やはり最強は猛進閃なのか
2015-02-17 Tue 23:23
昨日は夜リアル知り合いと共闘して、夜中に伊集院光のラジオをつけながらオンに繋いだら、えらく快適な部屋を見つけてしまって、ラジオが終わってもずーーーーっとやってました。
1日であんなに討鬼伝どっぷりやったの、めちゃくちゃ久しぶり。っていうか初めてかもしれない。
その快適な部屋は、金砕棒使いの人が異常な強さでした。チートやってないか心配になるレベル。
人別札見てもおかしな内容はなかったので、単純に「めちゃくちゃ上手いプロノフ」だったんだろうなぁという結論に。
たぶん、発止(敵のモーションをキャンセルさせる)の使い方がうまかったんだろうなぁ。
私は普段棒を使わないので、発止なんか当然使いこなせないんですが、上手い人が使うと本当に違うんだなぁ。

どのくらい早かったかというと、並ノフが4人集まって15~20分かかる任務(DLCなので敵が強め)が、その人がいることで10分程度で終わったほど。衝撃的な早さだった。
(任務に合わせて細かくスタイルを変える人だったので、どういうスキル構成だったのかは追えなかった)

これは、もう、完全に棒を見る目が変わりましたね。
一撃が重い武器は好きなので、棒はいずれ練習したいと思っていましたが、自分も早くあの境地に達したいという気持ちになりました。

で、とりあえず猛進閃+一閃という鉄板の火力構成で棒を使ってみたところ・・・
他の武器だと10分程度で終わる任務が、5分ちょっとで終わって、またしても衝撃。
金砕棒、やばい。強い。

猛進閃は無印の時に弓で使い過ぎて、完全に飽きていたので、極では使わないようにしていました。
そもそも、猛進発動に必要なダッシュ時間が無印の頃より長くなってて、使い勝手が悪くなってたし。

しかし、棒と合わせた時のこの討伐時間の早さ・・・
オンに行く時はもうちょっとサポート寄りの構成をしたいので、構成を練る必要がありますが、
オフでやるぶんには猛進閃と一閃×2と精神統一×2があればかなりの火力を発揮できますね。

無印では「猛進閃、一閃、英霊の激励」が使える大石内蔵助を弓で酷使していたのですが、
極でもやはり同じスキルに頼ることになりそうです。(内蔵助は今のところ使ってない)

まだまだ豪打が下手くそなので、オンで棒は使わない予定ですが、
オフでちまちま練習していきたいです。
ああ、また極でやりたことが増えた。

---

今週あたりから中文版の画像をまた上げようと思っていましたが、
極を起動してオンに遊びに行ってしまう時間が増えたため、更新する時間が取れていません。
極熱がもう少し落ち着くまで、気長にお待ちください。
スポンサーサイト
別窓 | 討鬼伝(無印&極) | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |