vsオンジュボウ○番勝負
2015-02-25 Wed 23:29
○番、と書きましたが1戦しかしてないです。
その時のスキル構成の備忘録。
結論としては、「壊スタイル強い!」というもの。
オンジュボウとショウケツジュは、サイドステップを駆使してこちらの攻撃をかわしがちなので、手甲だと相手をするのが面倒です。
しかし脚は砕属性と好相性のため、練習も兼ねて金砕棒で行くことに。

行った任務は里の13章、天狐はなしです。

1 壊棒(名奉行)
<曾我時致(壊)>断祓強化・延長、鎧割強化・連動、断祓強化・早手
<碓井貞光(壊)>精神統一、会心力上昇【大】、猛進閃、一閃
<芹沢鴨(空)>鬼千切皆伝、布津御魂短縮、精神統一
4分37秒 NPC富嶽、大和、相馬

壊はほとんど使ったことがないスタイルですが、極級のオンジュボウが5分足らずで終わるとは・・・! 衝撃!
上記の構成は曾我時致と芹沢鴨のレベルが12になっていませんが、極スキルとしてそれぞれ「断祓強化・霊力」「闘志」を覚えるので、ハクに余裕があればレベルMAX運用がオススメです。

壊スタイルは今まで、布津御魂強化・周囲を軸に布津特化構成しか使ったことがなく、使用感も「なんかイマイチ」というものでしたが、上記の使用感は文句なし。

断祓早手が付いているので、断祓発動中は短時間ですが科戸ノ風と同じような状態になれます。
断祓延長も付いているので、霊力(断祓部位を千切ると武器ゲージアップ)との相性もグッド。・・・霊力付けないまま出撃しましたが。
鎧割と連動させているので、鎧割使用時にも(断祓同時発動中だけ)プチ科戸ノ風状態に。

鎧割と断祓は、敵の部位を全てマガツヒにしてしまうと使用する意味がなくなるタマフリですが(鎧割は部位破壊が早くなる効果あるのかな?)、早手を付けることで既に千切った相手にも使用する意味が出るので、タマフリの使い甲斐があります。

あと、オンジュボウはタマハミ時にバスケットボール(通称)を手に持ちますが、あれって結構耐久力低いんですね。赤オーラ纏い状態で何度か殴る→千切れる→オーラ延長、という便利なループに入り、強化状態を維持したままさっくり討伐できました。
オンジュは足に豪打しようとして腕に吸われることが多いのですが、そのおかげでボールにうまく豪打が当たりやすい。

壊スタイルは、鬼千切・極の権利が回ってくると本当に強いですね。無強化から赤~紫オーラまで一気に強化できる。
権利が確実に自分に回ってくるソロプレイで真価を発揮できる気がします。

上記は棒で使う前提の構成なので、他武器であれば碓井と鴨は入れ替えの余地があると思います。
棒は猛進+一閃がとにかく強いので、オーラ維持を無理に意識する必要はないと思いますが、他の武器だったら壊特化・延長も積んで使いたいかなあ。

オンジュ素材もまだまだ足りないので、いずれ続きの連戦をします。

---

以前「タケハヤミの蒼水毛の要求数が異常」という記事を書きましたが、ハヤミ素材の救済任務の存在をすっかり忘れていました。
その任務とはズバリ、ファミ通付録DLC任務「狐日和」。

討鬼伝の雑誌付録といえばミタマか防具しかなかった中での、初の付録任務DLC。
このDLCで手に入る素材を使うことで、麻痺銃が作れるようになります。
しかし素材の要求数が非常に少なかったため、付録任務2種類を1回ずつやって最終強化までできてしまいました。そのため、二度とやることもないだろうと思い、任務の内容も頭の中から消え去っていました。

いやー、まさか付録DLCのターゲットがタケハヤミだったとはね!
しかも、ハヤミはタマハミ後に全部位が再生するので、戦っていて明確に「前半戦」「後半戦」がある鬼ですが、この任務のハヤミは最初からタマハミ化しているので「後半戦」から始められます。
以前書いた迅太刀構成+壬生狼刀で、この任務に挑んでみたところ・・・そのタイム、なんと2分40秒。

「5分で倒せれば理想」なんて言ってた過去が本気でバカバカしくなる、どえりゃータイムです。こりゃいいや!
10分もかけてハヤミ倒すなんてもうしない! これからは3分で付録任務を回します! ファミ通ありがとう!!

救済任務が有料という事態が乱発されるようになれば、間違いなく叩かれるだろうと思いますが、
雑誌の付録程度なら全然買うので、これからもたまに救済DLCを付けていただけると個人的には嬉しいです。
PSストア経由で有料配信、とかだけはマジでやめてもらえれば。よろしくお頼み申します。
スポンサーサイト
別窓 | 討鬼伝(無印&極) | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |