ポポロクロイス物語攻略日記 その2
2015-05-30 Sat 13:35
前回の続き。
モンスター図鑑&アイテムコンプリートの3、4章解説。

この記事を書いている時点で図鑑コンプは終了していますが、アイテムコンプは終わっていません。
まあ、4章でのアイテムコンプは『1』のエンドコンテンツなので、終わったらやることなくなっちゃうから、気長に取り組むつもりです。
---

3章

自由に探索できるのは前半だけな上に、2章以上にイベントが少ない。
再訪不可能なマップでのイベントが大半を占めている。
4章に入るとフィールドのモンスターが一変してしまい、一部のモンスターから取れる換金アイテム類の入手が不可能になるので、コンプリートを目指すなら3章のうちに集めきること。
前回記事同様、図鑑を埋めるタイミングがシビアな場合は赤字を用いるが、4章で顔ぶれがそっくり変わってしまうため、シビアとかいう問題ではなく3章しか埋めるタイミングがない。ほとんど全てのマップが赤字なのはご愛嬌。

<出現モンスター>
○ポポロクロイス周辺

21 ストーカー(いやしのは)
22 パワービートル(ビートルコーン)
23 デスサイズ(いやしのえだ)

「ビートルコーン」は[パワービートル]からしか取れない。
2章では前章の敵も混じっていたが、3章では上位種のみと戦える。
非常に弱く、経験値も低いので、図鑑を埋めたら「マジカルロード」でエンカウントを消したいところ。

○ゴドリフ~パーセラ分岐フィールド

62 キングビートル(いやしのえだ)
63 ニードラー(いやしのえだ)
64 スラッシュ(せいぎのつるぎ)
65 アングラー(ぎんのうでわ)
68 バルンフェアリー(せいなるみず)

・・・レアアイテムなし。全員このタイミングでしか戦えない。
「せいぎのつるぎ」を2章ブリオニアで入手していなければ、[スラッシュ]がドロップするのを狙うしかない。
前章では[エルファント]のエンカウント率が低いうえに、無駄に数が多かったが、上位種の[バルンフェアリー]はエンカウントするマップが多い上に必ず1頭で出るので、戦闘が楽になった。
ちなみに、味方パーティのレベルが高いと敵は「にげる」を使用することがある。逃げられる前に倒しきるよう、気を付けよう。

○新ガミガミ魔王城周辺

66 ビームヘッド(ブラックルビー)
87 バッファロー(りっぱなツノ)

このタイミングでしか戦えない。
図鑑埋めをしていれば入手済みだと思われるが、「ブラックルビー」はビームヘッド系が落とす換金アイテム。4章では入手不可。
バッファローは後のマップでも会えるが、新ガミガミ魔王城周辺orゴドリフ周辺の方がエンカウント率が高い。図鑑埋めは先に済ませておいた方がよい。
「りっぱなツノ」は3章ではバッファローからしか取れない。4章では入手不可。

○ゴドリフ周辺

67 ストライカー(げんきのあめ)
70 ダークゴースト(あやかしのつえ)

・・・レアアイテムなし。全員このタイミングでしか戦えない。
「あやかしのつえ」は店で購入可能。
上記2種はカナリシア周辺でも会えるので、ゴドリフで戦う必要はあまりない。

○カナリシア周辺湿地帯

69 ワニチャンプ(トカゲのシッポ)
71 マンイーター(いやしのえだ)

このタイミングでしか戦えない。
湿地帯では[プロテクター]も出るので、2章の流され島で図鑑を埋めていなければ戦っておくこと。
「トカゲのシッポ」は4章では入手不可。
図鑑には載らないが、[マンイーター]は「ちからのもと」も落とす。おそらく低確率ドロップレア。4章でもドロップする敵がいるので、粘れば仲間のドーピングが可能。

○モンスター村周辺

72 ひとくいガニ(おおきなハサミ)
73 パワーパックン(かいばしら)
74 シーデーモン(タコアシ)

このタイミングでしか戦えない。
[パワーパックン][シーデーモン]とはパーセラ周辺でも戦えるが、[ひとくいガニ]がモンスター村周辺でしか出ないので注意。
ちなみにモンスター村周辺とは、村の周囲で、隣のマップとは異なる落ち着いたBGMが流れるエリアのこと。
「おおきなハサミ」「かいばしら」「タコアシ」および、パックン系ドロップレアの「ブラックパール」は4章では入手不可。

○ウッキィのアジト周辺

43 ウッキィロード(ウッキィバナナ)

このタイミングでしか戦えない。
2章で埋めていれば再戦する必要はない。
が、3章でゴドリフ~パーセラ間でトロッコを使うと「竜の玉」入手関連イベントが起き、ウッキィのアジトに入れるようになるので、
ウッキィロードの図鑑埋めはそのタイミングでするのがベストであろう。
「ウッキィバナナ」は4章では入手不可。

○南の海岸

20 よろいがめ(カメのコウラ)
38 ヤドカリン(おおきなハサミ)
39 フラッシャー(タコアシ)
50 メルトン(かいばしら)

2章で戦ったことのある敵しか出ない。図鑑を埋めていなければここで逃さず埋めること。
[メルトン]は流され島で埋めていれば狙う必要はない。

○ガミガミ魔王城地下

75 オーバーヒート(ミラーシール)
76 シャドウマル(スクラップ)
77 ロボハタモト(スタナーソード)
78 ファントマ(ほのおのおふだ)
79 まがどり(こんじょうグラブ)

・・・「こんじょうグラブ」「こんじょううでわ」は[まがどり]からしか取れない。
ガミガミ魔王城地下のモンスターは、4章でも再戦可能。
[ロボハタモト]が落とす「スタナーソード」「パニックグラブ」は宝箱や店での入手が可能。
「ミラーシール」「ほのおのおふだ」は4章で購入可能。
[シャドウマル]はガミガミ魔王の特技「ガミガミミサイル」の残弾数を増やす「スクラップ」を落とす。が、「スクラップ」はパーセラの怪しい店でのイベントをこなしていれば、店での購入が可能になる(1個2000G)。
[シャドウマル]のドロップアイテムで注目すべきは「ゼンマイ」。「ガミガミキャノン」の残弾数が増やせるアイテムで、宝箱以外だと[シャドウマル]からのドロップ以外で入手方法がない。当然入手確率は低い&ここのモンスターは4章でも戦えるので、3章で粘るかはお好みで。
[ロボハタモト]など、このマップで出る他のモンスターもガミガミ魔王の特技に関連するアイテムを落とすらしいが、未確認。
[まがどり]は4章でいくらでも会えるので、このマップでがんばって相手をする必要はない。強敵なので、出会ったら逃げるのも手。

○ブリオニア

80 ルインドロイド(きんのうでわ)
81 ルインナイト(せいぎのつるぎ)
82 ルスティドール(あやかしのつえ)
83 メタルマドネス(かみなりのおふだ)

全員このタイミングでしか戦えない。
ブリオニア帰還直後までが、3章でフィールドを自由に歩けるタイミング。
なので、「せいぎのつるぎ」をここで無理に入手する必要はない。戻ってからゴドリフ~パーセラ周辺でドロップを狙うのも手。
2章でのブリオニアのように、フロアによって敵の強さが変わることはない。どこでもそれなりにエンカウントするので、適当に足場のよい場所をウロウロするのがよい。

○剣の山

84 バーンリザード(ほのおのおふだ)
85 ゴーレム(ひすいのうでわ)
86 ブラスター(ブラックルビー)
88 ダークホース(パワーロッド)
89 ブレイサー(ほのおのおふだ)

・・・「パワーロッド」は[ダークホース]からしか取れない。
全員このタイミングでしか戦えない。

正確には、4章に入る直前にまた来られるので、このタイミングだけとは言えない。が、図鑑埋めにかかる手間は先でも後でも変わらないので、到着直後に埋めておくことを推奨する(再訪時に上記全てのモンスターが出現するのかは未確認)。
「パワーロッド」は文字通り、ナルシアの攻撃力が上がるロッド。魔力は上がらないので、攻略には使えない。コレクターズアイテム。
「ほのおのおふだ」「ひすいのうでわ」は店で購入可能。
ゴドリフ周辺でエンカウントした[バッファロー]も出現するが、確率は低い。また、[ブレイサー]は後で訪れるマップでも戦える。

○永遠の番人の館

94 くびなしナイト(ブロードソード)
95 デミ(あやかしのつるぎ)
96 じごくのピエロ(ヒートギア)
97 キラークラウン(ヒートギア)

・・・「ブロードソード」「あやかしのつるぎ」「ヒートギア」はここでしか取れない。
全員このタイミングでしか戦えない。

全ての敵がハズレアイテムとして「いやしのえだ」を持っている。めげずに頑張ろう。
永遠の番人の館は一方通行のマップが多く、手拍子で攻略を進めていると上記モンスターと再戦できなくなっていることがある。
館に到着したら、まずは入口左の部屋に行き、宝箱を取ってセーブ。念のためデータを複製しておくことをオススメする。
その後右の部屋に行き、薬を飲んで小さくなると、敵とエンカウントするようになる。図鑑を埋めるタイミングはここが最もよい。
が、筆者はこのタイミングで先に進んでしまい、データの複製もしていなかっため、右の部屋での図鑑埋めには失敗した。
なので予測でしか書けないが、薬を飲んで小さくなる→敵と戦う→MPが尽きたら「でなおしランプ」で左の部屋に戻る、で図鑑を埋めることが可能なのではないだろうか。もしもランプが使用不能だった場合、筆者同様次の部屋に進むしかない。

小さくなる薬を飲み、カギを入手し、扉を開けて次の部屋に進むと、もう先程の部屋には戻れない。(この時点でもランプが使用可能かは未確認)
足場が透明な部屋を抜けると、館の案内人がいて、回復とセーブをしてくれる。
このセーブポイントが、館の図鑑埋めができる最後のポイント。
ここまで進めてしまうと、敵とエンカウントできるマップが、さきほどの足場が透明な部屋しかない。
歩き回るのが大変なうえに、敵が落とした宝箱の回収も面倒。しかし、本当にここしか敵と戦えるマップがないため、ここで頑張るしかない。非常に面倒なので、可能であればここでの図鑑埋めは避けた方がよい。

前述の通り、ここで出現する敵はここでしか手に入らないアイテムを落とす。「あやかしのつるぎ」は「あやかしのつえ」(店で購入可能)とは違うので注意。
「ヒートギア」は2種類の敵が落とすので比較的入手しやすい。図鑑には載らないが、[キラークラウン]は「アイスギア」(4章で入手可能)も落とす。
また、[キラークラウン]は速攻で倒さないと[レッサーデーモン]を複数召喚し、非常に厄介。ドロップアイテムは[じごくのピエロ]と大差ないので、図鑑が埋まったら迅速に倒すようにしたい。
[レッサーデーモン]は「あくまにんぎょう」というドロップ専用アイテムを持っているが、後のマップでいくらでも戦えるので、ここで狙う必要性はない。

館の攻略を進めていくと、最上階から落ちた先でボス戦となる。このボスを倒して先に進んでしまうと、敵が消滅するので図鑑埋めができなくなる。
ボス部屋に入る前ならば、前述の足場が透明な部屋まで戻ることができる。こまめなセーブや回復がしたい場合は、手間はかかるが引き返すようにしよう。

○魔王星

94 リバーサー(かみなりのおふだ)
95 イビルナイト(ポイズンソード)
96 バーニングホース(ほのおのタテガミ)
97 エグゼキューター(りゅうのまもり)
98 レッサーデーモン(あくまにんぎょう)
99 ガードビースト(まもりのうでわ)
100 ブリザード(こおりのまもり)
101 アシュラ(やみのまもり)

・・・「ほのおのタテガミ」「あくまにんぎょう」はここでしか取れない。
全員このタイミングでしか戦えない。

上記の他に、剣の山に出現した[ブレイサー]も出る。
敵の種類が多く、再訪が不可能なため、図鑑埋めには時間がかかる。幸い武器・防具は全て宝箱や店で入手が可能なので、ハズレアイテム(ほぼ「いやしのえだ」)が出ても問題ない。
ボス攻略に「こおりのまもり」があればおそらく便利だが、図鑑コンプをしながら攻略していれば適正レベルを大幅に上回っているはずなので、防具を揃えなくても難なく撃破が可能なはず。
[アシュラ]は滅びの町マップには出現せず、氷の塔でのみエンカウントできる。HPは高いが1体しか出現しないため、それほど苦戦はしないだろう。
ここでは[イビルナイト]の出現率が微妙に低く、1・2章のこうもり系で苦労したのと同じ状況になった。健闘を祈る。

---

4章

実質最終章のため、「このタイミングでしか~」の注記は付けない。
が、ボスを倒して次の章に進むと全ての敵が消滅するため、注意すること。

○フィールド全般

102 いっかくペンギン(めぐみのあめ)
103 ベアハング(めぐみのあめ)
104 スパーク(せいなるみず)
105 こおりのへいたい(りゅうのまもり)
106 ダークロード(ポイズンソード)

1~3章ではエリアごとにエンカウントする敵が異なったが、4章では上記の敵しか出現しない。どこで戦っても同じ。
レアアイテムも特にないので、図鑑が埋まったら竜の柱や「マジカルロード」をどんどん利用してよいだろう。

○北の大地

107 ゆきだるま(アーマーグラブ)
108 キラープラント(めぐみのあめ)
109 スプラッター(カタナ)
110 ソードデーモン(グレートソード)
111 ひだるま(ナックルボム)
112 デモンマスター(たいようのつえ)
113 タイタン(めがみのうでわ)
114 カルラ(エアロシューズ)

・・・「カタナ」「ナックルボム」「たいようのつえ」「きょじんのグラブ」「はじゃのけん」はここでしか取れない。
図鑑に載らないドロップレアとして、[デモンマスター]は「マジカルロッド」(ナルシア最強武器)、[タイタン]は「きょじんのグラブ」(ガミガミ魔王最強武器)、[カルラ]は「はじゃのけん」(白騎士最強武器)を持っている。
「マジカルロッド」は他のマップでも入手可能。が、「たいようのつえ」を狙っている時に自然と取れる可能性が高い。
[カルラ]は他のマップでもエンカウントする。
[タイタン]はドロップレアとして「まもりのもと」も持っている。

ここでは[まがどり]も大量に出現することがある。[まがどり]からしか入手できない「こんじょうグラブ」「こんじょううでわ」が未入手であれば、ついでに狙うとよい。
[まがどり]は3~7体と一度に大量に出現する上に、味方に変身して能力をコピーするため、全章通じてもっとも苦戦を強いられる可能性が高い。とくにナルシアに複数変身されると詰む可能性もある。それを防ぐために、ナルシアは初手で「おうごんのかぎ」を使用して、カイに変身してしまおう。
敵がカイの能力をコピーした場合、高確率で通常攻撃しかしない(HP減少時は「エンジェル」)。こちらのカイ(ナルシア)のターンが回ってきたら、すかさず「ブルーミスト」を使おう。高確率でほとんどの敵をマヒにしてくれる。
味方のレベルが高すぎると、コピー相手にこちらが通常攻撃をしても高確率で「Miss」が出てしまう。が、マヒ中は回避率が0になるらしく、通常攻撃が難なく当たるようになる。
「ナルシアはカイになる」「カイはブルーミストを使う」、この二手間を入れるだけで[まがどり]戦が非常に楽になる。ぜひとも活用していただきたい。

○氷の神殿

115 ジェネレーター(せいなるみず)
116 デーモンロード(みかづきとう)
117 アイスマン(グレートクラブ)
118 ケルベロス(めがみのうでわ)
119 ブルーヒドラ(こおりのまもり)
120 レッドヒドラ(ほのおのまもり)
121 ゴールドヒドラ(かみなりのまもり)
122 カロン(カロンのつえ)

・・・「みかづきとう」「グレートグラブ」「ゴールドグラブ」「トゲトゲシッポ」「カロンのつえ」はここでしか取れない。
「みかづきとう」は攻撃力が高く、早さが+50もされる白騎士用武器。人によっては「はじゃのけん」よりも使い勝手が良いと感じるだろう。[デーモンロード]はナルシア最強武器の「マジカルロッド」も落とす。また、既に宝箱から入手しているであろう「まおうのグラブ」も落とす。ちなみに[デーモンロード]は、神殿の上層階(確か5F)で確定で3体出現する。そのマップでは他のモンスターが一切出現しない。
「ゴールドグラブ」は図鑑に載らない[アイスマン]のドロップアイテム。というか、図鑑に載る「グレートグラブ」よりもドロップ率が高いため、「グレートグラブ」狙いで勝手に複数個溜まっている可能性が高い。
「トゲトゲシッポ」はヒドラ系が共通で落とすドロップ専用の換金アイテム。ヒドラ系は、手早く倒さないと逃げることがあるので注意。
氷の神殿は全体的に足場が悪いので、遠距離攻撃手段がないと戦闘が長引くことになるが、そこで注意したいのが[レッドヒドラ]。
[レッドヒドラ]は火属性攻撃のダメージが全て「1」になってしまうので、ガミガミ魔王の投射系の攻撃(ガミガミミサイル、キャノン、ねずみはなび)が一切通用しない。ガミガミ魔王は、できるだけ隣接させて直接攻撃ができるようにしたい。
「カロンのつえ」は「マジカルロッド」と甲乙付けがたい高性能のナルシア専用武器。ドロップ率が低く、高確率で「ありがたいみず」しか落とさないが、頑張ろう。

[ジェネレーター]は氷の神殿の地階にしか出現せず、エンカウント時は必ず[デーモンロード]をサポートする形で3体同時に出現する。レアアイテムは持っていないので、図鑑が埋まったら以降は無視してよいだろう。
氷の神殿の上層階には、[ソードデーモン]しか出現しないフロアもある([デーモンロード]しか出ないフロアの1階下)。図鑑に載らないドロップレアとして、[ソードデーモン]は「ちからのもと」を持っている。仲間の強化に興味があれば、粘ってみるとよいだろう。

氷の神殿をクリアすると、全ての敵モンスターが消滅する。

「ちからのもと」「まもりのもと」集めや「ゼンマイ」集めなど、エンディングを見る前にやり込む要素はまだ残されているので、クリア前にデータの複製は忘れずに。

---

この記事を書いている時点で、「きょじんのグラブ」「はじゃのけん」「グレートグラブ」「みかづきとう」「こんじょうグラブ」が未入手です。
「でなおしランプ」を白い村の民家に設定して、氷の神殿の3F(比較的足場がよい)との往復を続けています。

白い村は情報がないと見つけるのが困難に思いますが、簡単な見つけ方として、「氷の神殿の入り口からまっすぐ南下する」という方法を見つけました。
他の攻略サイトの行き方を辿れば難なく見つけられると思いますが、困った時は活用してみてください。

ちなみに『ポポロクロイス物語』はピエトロのレベルが40程度あればラスボス撃破が可能ですが、
図鑑&アイテムコンプの2周目データは現在レベル62です。
初回プレイのラスボス戦はレベル41で挑んで、詰みを意識させられるくらい苦戦しましたが、適正レベルを大幅に上回っている2周目だと、どの程度あっさり倒せるものか・・・。楽しみです。
スポンサーサイト
別窓 | ポポロクロイス物語 | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |