討鬼伝のない夏なんて夏じゃない
2015-08-06 Thu 00:33
去年も一昨年も夏は討鬼伝漬けだったので、今年は夏が来ている感じがしない。
今年の夏、ノーカンです! 2015年なんてなかった!!

---

しかし、「オメガフォースの新作が進撃の巨人かもしれない」ということに、昨日の時点で気付いておいてよかったなと思います。
今日サイトを見て、討鬼伝新作じゃないことを初めて知ったとしたら、
「進撃の巨人ゆるさねええええええええ」という鬼と化していた気がします。心の準備をしておいてよかった・・・。

ちなみに新作が進撃の巨人だと気付く前は、「討鬼伝の新作だ!!」と信じ込んでいたので、
どんな新作が来るのか勝手に予測を立てていました。
3個前の記事にちょっと書いてありますが、「完全オンラインの討鬼伝」が来るんじゃないか、なんて。
そのうえで、どんな設定の続編が来るのかまで考えていました。

予想1
・時代設定は『討鬼伝』『極』の8年前、オオマガドキが起きた日
プレイヤー1人1人が「オオマガドキの英雄」となり、オオマガドキの災禍から人里を救い出す話。
この話が完結してハッピーエンドを迎える=本来の『討鬼伝』世界がif扱いとなる、ちょっと変わった設定。
(オンラインゲームを想定しているので、エンディングを迎える日はサービスが終了するまで来ない)

予想2
・時代設定は『討鬼伝』『極』より過去、1000年ほど前
日陰者ながら「鬼ノ府」を設立し、人知れず鬼と戦うモノノフたちの話。
もちろんホロウなどもストーリーに参加。『極』で描かれなかった過去のモノノフたちの歴史が体験できる。

予想3
・世界設定が『討鬼伝』『極』の平行世界
ホロウが元いた世界が舞台。世界観はSF。
『討鬼伝』『極』とは全く異なる世界で、プレイヤー1人1人が鬼の侵攻を食い止めるために戦う。
この設定でハッピーエンドを迎えると、やはり『極』がif的な位置づけとなる可能性がある。

いや~~~~、
これだけ妄想して結果が「討鬼伝じゃない」とはね~~~~~~。
個人的には予想1の時間軸で、8年前の相馬とかと共闘したかったっすわー。
まあ、オオマガドキは「七日七夜続いた」という設定が既にあるので、もしその時間軸でゲーム化したら「七日七夜ながすぎ」って絶対批判されると思うんですけどね。うん、妄想の域を出られない。

あ~~、新作が進撃の巨人ってことで、
『龍が如く』シリーズみたいに「ナンバリング」「お祭り」「ナンバリング」のサイクルで続いてくれたら言うことないかなあ。
(※『龍如』シリーズは『3』以降、直近作を流用した外伝作品をナンバリング作品の合間に挟んでいる)

あ、コエテクだと「ナンバリング」「PK」「お祭り」のサイクルになるか。
まあ、もう、なんでもいいですわ。
とにかく、討鬼伝の新作待ってます!!!!
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |