王だぁランド感想
2015-05-06 Wed 09:14
無限徹底も無事カンストし、討鬼伝極をクリアしました。
それに関しては後日丁寧に書くとして、今回は以前落としたものの積んでいた『王だぁランド!』という3DS用DL専用ソフトの感想を書きます。

以前、「ちょっと触ってみたけどよく分かんない」「今の私にはハマれない」という否定的な感想を書きましたが、
じっくり遊んでみたことで、良さがちゃんと理解できました。
『王だぁランド!』、楽しくて良いゲームです。
ただ、慣れるまでに時間と手間がかかることは間違いないので、その点はやはり「人を選ぶ」だろうなと思います。

以下は3つのゲームモードを一通り遊んだ感想。
そもそも『王だぁランド!』には3種類のモードがあって、それぞれゲームクリアに至るまでの工程が全く異なります。
(目的自体は「魔王討伐」で一貫している)

ゲームを起動して、まずやるべきなのが「ボクも世界を救いたい!」という通称「ボクせか」モード。
このモードでは、勇者候補生を育成して、期日に無事一人前の勇者として登録されることを目指します。
(私は初回プレイでこのモードをやって投げましたが)
(残り2つのモードは難易度がさらに高いので、このモードから手を付けないと話にならない)

ボクせかモードで作成した勇者は、残り2つのモードでデータを利用することができます。
つまり、ここで強い勇者を作っておけば、他のモードの難易度がグッと下がります。

というわけでボクせかモードを腰を据えて始めた結果、
最初に作った勇者は最終レベルが16。
・・・うーん、低い。1周目だからチュートリアル的な感じでプレイしたせいだけど、もっと効率化しないとダメだ。

ニューゲームから勇者1人を登録し終えるまで、かかる時間はおよそ2時間です。
結構サクサク進むので、サクサク2周目にとりかかりました。
そして、最終レベル25。まだだ! 低い!

サクサク3周目。
今度の最終レベルは34止まりだったけど、討伐を依頼されていた難敵(推奨レベル56)をとくに苦戦せずに倒せたので、満足のいく育成結果になりました。
もう少し効率化すればレベル40くらいまで伸ばせそうな気がしますが、とりあえず34あればボクせかモードでは十分なようです。

サクサク3周やって、6時間もこのゲームをプレイしていたことに気が付き、「ああ、完全にハマってるわ」と自覚。
次はボクせかモードをやめて、「王だぁ!」モードで遊ぶことにしました。

王だぁ!モードは、「王様になって内政を治めつつ魔王討伐を目指す(手段は複数ある)」という、通称王様モードと、
「勇者(ボクせかのデータが使える)になって、世界を冒険しつつ魔王討伐を目指す」という、通称勇者モードの2種類が遊べます。
ちなみに、ゲーム内で王様モードの場合は「王様をやめる」、勇者モードの場合は「建国する」を選ぶことで、もう片方のモードに切り替えることができます。なので、厳密に2つのモードに分かれているわけではありません。

というわけで王だぁ!モードを選び、見るからにシステムがめんどくさそうな王様モードは後回しにして、気ままな勇者モードをプレイすることに。

前述のレベル34の勇者でスタートして、適当に仲間を集め、順調に名声を500まで稼ぎました。
名声が500ないと「でんせつの○○」(剣など)が報酬に設定されているクエストが受注できないため、とりあえず当面の目標としてがんばったわけですが・・・
いざクエストを受注しても、討伐対象のモンスターが出るダンジョンに入れない。
・・・というか、入ることには入れてるんだけど、ダンジョンのレベルが低くて討伐対象が出てこない。
うーん? これはどうすればいいんだ? 探索が足りない?

このゲームはググっても攻略情報が期待するほど充実してないので、とりあえず勇者モードは置いておいて、
王様モードを観念してプレイすることに。

王様モードは、『信長の野望』とか『三国志』みたいなゲームが好きな人なら全然抵抗のない作りをしてると思うんですけど、
私は今までその手のSLGを避け続けて生きてきたので、画面の情報を見ただけで「うわっ、苦痛!」と思っていました。
(それでも購入したのは、ボクせかモードと勇者モードが楽しそうだったから)

でもまあ、もしかしたら「王様モードで内政した結果が勇者モードにも反映される」みたいなことが起きるかもしれない(※)と思い、王様モードをニューゲーム。
(※王だぁ!モードのクリアデータには引き継ぎがないので、連動要素は一切ありません)

バッドエンドになったらその時はその時で、とりあえずクリアまでやってみよう、と決意。
・・・結果、よく分からないままダラダラやっても「詰み」になることがほぼないことが分かったので、王様モードでやれることがだんだん分かってきたところで、魔王を討伐しました。無事、グッドエンドでクリア。
(といっても、エンディングの種類はマルチではなく、ゲームオーバーかクリアかの2つしかないと思われますが)

王様モードでは、魔王を倒す手段が複数あることと、
派兵をすることで自国の領土を増やしていくことが可能なので(増やしまくることにメリットはないけど)、プレイヤーの遊び方次第でやれることがいくらでもあるモードだなと思いました。
ただやはり、私にとって苦手なタイプのゲームなことに変わりはないので、遊び尽くす意欲が湧く日が来るまで、王様モードはまたしばらく寝かせようと思いました。

話を戻しますが、王様モードをクリアしたことで「勇者モードとの連動は特になさそう」ということが分かったので、
中断セーブしていた勇者モードに戻ることに。
そして諦めて「ダンジョン 深さ」などの単語を入れてググった結果、「ダンジョン選択時に右を押せば深さが変わる」という、「どっかに書いておいてよ~!」としか言いようがない情報がヒットしました。
ダンジョン探索は、初回の探索が成功すると自動的に深さが更新されるので、2回目以降も自動で更新されるものなんだろう、という誤解を招きやすいと思います。はー、マジ罠だわー。なにこれー。

というわけで、気を取り直してダンジョンの深さの更新を始めたらハマってしまって、気付けば勇者のレベルが75に。(中断した時点で60ぐらいだった)
これだけ上がれば魔王も倒せるんじゃないの?と思い、魔王の本拠地に行った結果・・・さすがラスダン、キリがないと思えるくらいの連戦をさせられました。
(ちなみに「でんせつの○○」はどの町で該当クエストが受注できるのか探すのが面倒になったので、未入手)

レベル75まで上げてあったとはいえ初回プレイだし、仲間の勇者の編成がテキトーすぎたので、連戦の途中で「あ、これ無理だ」と確信させられる展開に。備えが足りなすぎた。
仲間はAI操作で、勇者が行動を指示することはできないので、仲間のスキルや魔法がテキトーだと魔王討伐は困難を極めると思います。
伝説の装備を集めればなんとかなる問題かというと・・・うーん、どうだろう。

使えるスキルや魔法を持った仲間と挑戦し直そうにも、初期レベルが75の勇者なんていないので、仲間のレベル上げからやり直すことになります。

うん。諦めよう。
最初からやり直そう。

というわけで、『王だぁランド!』の全てのモードをだいたい遊んでみた結果、勇者モードだけクリアできなかったので、
もう一度・・・いや二度「ボクせか」モードに戻って、魔王討伐専用の勇者を登録してから挑み直そうと決意したのでした。

結局、『王だぁランド!』で不満として残ったのは「ボクせかモードで中断セーブができない」ことと、上記の「ダンジョンの深さ」に関することだけ。チクチク遊べて時間を忘れられる、良ゲーです。
(最初は戦闘画面の高速スクロールができないのも苦痛だったけど、LかRとA同時押しで高速スクロールできることが攻略サイトを見て分かったので、ほとんどの不満の残らない感想になった)
(もしかして説明書を見たら載ってる操作なのかもしれないけど、DL専用ゲームはチュートリアルが充実してるものなので、基本的に説明書開かないです・・・)

ボクせかモードで中断セーブができないのは、作成した勇者のデータをQRコード化することで他プレイヤーと交換できる機能があるので、リセットマラソンで不当に強い勇者を作り出すのを防ぐためなんだろうなと思います。
でも勇者を交換したい友達なんていないので、普通に快適さの面で中断セーブ機能ほしかったですけど・・・。

---

個人的に、勇者モードの「ファンタジー世界を歩き回って、好きな時にやりたいクエストを受注する」という自由度の高さはかなり好みです。
また勇者モードに戻るために、ボクせかモードがんばるぞ~!
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |