今日のポポローグ日記
2015-07-09 Thu 18:49
アングラーの出現条件を割り出すべく、地道なプレイをしてきたけど、飽きてきた。
というか、アングラーを突き止めたところで、第二・第三のアングラー(出現条件不明のモンスター)がいるんだよなぁ・・・
たとえば、ピラミッドに出るという「マミー」。
こいつのLvは24らしいので、Lv28のピエトロを一人でピラミッドに行かせてみたけど、会えず。
同じ見た目の下位種「バンドエイジ」が出る。
メインストーリーをもうちょっと進めないと出ないんだろうか?
(調べたのはガバス到着後、大富豪イベントと鍛冶屋イベントだけクリアしたデータ)

他にも「シャウト」「ポイズンソウル」など、結構な数がいる。
「特定のレベル帯で出るかもしれない」という希望は確かにあるが、毎回検証するのは厳しすぎる!!
おかしい・・・私は『ポポローグ』の2周目が遊びたかったはずなのに、どんどんプレイングがマニアックになってちっとも前に進んでいない・・・

検証用データを複製しすぎて、メモリーカード1(アーカイブスなので仮想メモカ)が一杯になったことだし、
メモカ2で気分を換えて普通の2周目プレイをしようかなぁ、と考えています。
そもそもやりたかったのは、「クリア前までに」という条件で、

・モンスター図鑑を埋め、99匹倒して☆マークをつける
・アイテム帳のコンプリート(クリア前入手が不可能な一部アイテムは諦める)
・夢幻フィールド帳の踏破率を100%にする(期間限定で構造が変わるマップに注意する)
・グルメパレスを使い倒して、アイテムで上げられないステータスをMAXにする

う~ん、アイテム帳が全ページコンプできないことを考えると、
クリア前に全ての要素を取りきるのはそもそも不可能なので、モンスター図鑑も諦めた方が早そうですね。
出現条件の検証はいつかやるということで、とりあえず1周目に取りこぼした色んな要素の取り直しプレイはしちゃおうかなぁと思っています。

---

クリア前にやれるだけのことをやり尽くしてしまうと、
クリア後にやりたいことが1回の踏破でほぼ全て終わってしまうんですよねえ。

クリア後のダンジョンは「下層に潜っていってひたすら敵と戦う」内容なので、
クリア前に図鑑を☆印で埋めてしまうと、モンスターと戦うモチベが全くなくなるという欠点に気が付きました。
なのでモンスター図鑑に関しては、クリア前は「過去のマップに登場するモンスターだけ99匹倒す」「その他のモンスターは15匹倒してデータを埋めればよし」という程度のやり込みでいいかなぁという気がします。

あとクリア後に可能なやり込みといえば、
ピエトロや傭兵に「使用可能な魔法・必殺技を全て習得させる」というものがあるでしょうか。
(一部の魔法書はクリア前入手が不可能orごく少数しか手に入らないが、クリア後は「全種類からランダムに入手」できる宝箱が出現する)
ステータス帳を開くと、そのキャラクターが覚えられる魔法・必殺技の総計と、現在覚えている数が一緒に表示されるので、
全種類覚えさせたら気持ちいいだろうなあ・・・という気がします。
ただ、魔法書の入手確率がランダムなので、全キャラクターに覚えさせていくのは相当ハードな作業になるだろうなぁと思います。
作業ゲー好きでも達成が大変そう。各キャラ50種類前後習得可能なので。

---

ポポローグはググっても攻略情報があんまり充実していないし、
過去スレを見ても「攻略本に載ってる」というレスがちょくちょく見られるので、ネットで中古の攻略本を購入しました。
ファミ通(アスペクト刊)のと、ザプレイステーション(ソフトバンク刊)の2種類があるのですが、両方とも買いました。

先にザプレの攻略本を買って、「グルメパレスのお詫びアイテムが載ってないな・・・」と思い、
ファミ通の攻略本も買ったのですが、うーん、ファミ通の方は買わなくていいですね~。
情報量はしっかりあるけど、見やすさがザプレの方が上だし、ほとんどの情報がカブってるし(当たり前だけど)、
マジでグルメパレスのお詫びアイテムデータ以外見るべきところがほとんどなかったです。

加えて、ザプレの方は巻末に原作者(田森庸介)とキャラデザ担当(福島敦子)の対談付き。
ザプレの方は、ポポローグ好きであれば手放しでオススメできます。

---

ファミ通のポポローグ攻略本は、後半が全て2色刷りだったのが非常に衝撃的でした。
帯には例の「大☆丈☆夫 ファミ通の攻略本だよ」と書かれているのですが、大丈夫じゃない!!と声を大にして言いたくなりました。
奥付のページに、入稿のスケジュールが厳しすぎたようなことが書かれていましたが、ファミ通の攻略本でフルカラーじゃないものって初めて見たので、スケジュールの問題でフルカラーが作れなかったのかなぁと思いました。

ちなみに私が買ったのは初版本(98年刊)なので、もし以降の版がフルカラーになっているのだとしたら、マジで納期のせいだったんじゃないかなぁと思います。
ていうか、このクオリティで定価1200円って高すぎでしょ!!
当時ファミ通の攻略本をそこそこ買っていた身として断言しますけど、この値段は確実にフルカラー前提。後半が2色刷りなら高くても1000円が妥当。
まあ、私は中古で1円+送料で買ったので、完全に値段相応だったんですけど・・・。(1円だと安すぎだけど、送料込みで相応の値段に)

この攻略本、編集スタジオが「JK・VOICE」という時点で薄々嫌な予感はしてたんですけどね・・・
ファミ通の攻略本が「大丈夫じゃない」って言われるようになったのって、この人たちのせいなんじゃないかなぁって思う・・・
(JK・VOICE著といえば『ファイナルファンタジータクティクス大全』がとにかく有名。
誤植が多い上に嘘情報が平然と載っていて、今でもネタにされているのを見かけるほど)

JK・VOICE著の攻略本を手にするのは、FFT大全に続いて2冊目なんですけど、
今のところ「JK・VOICEの攻略本にハズレなし」(ダメな意味で期待を裏切らない)の状態です。
ポポローグに関しては、編集後記でわりと悪意ある感じのコメントが見られるので、本当にデータ量が膨大すぎて辛かったんだろうなあ・・・と思いました。
だからって誤植があっていいわけではないし、後半が2色刷りとかほんと見てらんないんですけど・・・。
これ、定価で買わなくてほんとよかった。
スポンサーサイト
別窓 | ポポロクロイス物語 | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |