最近やったゲーム
2015-09-27 Sun 02:30
3DS
・『超破壊計画からの脱出』
本体更新で勝手に送られてくるアプリの1つ。
脱出ゲームは苦手だけど、嫌いではないので、プロローグだけやってみた。
適度に難しく、悪くない印象。
第1話だけは無料で遊べるので、チケットを確保して、フレンドと同部屋で謎解きに挑んでみた。

結果、ラストの謎が不正解で、第1話は失敗に終わったけど、まあ楽しかったので良し。
エピソードは全5話で、残り4話は有料。1話450円なので、全話購入すると1800円。
「家にいて」「友達と」「1時間謎解きで遊べる」という内容に、450円は悪くない。残りのエピソードも購入しようと思います。

ちなみに「リアル脱出ゲーム」は何度か実際にプレイしに行ったことがあります。
リアルだと1~2時間で2000~4000円くらい取られるよね。

リアルでやる最大のメリットは、「その場で他の人と感想を言い合える」ところにある。
3DS用のこれは、リアル同様に参加時間指定のチケット制を採用しているために、やはり「その場で感想を言い合い」やすいところが最大のメリット。
言い換えると、「別に友達もいなくて1人でやるならわざわざ買うまでもない」とも言える。
まあ、『レイトン教授』シリーズとか、謎解きゲームジャンルが大好きで、その手のソフトを全制覇しちゃってるような人なら絶対買うべきだと思いますが。

「謎解きは嫌いじゃないし、たまにやると楽しいな~と思うけど、新作を探し回って率先してやるほどじゃない」という、私のようなユーザーにはちょうどいいゲームだと思いました。

DS
・『レイトン教授 最後の時間旅行』
レイトン教授シリーズ、最初の三部作の3作目。08年発売、DS用。
たまーに起動して遊んでいるだけなので、未だにクリアしていません。
上記『超破壊計画からの脱出』のウォーミングアップに、少しプレイしてみたのですが、全然解けなくてビックリしました。
30ピカラットの問題ってこんなに難しかったっけ?
私の『レイトン教授』シリーズ初プレイは、3DS本体と同時発売だった『奇跡の仮面』(5作目)だったのですが、その時は45ピカラット以上が難しく感じられて、30とか余裕だった気がします。

シリーズもののゲームは、ナンバリングを重ねるごとに「ライトユーザーに優しくなる」傾向にあるので、このDS用『最後の時間旅行』も「今やってみると難しい」ような調整になってるんでしょうか。
『奇跡の仮面』は「ひらめきコイン」(ヒントアイテム)をほとんど使わなくてもモリモリクリアできた印象があったので、『最後の時間旅行』はヒント無しだと普通に詰まってしまって辛いです。
とりあえずストーリーだけ進めて、クリア後に一気に謎と向き合うのがいいかなー。ストーリー放置し続けて内容忘れちゃうのも悲しいし。

---

結局更新予定が全く消化できてないんですが、連休のせいです。もうしばらくお待ちください。
スポンサーサイト
別窓 | 書籍/漫画/ゲーム/映画/etc | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |