不思議の国のラビリンスその2
2016-02-12 Fri 21:15
前回途中まで書いた記事の続き。
<ド初心者期>
とりあえず5000G目指して最初のチャレンジ。
最初はどんな敵が出るか分からないので、各フロア丁寧に回って8Fくらいで「生還の書」を使った気がする。
1回の探索では5000G達成できず。
武器はちょっと鍛えたショートソード、盾も同様にちょっとだけ強化したラウンドシールドを使っていた。

最初のチャレンジは、魔物の巣に行きあたって「うわ、たくさんアイテムあるけどこんな大勢相手できない」と思って帰ったんだった。
次のチャレンジは、慣れからの油断で早くも途中で力尽きて帰還。アイテム全ロスト。

このゲームはオートセーブなので(おそらく1マス行動するごとに細かくセーブされている)、
リセットしてやり直しなんて生ぬるいことはさせてもらえない。
『冒険酒場』はセーブとロードがセットで、料理の開発なんか試行錯誤前提のロード推奨っぽかったけど。
こっちは元がアイテム課金の携ゲだから、まあ、しょうがない。

ラビリンス再チャレンジ、今度は13Fくらいまで進めた気がする。
途中で「盗み無効」スキルの付いた指輪を手に入れる。行商人から買ったんだったかな。
帰還し、拾っていた「攻撃必中」スキルの指輪をモフチケットと一緒にモフおじさんに預け、合成。
金を貯めたいのに、ぬすっとマウスが容赦なく500G盗んでいくのが本当に腹立たしかったので、これでプレイングが一気に楽になる。


<初心者期>
合成の便利さを理解したので、今度はモフチケットもできるだけ集めるよう心掛ける。
確定ではないけれど、ラビリンスに2回目訪れると、高確率で1Fに1枚落ちている。
なので、チケットだけがほしい場合は拾って即帰還というプレイもあり。

進めていくと、行商人が「眠り無効」スキルの付いた指輪を売っているではないか。
やや高いけど、ファンガスの眠りガスがめちゃくちゃウザかったので購入。
先に進んでもいいけど、合成した方がプレイが楽になるので帰還。
この時点での装備は、

武器 ホーリーソード<アンデッド特攻、会心10%、硬質特攻>
(バトルアックス、バトルハンマーとスキル合成)

防具 シルバーシールド<ガード10%、ちから減少無効、さびない>
(レザーシールドとスキル合成)

指輪 不眠の指輪<眠り無効、攻撃必中、盗み無効>

強化値がいくつか付いてたはずだけど、具体的な数値は忘れた。
目標の5000Gが達成できたので、ニコイチの御守りを買う。

これで武器と盾がどんどん強化できるぞー!と思ったが、甘かった。
強化値の表示がない武器・防具は、言い換えると「+0」と同じなので、+0同士で整備しても数値は増えない。
つまり、表示なし同士の整備は片方を無為に捨てたのと同じことになるのである。
だったら、保持して行商人に売っ払った方が100万倍いい。

(なぜこんな、ちょっと考えれば分かる単純な事態を実践するまで気付かなかったのかというと、
私が唯一プレイしたローグライク『チョコボの不思議なダンジョン』では表示なし同士をかけ合わせると「+1」になるという仕様だったので、
それがローグライクの標準だと勝手に思っていたからである。ああ、チョコボはなんと易しかったのか・・・)

当面ほしいスキルが指輪に全搭載されたので、最高13Fで引き返していた記録を伸ばすべくチャレンジ。
結果・・・20Fを超えても案外平気で、サクサク進める。
30F超えてもまだ行ける。
下手したらこのチャレンジでクリアあるな、と思ったら、32Fで謎のフロアに出て強制帰還になった。
ストーリーが進み、スタッフロール。

ウッソー、早すぎー!
この後はエンドレスモードかな?と思ったら、どうもそうらしい。
この手のゲームは「やり込み」がメインで、ストーリーはあってないようなものだと思うので期待はしていなかったが、
思いのほかエンディングが早くてびっくりした。いわゆる「ストーリークリアからが本番」というタイプだ。

<中級者期>
さて32Fから強制帰還されたわけだが、
20Fの後半から「うーんそろそろ帰りたいけどな~、もうちょっといけるな~」という状態でそろりそろりと進めていたので、
今度は「武器・防具を思いっきり強化して、憂いをなくしてから先に進む」ことにする。

装備中のホーリーソードの強化限界は+26なので、最大強化でなかなかの攻撃力になるが、
シルバーシールドの強化限界は+15だ。あまり高くないので、できれば乗り換えたい。

また、ここまでのプレイで強化手段が3通りあることに気付いた。

1、ニコイチの御守りで“同じ武器・防具”同士の強化値を上げる
2、モフチケットで“同じカテゴリの装備品”同士の強化値を上げる(スキルの入れ替えも同時に可能)
3、「攻撃強化の書」「防御強化の書」を使い、強化値をじかに上げる

拾ったばかりの武器・防具は強化値が不明で、呪われている可能性も大いにあるので、
1・2の手段で強化値を上げるのはあまり現実的ではない。
3はフレットの店で入手可能で、1冊1500円とやや高価だが、効果が確実なのと、ダンジョンから帰還すれば確実に店頭に並んでいる(在庫数:1)のがありがたい。

というわけで、フレットの店を利用しつつ、強化限界の高い武器・防具を探すことに。
この間、32F以降には進めない。金稼ぎと装備拾いが主眼となる。

武器はめぼしいものが拾えなかったが、盾は「ミスリルシールド」を拾う。強化限界20。
よし、しばらくはこいつがメインだ。

フレットの店で強化書を買い、街の右上にある枯れ井戸に潜って剣と盾装備して書を使って、帰還。
またフレットの店に行くと在庫が復活しているので、井戸に潜って強化して帰還。
これを、武器も防具も限界が来るまで続ける。幸い金は足りた。というか全然余っている。
ニコイチの御守りを手に入れてしまうと、金の使い道があんまりない、ということに気が付く。

この方法で装備を強化していくと、下画面の「チャレンジ回数」が猛烈な勢いで増えていく。
純粋に「ラビリンスに挑戦した回数」を記録したい人は、枯れ井戸を利用するべきではない。注意が必要だ。

さてこれでホーリーソードとミスリルシールドが最大強化され、32Fまでスイスイで進める強さになったはずなので、
ラビリンスの攻略を再開する。
40F後半までわりとサクサク進めたのだが、進めるうちに「空腹度の補充」が問題になることに気付く。
運よくパンを拾いながら進めている状態で、体力の限界が近かったので、50Fに着いたら帰還を決める。
何階だったか忘れたが、この時点で「ドラゴンソード」という強化限界が63の強武器を手に入れていた。帰還したら限界まで強化することを心に決める。

中級編終わり
プレイデータにログが追いついてきたので上級編はまた後日
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |