上手くなるにはやり込むしかない
2015-12-17 Thu 14:15
・昨日は金砕棒があまりにもヘタすぎて衝撃を受けたが、
薙刀に持ち替えたら普通に戦えて安心した。
やはり、使い込んだ回数の差がそのままプレイスキルに反映されている模様。

・使い勝手をいまいち把握し切れていないのはダントツで弓。
次いで槍、金砕棒。
あと残心ハメができないスキル構成の太刀。
・弓は前作の猛進閃が本当に強すぎて・・・。
今作でも一応そこそこ強いっぽいけど、前作の比じゃない。
あと今作は鬼千切・極があるから、弓で丁寧に全破壊を狙う必要が全然ない。

弓を使うメリットがないんだよなあ。
抜刀中は被ダメ増えるし、遠距離射撃が弱すぎるから結構接近しないといけないし。
前作でゴミ扱いされてた呪矢が強いらしいけど、大型鬼にどの程度有効なのかがいまいち分からない。
一矢撃ち連発するより強いのか?? いまいち実感がない。
雑魚掃除に関しては、呪矢の注視が一番強い。これは間違いない。

なんだかんだで番え撃ち連発が一番ラクなんだけど、
オンでやると地雷確定なので、番え撃ちは封印して戦えるようにならないと意味がない。これも弓の大きなデメリット。

・前も書いたけど、「突」属性と好相性の鬼が全然いないのがやっぱりキツい。
やり込むには愛が要求されすぎるように感じる。

・魂銃と同じようにオフソロ前提で、番え撃ち使いまくりのスキル構成考えてみるか。
私の「各武器の使用回数を平均化したい」欲求を満たしつつ、「非効率なプレイはしない」スタイルを両立させるにはそれが一番な気がする。

・北米版討鬼伝極は、極級武器を各系統1振りずつ作成中。ハクがどんどん減る!
進行度十五で止まってるんだけど、これが終わったら進行上げ再開予定。
スポンサーサイト
別窓 | 討鬼伝(無印&極) | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |