スキル構成備忘録
2015-10-07 Wed 19:41
鎖鎌の練習用構成の魂、献スタイルと、
薙刀の癒スタイルと、
銃の壊スタイル。

使い勝手は悪くないけど、使う機会が少ないので、
そのうち登録設定解除しちゃうだろうなあ、という構成の備忘録。
・魂鎌
<西行(魂)>追駆強化・追尾、大和魂、破敵ノ法強化・速攻、追駆強化・速攻
<大岡越前(魂)>追駆強化・吸気、追駆強化・吸魂、英霊の激励、英霊の加護
<風魔小太郎(迅)>断奪・気、空中殺法、気力回復上昇【大】、闘志

追駆は速攻で常に最大タメ。破敵も最大。連昇は吸魂したぶんで最大化。
気力が尽きたら降りて追駆、吸気の効果で治癒1回分くらいは回復する。
激励が積んであるので、会心力のある武器を装備すること。
・・・というコンセプトですが、結論から言ってかなり微妙な構成です。というか、魂スタイルと鎌が合わない!
私が鎌に慣れていないせいもありますが、タマフリ=地上にいないと出来ない、鎌=飛んで斬り付けてナンボ、なので、そもそも相性が悪いのです。
飛べる武器でも、薙刀と双刀はそれなりに地上で戦う機会もあるので魂との相性はそう悪くないと思われますが、鎌は駆け出しには難しすぎた。
ただ、今まで全く使ったことがなかった大岡越前がなかなか良い構成を提供してくれているので、風魔小太郎を入れ替えてリサイクルできないかなぁとは考えています。とにかく、鎌と魂は難しすぎた。

・献鎌
<武市半平太(献)>鬼千切皆伝、白刃の閃き、大和魂、威風堂々
<山南敬助(献)>英霊の激励、献身強化・一閃、献身強化・軽功、闘志
<稲姫(迅)>闘志、献身延長+10、献身強化・増幅、威風堂々

献スタイルで闘志を2積みにすると、必然的に献身強化構成になるという。
武市は大和魂要員ですが、武器ゲージスキルが豊富なので、献スタイル特性の「武器ゲージを仲間に分け与える」効果が高くなって良いと思います。鎌はそもそもゲージが貯まりやすいですし。
練習用構成なので無難にまとまっていますが、慣れたら「献特化・増幅」(分け与えるゲージ量が増える)を積んだ鎌専用の構成を考えてみるのも良いなぁと思っています。今後の課題。


・癒薙刀
<銀杏お藤(癒)>癒特化・激励、癒特化・加速、舞踊のたしなみ、治癒増加+3
<中野竹子(攻)>武神ノ砦強化・猛攻、治癒強化・増幅、治癒強化・快気、治癒強化・周囲
<新井白石(空)>女神ノ社強化・広域、大和魂、女神ノ社短縮、治癒増加+3

癒特化・○○というスキルを、攻撃範囲の広い薙刀に全部盛りしてみようとした構成。
結局手直しして、癒特化・手当だけ外しましたが。
癒特化要員として銀杏お藤、大和魂と女神広域要員として新井白石を入れた結果、治癒が+6回も増えるという想定外の事態に。
これを活かすには治癒快気を組み合わせる他ないだろう、と思ったのですが、どうせなら周囲スキルも付けて、仲間の気力も回復できるようにしよう!と考え、武神猛攻持ちの中野竹子に白羽の矢が立ちました。
最初は治癒増幅入れてなかったのですが(癒スタイルはそもそも回復量が多い)、増幅を1積みすればカラになった気力がほぼ満タンに戻せるので、回復の手間を減らすために増幅を採用しました。タマフリ回数をケチるためではないです。

・壊銃
<藤堂高虎(壊)>断奪・気、闘志、壊特化・延長、鎧割強化・破壊延
<アラハバキ(壊)>壊特化・延長、壊特化・増幅、布津御魂延長+10、布津御魂増加+2
<岩倉具視(迅)>壊特化・延長、壊特化・増幅、鎧割延長+10、魂の絆

壊特化・延長を3積みし、さらに壊特化・増幅を積めるだけ積み、鎧割の破壊延まで付けた構成。
これ、何のための構成かというと、無限討伐-基礎-を5討で帰還するためのものです。言い方を変えると、ノーマル魂鋼1個を稼ぐための構成。
タマフリの回転率を上げるスキルは積まれていないため、布津御魂が6回もありますが、時間経過で再使用が可能になるのを待つしかありません。まあ、基礎は敵が弱いんで気にすることないですけど。
どの武器でも汎用的に使える構成ですが、私は無属性の貫通銃で擲弾をボンボン撃ち抜いています。物凄い早さで敵が昇天して楽しいです。
鎧割破壊延が付いている上に、延長まで付けられているので、最初に鎧割を発動してから、インターバルのある3討目までは確実に鎧割の効果が持続します。タマフリ効果が全く終わらなくて面白いです。
同じことが攻スタイルの渾身や吸生の破壊延でも可能ですが、総合的に見て壊スタイルが最も高速で5討を片付けられると思います。

最近、無限基礎5討であまり使ったことがない銃の弾種を試していたのですが、
やはり結局「貫通擲弾が一番楽しいし強い」という結論に落ち着きました。

狙撃弾は最も汎用的な使い勝手で、オンで使うならこれメイン一択。気力の管理が面倒臭いのが難点。
散弾の霊弾は、最大タメで確定怯みが取れるのは面白いけれど、気力消費が多すぎる上にノックバックがめちゃくちゃ大きくて、適正距離に戻ってくるのが大変。通常射撃が狙撃霊弾と同程度に強いらしいけど、接射しないと全弾当たらないから、使用にはやはり愛が必要。

爆破弾は通常射撃・擲弾撃ち抜きともに威力が低い。無限基礎の1討目ですら「あんま強くないな」と思うほどなのだから、極級任務で使う気になるわけがない。
ただ、霊弾は強い。無限基礎の鬼相手に爆破霊弾を撃つと、簡単に部位がふっ飛んで面白い。しかし気力を結構ガッツリ消費させられるのと、ノックバックがめちゃくちゃ大きいのが難点。使いづらい。

吸引弾はサポート弾なので、わざわざ書くこともないけど・・・
霊弾の最大タメを、角を千切られてダウンしてるツチカヅキに向かって撃ってみたところ、「本体が空中に浮き上がる」という怪現象が発生しました。霊弾の効果は「敵を押しのける空間を作り出す」ことなので、それがどうやら真上に働くことがあるようです。すぐ元の位置に戻ってしまったので、スクショを撮ったりはできませんでしたが。
それはさておき、通常任務で吸引弾を使いたいか、というと・・・。カゼヌイやオンジュボウには有効なんでしょうか?
私は基本的に全弾撃ち切るまで弾の装填をしないし、装填する時は一気に込めて撃ち切るまで一切余計な操作をしないため、吸引弾をいまいちタイミング良く扱えません。実際、火力がないから扱えるようにしなきゃいけない必要性もないし。
無限基礎でサポートに徹して吸引弾を使いまくるプレイをしてみようかと思いましたが、気が付くと普通に火力のある弾を込めている自分がいました。うーん、ダメだなこれは。

時限弾は、使い勝手が悪すぎてなんとも言えないです。
「ここに置きたい!」と思って撃っても、射程が短すぎて全然期待通りの動きをしてくれない。
うまく使うには、斜め上に撃ち上げて擲弾で爆破させるしかなさそうですが、カメラワークが大変な上に、労力と威力が全く釣り合わないと思われます。メインで使うには厳しすぎる弾種。

というわけで、気力の管理が必要なく、ヒットする範囲も広くて敵をボキボキ千切れる貫通擲弾がやっぱり最強という結論に落ち着いたのでした。

無限基礎でいろいろ試すプレイ、もうしばらくいろいろやってみたいと思います。
スポンサーサイト
別窓 | 討鬼伝(無印&極) | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |