不思議の国のラビリンスその3
2016-02-15 Mon 16:19
自分用メモのプレイ日記。
まだ遊び尽してないので、今回の記事でとりあえず最後。
---
<中級者・後期>
ラビリンス深層50Fから帰還し、ドラゴンソードを強化していく。
ホーリーソード+26からドラゴンソード+44にしたところで、所持金が尽きた。

なのでまた、先には進めず、ひたすら金を稼ぐために潜る。目標30,000G(強化書20冊)。
しかし道中で意外と攻撃強化の書が手に入り、+49まで育ったので、2万ちょっとで帰還。
フレットの店と井戸を往復して、強化限界の+63にする。

さあ、これで準備万端だ。
今度はラビリンス99Fを一気に目指すため、持ち込みアイテムをいつもより豪華にする。
といっても、具体的には「経験値1.2倍」と「経験値1.5倍」の料理を持ち込んだだけだけど。

経験値1.2倍は、最初に食べる用。
経験値1.5倍は、34F以降に食べる用。
(33Fに入ると、街に戻った時と同様の「未識別アイテムが識別済みになる」「料理効果が消える」状態になるため)

ちなみに料理効果は「1フロアで効果が消える」ものと、「街に戻るまで永続」するものがある模様。
経験値ボーナスの料理は永続性があると思われる。敵を倒した時の経験値に端数が付きまくってたので(1.2倍効果のせい)。
ただ、永続性のある料理効果も、一度中断してゲーム終了してしまうと効果が消えるらしい。
スリープなら問題ないので、効果を消さずに攻略したい時は一気にやり遂げる必要がある。

「1フロアで効果が消える」タイプは、ステータス異常無効系のものがたぶん該当する。
「睡眠無効」とか、あらかじめ付けておけば指輪のスキル節約できるじゃん、と思ったらそんな甘い話ではなかった。がっかり。

そんなわけで、持ち込みアイテムのおかげで33Fまでスイスイ進め、その先もまあサクサク。
道中でミスリルシールドより強いものが拾えたらいいな、と期待するも、特に何も出なかった。
50Fをあっさり超え、空腹度が心配なのであまり丁寧に探索せず、残りのパンの量を考えながらガンガン階段を下る。

で、あっさり100Fに到達した。
「カッセルソード」を手に入れ、強制帰還。
ラビリンス制覇。

<上級者?期>
これで未攻略ダンジョンは、アイテム持ち込み不可・拾ったアイテムが未識別と、難易度が格段に上がる「アビス」のみとなった。
他の人のプレイによると、アルフィネとカメリナも使用可能になって専用ダンジョンも用意されているらしいけど、この時点でまだ出ていない。
しょうがないのでとりあえずアビスに潜る。
10Fくらいで死んで帰ってくる。
初見アイテムが結構たくさんあった。読むと自分にステータス異常がかかる本とか。

アビス1回の探索では、アルフィネ・カメリナイベント起きず。
続けて2回ほどチャレンジして、最高到達度が20Fくらいのところで酒場でイベントが起きた。
2人が使用可能になったが、装備不可アイテムが多くてかなりキツそう・・・。
でも、2人に用意された専用ダンジョンをクリアしないと「EXラビリンス」に入れないので(※どちらか一方でいいらしい)、
厳しいけどがんばるしかない。

最初、カメリナで剣王の訓練場に入り、あっさり死に戻り。難しい・・・。
もう一度チャレンジ、10Fくらいで死に戻り。
再度チャレンジ、20Fくらいで戻ってだいぶうんざりする。
(ちなみにこの10F刻みで死んで戻るパターン、リーディアでアビスに挑んた時も全く同じ経験をしている)
(持ち込み不可ダンジョンで毎回同じパターンになるということは、私自身がやり込みを続ければそのうち解法が見つかるということだと思われる)(そんなにやり込む意欲はない)

アルフィネの賢王の訓練場の方が難易度が低いらしいので、今度はアルフィネ初チャレンジ。
かなり序盤で死ぬ。
死んでから、「フォース」の魔法を最初から覚えていることに気が付いた。
最初は何も使えないもんかと思って、泥臭く物理で戦ってたよ! マジかよ!
次のチャレンジ、うろ覚えだけど途中で力尽きた気がする。
「見通しの書」を使って「マッパー」の魔法を覚えれば、階段がどこにあるか一発で分かるようになるので、
10F後半以降は即マッパー使用で空腹度を見ながら降りて行った方がいいな、と思う。
問題は持ち込みが不可なので、見通しの書がいつ手に入るのか分からないところだけど。
まあ、なんとかなるでしょう。

3度目の挑戦、カメリナの時は途中で力尽きてやる気なくなったけど、
アルフィネは意外とサクサク進めるので行けそう。
結果、道中にやたらパンが落ちていたおかげであっさり28Fに到達できた。賢王の訓練場クリア。
こんなにパンが落ちてるんならアルフィネでアビスクリアも簡単だろうと思うけど、アルフィネ専用ダンジョンだから親切設計だったわけで。
アビス制覇、どうするのが一番ラクか、まだ見えず。

賢王の訓練場クリアで、EXラビリンスに行けるようになった。
とりあえず、手に入れて合成もしたけど限界強化をしていないカッセルソードをリーディアに持たせ、
フレットの店と井戸を往復させて強化。+75にした。

これでEXラビリンスに行く準備はできたけど・・・
クリアしたところで特典のようなものが特になさそうなので、モチベが上がらず保留に。

---

アビス33FとEXラビリンス25Fで、合成し放題のマップに行きあたるそうなので、それは見ておきたいと思うけど、
他はやりたいことがないなあ。
料理のレシピはまだ埋めきってないけど、基本的に前作で作れた料理と同じだから目新しさはないし、
食材が入手できるかは完全に運なので、あまりやり込む気になれず。

しばらくは気が向いた時にアビスに挑戦するくらいで、攻略情報が充実するまで積もうと思います。
情報が充実しない可能性もあるけど、その時はそれ。

現状で、値段相応には楽しめたと思っています。

---

『不思議の国のラビリンス』の不満点

図鑑がない。これに尽きる。
前作『冒険酒場』では早い段階で図鑑が手に入って、料理のレシピはもちろん、酒場でのセットメニューや装備品、モンスターのドロップアイテムを埋める楽しみがありました。
今作では図鑑が見当たりません。
何か条件を満たせば手に入る可能性があるので、「図鑑がないから駄ゲー」と断定はできないけど、現状で「やり込む気になれない」原因の9割以上を占めている大問題です。

・帰還時にレベルが1に戻される。
これは「ローグライク」というジャンルでほとんどのゲームに採用されているシステムなので、これが撤廃されることで反発する人の方がたぶん多いと思われますが、
「プレイした分だけレベルが上がる」純粋なRPGのシステムに慣れ切っている自分には、やはり厳しいものがありました。

この仕様が楽しめるかどうかには、アーケードゲームが楽しめるかどうかの適性も関わっている気がします。
ゲーセンで一切遊ばず、ゲームはコンシューマのみの自分には、再プレイ時に初期化される仕様は合いませんでした。
というか、その仕様から解放されて好きなだけやり込めるのがコンシューマの醍醐味だと思うので、このゲームに関しては「買う前から合わないのは分かっていたけど買った」状態でした。
『鍛冶屋』を3DSで出してほしい気持ちはガチなので、ほんとお布施です。

・『シレン』シリーズに慣れている人には、アイテムをまとめて収納できる「壺」がないことが不満だったようですが、自分はシレン未プレイなので気になりませんでした。


とにかく、「図鑑」さえあればやり込みます。全リスト埋めます。
ないならもうほとんどプレイすることはないと思う。
そんなゲームでした。
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |