最近使った献薙刀と壊棒
2015-05-04 Mon 14:41
攻太刀の便利な使い方がやっと開拓できたように、
今までスルーし続けていた献スタイルも使ってみることにしました。
献は捨身供儀が常にスリップダメージを受けるので、一番相性の良い武器は薙刀。
流転がうまいことキメられれば、スリップダメージもなんのそのです。

次点で鎖鎌、次いで双刀でしょうか。
鎖鎌は、飛び退き打ちやら何やらで空中回避が結構がんばれます。
ただ、瞬迅印で飛びすぎると仲間が捨身供儀の範囲から外れて本末転倒になるので、熟練者でないと使いこなすのが難しいと思いますが。

双刀は、瞬落が使いこなせれば、捨身供儀を使うことにそれほど抵抗もなくなる気がします。
私は瞬落を誤爆でしか使ったことがないので(入力してもうまくいかないし、想定してない時に唐突に出る)、双刀で献を使いこなすのは考えられません。

というわけで、苦手な薙刀の練習がてら使った献スタイルの構成が以下。

<甲斐姫(献)>蝶の舞、命ノ楔強化・回復力、捨身供儀強化・吸生、捨身供儀増加+2
<藤原定家(献)>献身強化・五大、献身強化・軽功、属性攻撃・吸気、再始動
<藤原不比等(空)>英霊の激励、捨身供儀短縮、捨身供儀強化・連動、英霊の加護

デフォだと2回の捨身供儀を4回に増やす唯一のミタマ・甲斐姫が「蝶の舞」(流転の気力消費減少)を覚えるって、完全に「薙刀で行け」って言ってますよね。

この構成で、普段迅太刀で7分台だった極級アメノカガトリがアベレージ6分台になりました。薙刀ぜんぜん上手くないのに、結構ショック。
また、魂銃で7分前後だったウロカバネが、やはりアベレージ6分前後になりました。
どちらもNPCを連れたオフソロです。うそ・・・献スタイル強い・・・!?

アメカガもカバネも厄介な状態異常持ちなので、捨身供儀を発動してやると仲間の手数が圧倒的に増えます。
他の鬼でここまで劇的な効果が得られるかは分かりませんが、この2頭はどちらも流転のタイミングが取りやすいのもあって、献薙刀の効果が非常に高かったです。

とくにアメノカガトリは、マップに入った瞬間にこちらに突進してきて、食らうと確定で気絶する攻撃をしてきます。
普通なら、一度でも食らえば「入った瞬間に注意だ!」と記憶するものですが、NPCが一緒だと、悲しくなるくらい学習しません。うんざりするほど毎回ピヨる。
オフでアメカガに挑む時は、捨身供儀の即使用が本当に有効です。

上記の構成は「捨身供儀強化・連動」が付けてありますが、連動マジで便利です。
献のタマフリの中でも献身は、最も使い勝手が良いわりに使用回数が少ないという難点がありますが、連動があることで、献身の回数が実質2~4回増加します。これだけあれば、単体任務で献身切れになることはあまりありません。
また、「命ノ楔強化・回復力」が付けてあるので、捨身供儀中のスリップダメージの回復速度が速いです。
ちゃんと攻撃を当てて吸生の恩恵を受けていれば、効果時間終了後に命ノ楔の効果でいつの間にか体力が元に戻っている、なんてこともあります。

あとは、上記の構成だと「英霊の加護」「再始動」が運要素の高いスキルなのでアテにはできませんが、
捨身供儀使用→加護発動で回数減ってない→捨身供儀終了→再始動ですぐ使えるようになってる、ということがたまに起きます。
要するに、タダで献身・命ノ楔・捨身供儀が丸ごと使えたという状態。オイシイ! 楽しい!

上記の構成は、甲斐姫が完全固定で、定家が気力維持、不比等が短縮と連動を担っています。
不比等も便利なので替えづらいですが、定家は手持ちの武器に合わせて別のミタマに替えても良いと思います。
上記は一例として、ご参考ください。


あと、おまけで、猛進スタイルの壊棒をまた使ってみました。
猛進スタイルは「ダサい」から使いたくない、ということを以前の記事で書いていますが、
オフで快適にイヅチカナタをブチのめせるなら手段は問わない!という状態になっていたので(異方集めに飽きた)、以前とは異なる猛進構成を組みました。

その構成が以下。

<伊賀局(壊)>力自慢、鎧割延長+10、壊特化・増幅、猛進閃
<碓井貞光(壊)>精神統一、鎧割強化・増幅、壊特化・増幅、一閃
<長谷川平蔵(攻)>精神統一、一閃、壊特化・増幅、逆鱗

この構成、反則的に強いですね!
オフで進行度十六のイヅチが3分02秒で終わりました。速すぎィ!
(NPCは富嶽、大和、相馬に「攻」指示)

以前のはオノゴロ相手に壊特化・延長を意識して組んだ構成で(失敗しま)したが、
今回は「力自慢」「猛進閃」「精神統一」「一閃」を軸に組んだ結果、「壊特化・増幅」がたまたま3積みになって、トンデモ火力を叩き出す結果になりました。
前に、トコヨノオウの足にひたすら猛進△最大溜めを当て続けて完封する動画を見たことがあるんですけど、あの動画の構成もこんなだったのかな?

しかしこの構成は、「うまくハマれば強い」というものなので、失敗率も当然そこそこあります。
今回は相手がイヅチで、「タマハミされる前にぶっ倒したい・本体が祓えればいいから部位破壊はどうでもいい」という状態だったので、仲間がビーム食らってタマハミ化される→即離脱でやり直し、ということを結構な回数繰り返しました。
で、たまたまうまく行ったときのタイムが3分02秒。

失敗したぶんのタイムも合わせて平均を取ると、普通に倒すのと同じくらいの時間はかかってると思います。
タマハミイヅチは攻撃力がとにかく高いうえに、叩ける部位も少なくてストレスが溜まるので、普通に相手するよりはやはり「楽だ」と感じますけど。
(成功したのは3~4回に1回くらい/離脱する時は開始1分以内のことが多いけど、ロード時間もまあまあばかにならない)

もうイヅチカナタの素材はいらないので、オフソロで倒しに行くことはないと思いますが、
対イヅチの最適解は、「異方集め(タマハミ化させない)なら猛進壊棒」、「呑魂の触手集め(タマハミ化させる)なら壊銃」だと思います。

---

今やっているのは、合成で消費してしまうハヤヒ武器・トコヨ武器・イヅチ武器の作り直し。
素材だけ集めて、強化は無限徹底でハクが増えたら一気にやってしまおうと思っています。
それが済んだら、討鬼伝極クリアだー。
スポンサーサイト
別窓 | 討鬼伝(無印&極) | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |