームテンポの悪さで買う気がゼロになりました。
おとなしく積んだまま未プレイの『ネオアトラス2』をやります。

まあ、ゲームテンポの悪さはしょうがない。
地道に日数を送って、船団があちこち行き交うのを見守るのがこのゲームの根幹なんだから。
ただ、体験版だからなのか、調査船団(モヤに覆われた世界地図の謎の領域を調査する)が全然派遣できないのはつまらなすぎる。
メインストーリーが進行するメインクエストをこなさないと自由に航行できないのに、そのクリアまでのテンポが悪い・・・。
体験版途中までやったけど、いつ終わるのかが分からない上にあんまり面白くないので途中で投げました。製品版に引き継ぎもできないみたいだし。

あと、期待していたUIがかなり予想以上にダメでした。
理由はタッチ操作が多すぎるから。
地図上で噂話や宝箱やなんかをタッチ操作で捕まえるのはいいんですけど、
メニューウィンドウやウィンドウ操作もタッチ前提なのはダメだった。
一応ボタンと十字キー操作にも対応してますが、チュートリアルだとタッチ操作を推奨したいのか、ボタン操作のことは一切言ってきません。
ボタン操作も出来るんなら、タッチ操作最初からいらないよ! ミスタッチとかしたくないし!!

あと細かいことを言うと、メインのゲーム画面上に常に天使が3体いて、翼をバタバタさせてるのが視野の端で常にチラついてウザいですね。これに誰もツッコミを入れなかった開発環境ってどうなのかと思う。
スマホゲーみたいに細切れの時間でちょっとプレイするような遊び方を前提としてるなら、天使が常に動いててもちょっとだけ許せなくはないですが、そういう遊び方が前提ならフルプライス取るのはどうかと思う。
もっとザックリゲーム性をシンプルにして、3000円程度で売ってほしかった。

前述したように、このゲームは地道に日数を送らないと何も進まないので、細切れで遊ぶのは死ぬほど不向きなんですけどね。
さらに細かいこと言うと、私は『ネオアトラス2』が持つ、全体的にセピアがかった羊皮紙色の画面が大好きだったので、
『1469』はちょっと明るくなりすぎちゃった感じがしました。
まぁこれは好みの問題だし、完全にイチャモンに近いので参考にならない感想ですが。

というわけで、ネオアトラスは近いうちに『2』で遊びますわ。グッバイ『1469』。

あと、ちょっと前にやったゲームで『MOTHER2』書いてなかった気がするけど、
マザー2はJRPG(日本産特有のRPGジャンルを指す語)の最高中の最高傑作すぎるので今のテンションで何か書く気が湧かないです。
やる気が出れば後日。
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |