ポポローグメモ:称号の付け方
2015-07-15 Wed 14:56
データメモ日記。
海底大回廊にいる「人生相談オヤジ」に相談を頼むと、テキトーな称号を付けられて、そのキャラのステータスの伸びについてもアドバイスをされます。
完全なオマケ要素なので、「相手にしない」という選択肢もありますが、
称号の付け方には法則があるので、法則から逆算して「このキャラにはこんな称号を付けたい」という遊び方もアリだと思います。

以下は称号の法則についての詳述。
人生相談オヤジに称号を付けてもらうと、
「イのロのハ ニ」と書き換えられるような、4パーツに分かれた名称を合わせたものを「称号」として付けられます。
この「称号」は、パーツごとにそれぞれ名付けの法則があります。

(イ)最も高い属性値がいくつであるか。

0~100 ダメな
101~150 地味な
151~200 よくいる
201~250 がんばる
251~300 やり手の
301~350 ナイスな
351~400 グッドな
401~450 強まった
451~ 最強の

(ロ)最も属性値が高い属性はどれか。
複数ある場合、“炎氷雷闇聖地呪回補”の左から順に優先して採用される。
(例:ピエトロの場合、最終的に炎と聖が同値になるが、炎が優先される)

炎 炎の
氷 氷の
雷 雷の
闇 闇の
聖 聖なる
地 大地の
呪 呪いの
回 回復の
補 お助け

(ハ)攻撃力/防御力/魔力/素早さの4つのうち、最も高い数値はいくつか。
0~50 新米
51~75 初級
76~100 修行
101~125 平凡
126~150 中級
151~175 熟練
176~200 特級
201~ 屈強

(ニ)攻撃力/防御/魔力/素早さの4つのうち、どれが最も高いか。
キャラごとに細かく異なるので、
 キャラ名
 攻/防/魔/早
の順に決定される称号を並べる。

ピエトロ・パウロ
王子/王子/王子/王子

ゼノン
ロボット/ロボット/ロボット/ロボット

ダイソン
戦士/闘士/魔戦士/軽業戦士

ロビン
弓士/弓使い/弓矢士/軽業弓士

メル・クルト・ミルト
魔道戦士/魔道戦士/魔道士/魔道士

ドグマ・タモタモ
魔術戦士/魔術戦士/魔術師/魔術師

レパルド・ボリス
剣士/剣士/魔法剣士/剣術士

ミーシャ
軽業戦士/軽業闘士/軽業士/軽業使い

ザッパ
戦士/闘士/魔法戦士/軽業戦士

ラウラ
盗人/盗人/魔道盗人/盗賊

ユキ・ムサシ
忍者/忍者/忍術使い/忍び

ドン・ゴン
戦闘城兵/防御城兵/魔法兵/臆病兵

---

命名の法則が分かったところで、
特に意識せずにキャラクターをLv99まで育て切った場合、どの称号が付けられるのか?を以下にまとめます。
Lv99時の属性値は、ポポロクロイス総合スレ22のレス238を参考にしています。
最も高い属性値が複数ある場合は、カッコ書きで併記しておきます。
(そのデータの数値は、ところどころ料理でステータスを上げた形跡があるので、ゼノンに関しては下記の称号が正しいか疑問が残っています。他はほぼ問題ないと思われます。
また、該当レスにはLv99時の攻・防・魔・早のデータは記載されていなかったため、どの数値が最も高いかはLv40時のデータから推測しています)

ピエトロ 最強の炎の屈強王子 (炎=聖)
パウロ 最強の炎の屈強王子 (炎=聖)
ゼノン やり手の風の屈強ロボット
ダイソン 最強の大地の屈強戦士
メル 最強の聖なる屈強魔道士 (聖=回=補)
ロビン 最強のお助け屈強軽業弓士
ドグマ 最強の氷の屈強魔術師 (氷=闇=呪)
レパルド 最強の炎の屈強魔法剣士 (炎=聖=回)
ミーシャ 最強の回復の屈強軽業使い
ザッパ 強まった大地の屈強戦士
クルト 最強の氷の屈強魔道士
ミルト 最強の回復の屈強魔道士 (回=補)
ボリス 最強の雷の屈強魔法剣士
ラウラ 最強のお助け屈強盗賊
ユキ 最強の氷の屈強忍び
ムサシ 最強の風の屈強忍び (風=地)
タモタモ 最強の炎の屈強魔術師 (炎=氷=風=雷=闇=聖=地=呪=補)
ドン 最強の炎の屈強防御城兵 (炎=氷=風=雷=聖=地=回=補)
ゴン 最強の炎の屈強防御城兵 (炎=氷=風=雷=聖=地=回=補)

上記の称号は、傭兵のイメージに沿うものだったでしょうか?
同値の属性値が多い関係で、「炎の」が圧倒的に多くなってしまうのと、
ゼノンはさておき、ザッパのみ「最強の」が付けてもらえない(ドーピングしても属性値が451を超えない)ところが悲しいですね。

人生相談オヤジを全く利用しなかったために、気が付いたときには上記の称号からもう変えられない、というのは誰でも予測がつく事態です。
その前に好みの称号を付けておくか、完全に無視するか。プレイスタイルが分かれるところですね。
スポンサーサイト
別窓 | ポポロクロイス物語 | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |