UMDパスポートとかいうやつ
2015-06-17 Wed 22:25
「UMDパスポート」というのはPSN(SEN)のサービスの呼称で、
「PSPソフトをPSNアカウントに認証させることで、同じソフトのDL版が安く購入できるようになる」サービスを指す。

例を挙げると、
「PSP版のモンハン3rdやりたくなったけど、わざわざPSP起動するのダルいなー vita上で動かせないかなー」という時、
手元のPSP版の認証を済ませておけば、低価格でDL版をvitaに落とせるようになる。

昨日、あまりにもやりたいゲームがないので、
「PSPでパッケージ版買ったソフトをvitaに入れてみようか?」と思ったんだけど、
そもそもUMDパスポートの利用方法を知らないので調べてみた。

てっきり、シリアルコード的な何かを認証させれば利用可能になるものかと思っていたけど、結構違った。
正式な工程は、
「パッケージ版がぶっ刺さったPSP本体を起動して、PSNに繋ぐことで、認証ができるようになる」。
つまり、認証を済ませるにはPSNに接続済みのPSP本体が不可欠。
め、めんどくせえーー!!
PSP起動したくないからvitaでやりたいのに!

というわけで、UMDパスポートのことは、調べただけで利用はとりあえずしない。
認証させても「タダで落とせる」ようになるわけじゃないしね。安いとはいえ金取られるし。

---

ちなみに、認証してみようかな~と考えていたソフトは『タクティクスオウガ 運命の輪』(PSP版TO)。
元の話から逸れるけど、ソニーの公式サイトでPSP版TOの紹介ページを見ていて、気になったことがある。

PSP版TOは、レーティングが「12歳以上推奨」。
まあ、題材が戦争だし、流血表現はほとんどないけど、バンバン人が死ぬので妥当だと思う。
ただ不可解なのが、レーティング判定基準の内訳が「犯罪」「麻薬」「言葉・その他」なこと。
タクティクスオウガに麻薬なんか出てこないぞ・・・!?

ランスロットの廃人描写なんかはヤク中に近いものがあるかもしれないけど、
あれは戦争のPTSDのが近いはずなので、「麻薬」に含めるのは違うと思う。

・・・もしかして屍術師ニバスのネクロマンシーのことを指してるのか?
いやー、それも違うと思うけどなー。
死者蘇生を麻薬と結びつけるのはさすがに強引過ぎるよなー。マジだったらすげえ話だぞ。

あ、そもそも私はPSP版TOをクリアしていないので、もしかして追加イベントで薬イベントがあるんでしょうか。
TOならあっても不思議ではないなー。

ググれば一発で解決する問題だと思うけど、ちょっと面白かったので、しばらくこの謎は放置しようと思います。

---

『ポポ牧』の発売日がとうとう明日になったけど、
あまりにもやりたいものがなくて『ポポローグ』を再開したら楽しくて、「早くポポ牧ください!!」という気持ちが失せていった。発売日直前あるある。
やりたいゲームがなさすぎたから、「日付が変わったら即買おう!!」ってずっと思ってたけど、今はそこまででもない。
明日の昼間、普通にDLしようと思います。
ピエトロ王子のストラップは別段ほしいと思わないので、パッケージ版を買う気はありません。
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |