気になってるゲーム
今年は色んな大作ゲームがまだ控えてますねー。
ほとんどが発売日延期してて、小売店ブチキレてそうだけど。

個人的に気になってる(買うとはいってない)ゲーム

・『ネオアトラス1469』(アートディンク)
ネオアトラスをvita向けにリメイクしたもの。
配信で盛り上がるタイトルなのに、対応ハードがvitaだけってびっくりですね。
きっと面白いと思うので、そのうちsteamとかに移植してほしいですが。
このゲームは、やりたいけど「フルプライス滅多に買わない病」につき見送り。
いつか廉価版が出てくれたら絶対買います。

・『あの弁当の素晴らしさを二度三度』
すでにスマホ用では出てるタイトルなんですが、
今年春にvita版が出るはずだったのに、音沙汰がない・・・。
このゲーム、元はMac用で、初代PSに移植されるはずだったのが叶わなかったものなんですよ。
それが去年vita移植が発表されて、とんでもない時間を超えてソニーハード移植が実現したなー!と思ってたのに・・・。
この作品は確か予定価格が1500円とかだったはずなので、発売されたら即買うつもりで目を付けていました。
今も発売待ってます。

※公式HPを見たら2015年末時点で「来春発売」という表記をしていて、
冷静に考えて「今春」という表記ではないため来年春に出る線が濃厚なのかなと思い直しています。
いやそれだったら最初から「2017年」って書いてくれよ・・・こんなもん勘違いするに決まってるじゃん・・・

・『人喰いの大鷲トリコ』
本当はPS3で出るはずだったのが頓挫して、再開されて、
PS4での発売が確定したけどちょっとだけ延期になったタイトル。
開発ディレクターが『ICO』『ワンダと巨像』と同じ人なのでずっと注目してたんですが、
いやー発売まで長かったなー。
最初は買う気満々だったんですが、「アクションゲー苦手でワンダ自力でクリアしてないし、買わなくてよくない?」という思いがしてきて迷っています。
早期購入特典でBGMがダウンロードできる権利が貰えるらしくて、非常に惹かれるのでやっぱ買おうかな?とも思っていますが・・・。
今のところ、年内で唯一フルプライス出そうか考えているコンシューマタイトルです。

・『仁王-nioh-』(コーエーテクモゲームス)
体験版をやって脱落したことは既に2つ前の記事で書きましたが、
発売されて評価が落ち着くまでは注目するつもりです。
もし私にもクリア出来そうな調整があったら買うかも。フルプライスは出さないだろうけど。

・『ファイナルファンタジー15』(スクウェアエニックス)
FF15も発表されてから発売確定するまでめちゃくちゃ長かったですねー!
これまたトリコ同様に発売延期キメてるし!
FFの新作はもう全然興味がないので、これは買いませんが、
FF15で使用するシステムがリメイク版FF7に流用されるらしいので、
「はやく15出ろ!はやく7のリメイクしてくれ!」という思いでいます。
FF7リメイクはもちろん発売日に即プレイします。いつ出るのか全然分からないけど。
何作かに分割して出すらしいので、わりとマジな話、完結まで10年くらいかかるんじゃないかって予想してます・・・。

・『サバクのネズミ団』(アークシステムワークス)
これは3DSのDL用ソフト。800円。適当なタイミングで買う予定です。
ニンテンドーeSHOPを眺めていて、私好みっぽい面白そうなタイトルがあるなー!と思っていたのですが、
プレイに支障をきたす重篤なバグがあるらしくて「修正されるまでは買わんわ・・・」と思っていました。
今は修正済みのようなので、安心して買えると思います。
現在プレイ中の『レイトン教授と悪魔の箱』が終わったら買うかと。

・『エグリア〜赤い帽子の伝説〜』(DMMパワーコードスタジオ/ブラウニーズ)
今一番楽しみにしているタイトルがこれ!!!!
スマホアプリのゲームで、配信予定日がまだ未定なんですが、
制作がブラウニーズなんですよ!
ブラウニーズといえば、かつて『聖剣伝説 LEGEND OF MANA』(LOM)を作った人たち。
『エグリア』は画面がかなりLOMにそっくり、というか、当時色んな制約でLOMに入れられなかった要素をすくい上げて詰め込み直してるような感じのゲーム画面なんですよね。
も〜〜〜〜すっっごい楽しみ!!!
配信日早く決まらないかな〜〜〜〜!!

スマホ用のゲームに課金することって滅多にないんですが(※私が時々支出してるのは追加課金の存在しない買い切り型のゲーム)、
『エグリア』は絶対課金します。具体的には、聖剣伝説LOMの定価と同額までは出す気でいます。
それ以上はゲームの面白さ次第。
細く長く応援していきたいと思っています。

・『ロストオーダー』(スクウェアエニックス)
一応注目してるんだけど、続報が全然ない。
監修が松野泰己、イラストが吉田明彦という、FFTやオウガシリーズ好きにとってのゴールデンコンビが手がけるスマホ用アクションゲーム。
あ、開発はプラチナゲームスみたいですね。
プラチナといえば、今はコンシューマ用アクションタイトルの『グランブルーファンタジー』が忙しいんじゃないかなぁと思うので、そこらへんが落ち着かないとこっちも続報なさそう。
松野ゲーはレベルファイブから出た『クリムゾンシュラウド』以来新作やってないと思うので、ロストオーダーも細々と期待してます。

ちなみに松野泰己といえば、数年前にスマホ用の洋ゲー『アンサングストーリー』の開発に携わってるというニュースがあったんですが、その後どうなったのか調べてみたら資金繰りが悪化してプロジェクトが消滅したそうで・・・。合掌。

・『討鬼伝 モノノフ』
これもスマホ用。アクションゲームらしい。
討鬼伝廃人としてはこれが一番目玉なんじゃないの?と思われそうですが、
すいません、全然期待してません・・・。
『クイズバトル』よりは飽きにくそうかな、とは思ってますが。

ゲーム性自体は、わりと爽快らしいので言うことないんですが、
不満な点として
・イラストが明らかに左さん(討鬼伝シリーズ絵師)じゃない
・有料ガチャからは装備品が出るらしいが、興味がなさすぎる
(今のところ分かっているのは原作に存在する武具の色違いだけ)
・クイズバトルでやってたような「コンシューマ版で使えるDLCコード」の配布が無さそう

あと付け加えると、スマホ用作品ってやっぱりオメガフォースが全然関わってないらしいですね。
『クイズバトル討鬼伝』は主人公の性格が普通にクズでムカついたんで、
『討鬼伝モノノフ』は主人公が真っ当であることを願います。

ストーリーは、討鬼伝の過去作から桜花が出るのが確定してるのでまあまあ楽しみです。
ていうか、話の導入が絶望まみれなんですよね・・・。泣いちゃうよ。

モノノフもクイズバトル同様、極力課金せずストーリーだけ追って満足するかと思われます。
武器はともかく、オリジナル防具が自キャラに装備させられるのは悪くないけど、
どうせPS4みたいなキャラエディットは出来ないだろうし。だからあんまり興味湧かない。

・『無双☆スターズ』(コーエーテクモゲームス)
注目タイトルが多すぎてこいつのことを忘れていた。上で桜花って書いて思い出した。
コーエーテクモゲームスが抱える様々なタイトルの主人公が参戦する、いわゆる「お祭りソフト」なんですが、
討鬼伝シリーズからは桜花と息吹が出るのが確定してるんですよね。
しかも桜花はガッツリストーリーに絡む。
発売時期にもよりますが、まーしばらく討鬼伝の新作発表は望めないので、
こちらを発売日にフルプライスで買うだろうなぁと思います。発売時期未定ですが。
討鬼伝以外のオメガフォースタイトルとしては、進撃の巨人以来の購入になりそうです。

___

いやースマホ用とPS4用の数が多い!!
PS4は注目してるだけでスルーの作品も含まれてますが、
スマホ用はどれも基本無料だから漏れなくプレイするのが確定してますからね・・・。
今やってる『信長の野望201X』『グランマルシェの迷宮』に加えて3タイトルは多すぎる自覚がモリモリあるんですが、
まー最終的にエグリア1本に絞られるだろうなと思います。

エグリアはほんと楽しみ。
80%開発済んでるらしいけど、来年夏あたりに来ればいいかなぁ・・・?という思いで待つことにします。
ああ、ほんと楽しみ。
スポンサーサイト
別窓 | 雑記
201610190556
| それでも生きていかざるをえない |