PS4版討鬼伝極をやった
2016-01-05 Tue 14:57
PS4のセットアップが終わったので、討鬼伝極で遊んでみました。

以下、感想。
まず、引き継ぎが面倒臭い。

元々PS4で発売予定がなかったものだから、引き継ぎが多少面倒になるのはしょうがないと思いますけど、
DLCをPS4版に対応させるのがめんどくさい!!!
同じPSストア使ってるとはいえ、ハードごとにDLCの扱いが違うのはほんとめんどくさいですね。
Vitaで入れていたDLCをPS4に全て落とし直さないと引き継ぎが絶対にできないので、面倒でしたが全部入れ直しました。

さーこれで遊べるぞー、と思ったら、今度は「杉文のDLCが見つからないからダメ」とか言い出す。
おい!!! 杉文はPS4版の購入特典だろうが! いい加減にしろ!!!

討鬼伝極は対応ハードがPSP・Vita・PS4と3種類存在するわけですが、
私が落とした扱いになっているのはPSP・Vitaの杉文のみ。
PS4版は再度コードを入れて、別途落とし直す必要があったようです。はああ~~~マジかよ~~~~~

とにかくこれで引き継ぎが無事完了し、Vitaでやり込んだデータをそのまま引き継いでPS4版を起動することに成功しました。

---

いつも通り里の自宅からゲームが再開されるわけですが、ハードが変わったので画面が全く違う。
主人公の自宅、こんなに暗かったの・・・!?
そりゃおもてがあんなに明るかったら、家の中は暗くなるのが自然の摂理ですけど、忠実にリアルにしなくても・・・。
まあ、自宅で細かい作業したりすることはないので、慣れればどうってことない暗さではありますけど。

あと、武具箪笥に乗ってる鎧に兜がセットされてて、赤い顔面が乗っかってるのにはビビりました。いらない。売りたい。
Vita版だと黒い鎧が乗ってるだけなんですけどね・・・。
こんな妙な調整がされるんなら、今後は自宅のインテリアいじれる要素追加してほしいなあ・・・。

里をぶらついてみて、衝撃だったのが、
モブキャラの女性の顔面がみんな自分と同じということ。
これ、主人公の顔面と同期する設定にされてるんでしょうか・・・?
気が付いた時、普通に「怖い!!」って思いました。

個人的に嬉しかったこととして、掲示板の張り紙に何が書いてあるのが読みやすくなったのは良かったです。
できればそのうち、何が書いてあるのかまとめたいですね。
これ、討鬼伝プレイヤーの中でも完璧に解読できる人ってそう多くないと思うので。
誇ることではないですが、たぶん傍から見れば十分な特殊能力だろうなと思います。

---

コントローラで操作しなければならないので、任務時の操作感が当然かなり変わります。
しかし、やり込みすぎて行きたい任務が全くないので、
無限基礎・5討帰還を各武器でやってみることに。

出撃して早速ビビったのが、戦闘画面(里周辺)がめちゃくちゃ暗いということ。
鬼に接近すると特に暗くなる。鬼の表面が真っ黒で全然見えないので、クエヤマとワダツミなんか違いが全く見えない。
(Vitaでやるとクエヤマは体色が赤系、ワダツミは青系なので見た目で判別できる)

開始数分で「こんなの10体もやってられない」「特殊調査やるならVita一択」と思いました。
それはさておき、とりあえず全武器は試すことに。

・まずは専用装備が組んである銃。
擲弾を投げて撃ち抜くだけなので、カメラ操作が若干やりづらい(かなり変なコントローラの持ち方になる)以外はとくに困ることはなかったです。
相変わらず鬼がポキポキ折れて、爆速で終わった。

・次いで薙刀。
近接に持ち替えて初めて、「大画面でやると鬼との距離感がうまくつかめない」ということを思い知らされました。
視野いっぱいにゲーム画面があると感覚が狂いますね。
テレビと距離を置いてプレイすることで、一応解決しました。

・その他も全部試したけど、特筆することはなし。
鎖鎌は手動エイムしているので、相変わらず分銅のスカが多くて連携ミスがめちゃくちゃ多かったですが、それはVitaで操作しても変わらないしなあ。むしろ操作感が変わらなくて良かったと思うべきか。

無限討伐は、とにかく「画面(空)が暗い」「鬼祓いをすると自分の周囲だけ白く明るくなる」「祓殿を置くと白いドーム状に明るくなる」という明暗のコントラストが衝撃でした。
これは長時間遊べないです。Vitaだと「普通の原っぱ」程度の暗さ(明るさ)なので、ギャップがありすぎてかなりキツい。
今後オンで遊ぶことがあったとしても、絶対Vitaからやります。リモートプレイもしない。PS4版はオフ専用。

---

PS4版はあらゆる画質が大幅に良くなったのに、光に関する調整が丁寧すぎて逆にダメという結果だったので、
『討鬼伝2』のPS4版も買うつもりでいますが、メインはVita版になるかもな~と思っています。

『2』はPS4版とVita版を、片方はGAMECITYでトレジャーボックス、もう片方はDLC目当てでローソンで買おうと思っています。
いや続報全然来てないし、ローソンの特典なんか全く決まってないですけど、
来月発売される『進撃の巨人』や、これまでの討鬼伝の流れを見ると、ローソン系だけまた限定DLC防具付けてくるんだろうなーという予測が立てられるわけで。

これまでは「一番特典が厚いやつを買って、残りは諦める」という手段を取っていたわけですが、
2に関してはハードに合わせて買う価値があると思うので、「気に入った特典を2本まで買う」気満々です。

続報、まだかなー。
とりあえず、今は来月の進撃の巨人もとても楽しみに待っています。
スポンサーサイト
別窓 | 討鬼伝(無印&極) | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |