ゲームについてダラダラと
2015-01-23 Fri 08:43
PSNの接続不良に関するお詫びで、PSストアで使える10%引きクーポンが貰えましたね。今日から25日まで使用可能。

でもこれ、よく読んだら据え置き機orPCからの利用のみで携帯機では使えないことが判明したので、
せっかくゲームアーカイブス眺めてワクワクしてたのに、どうしよう、という気分です。

「やりたいけど、今が買い時か?」と悩んでたゲーム、いろいろあるんだけどなあ。いい機会かと思ったんだけど。
私が最もゲームにハマっていたのは、97年~00年のプレステ・ポケステ全盛期でした。

なので、任天堂ハードのバーチャルコンソールと比較してみると、ソニーハードのゲームアーカイブスのが惹かれるゲームが圧倒的に多いんですよねえ。
1本600円だから片っ端から買っていい気はするんですけど、実を言うと私が使っているVitaは私のものではない(借り物のため、登録されているのは私のPSNアカウントではない)ため、勝手にVitaにゲーム入れると「人の財布でゲームを買う」状態になってしまいまして。
iOS用アプリとか、3DS用ソフトだったら本当に気兼ねなく落とすんですけど・・・。

自分用のVitaを用意したところで、討鬼伝のデータは借り物のPSNアカの中にあるため、現状ほぼ出番はない気がします。
でも、アーカイブスでやりたいゲームが10個も20個もあるんだったら、さすがに自分用に新調するべきかなぁ。
600円とはいえ、20個買えば1,2000円ですもんね。

以下は、私の同世代の方以外は読んでもあまり意味がないと思われる駄文。

<今すぐ買う気にはなれない・・・けど心惹かれているゲーム>
・ヴァルキリープロファイル - 1作目が「レナス」という副題をくっつけてPSPに移植されたものの、その後音沙汰なし。アーカイブスで配信もされていないため、Vitaで遊ぶ手段がない。なぜなのか! これTVCMが抜群にカッコ良くて、やってみたかったんだよなぁ・・・。結局やらなかった理由は、当時私がスクウェア厨だったため「エニックスのゲームだから」。

・ゼノギアス - 『チョコボの不思議なダンジョン』のおまけディスクにて、体験版はプレイ済み。当時からやってみたかったんだけど、「ロボが出てくる」という理由により結局敬遠したまま。中世ヨーロッパ風ファンタジーが一番好きでして。
でもゼノギアスはマジで購入を検討して、最近になっていろいろ調べた結果、「実は壮大なストーリーのエピソード5にあたる」「100万本売れなかったのでゼノサーガになった」など残念なことがいろいろ判明。エピソードが途中で止まるって、オウガバトルと同じやつですやん。ハマったところで悲しくなるやつですやん・・・。
でもゼノギアスは、FF7でクラウドが廃人化した時「大いなるゼノギアス」ってムダに呟く程度には当時のスクウェアが力入れてたんで、やってみたいです。いつかね。

・ポポロクロイス物語、2、ポポローグ - ポポロシリーズ。やるなら3作全てやる気で挑みたいので腰が重い。
ちなみにポポロシリーズって、ピエトロの息子を主人公にした続編が出てたんだけど、不評すぎてそのままシリーズが終わったみたいですね。しょっぱい。

・デュープリズム - 聖剣伝説LoMのおまけディスクで体験版はプレイ済み。当時のPSゲーでは主流だった、表面がカクカクしたパーツを組み合わせて、出来るだけ丸みを持たせて人間らしく見せたキャラの造形に、今プレイしても耐えられるのかが分からない。難易度は鬼畜じゃないと思うので、やり始めたらクリアまで早そうな印象

・ブレイブフェンサー武蔵伝 - 発売当時FF8の体験版のおまけゲーム扱いされてたやつ。デジキューブが一番元気だった頃のゲーム。FF8発売直前は『ファミ通ブロス』という雑誌でさかんに武蔵伝の特集が組まれていたため、未プレイだけど思い入れは結構ある。これもデュープリズム同様、ポリゴンに耐えられるのか・・・

・チョコボの不思議なダンジョン2 - 前作『チョコボの不思議なダンジョン』があまり肌に合わなかったため、チョコボはめちゃくそ可愛いと思うんだけど買わなかったやつ。携帯機でプレイ可能な今なら全然遊べる気がする。ていうか、まず前作またやりたい気分。

・ダイスDEチョコボ - 当時、『チョコボレーシング』『チョコボスタリオン』と本作を3本セットで『チョコボコレクション』という名で売っていた。1本も持ってなかったら食指が伸びたかもしれないが、『チョコボレーシング』購入済みだったため見送り。
ダイスゲーは総じてクソゲーだと思ってたんだけど、本作は全然クソゲーじゃないみたいなので今になって気になっている。
というか、『桃太郎電鉄』か『いただきストリート』を少しやりたい気分になったので、アーカイブスとコンソールで検索したんですけど、どっちも0という衝撃の検索結果! 全く配信されてない!! びっくり!
そのため、このゲームに白羽の矢が立っている状態。

・エリーのアトリエ - 1作目のマリーのアトリエは面白かったけど、それからリーズのアトリエ(DS用)をやるまで、長いことアトリエシリーズはノータッチだった。エリーはマリーの正統進化だと思うので、今購入をマジで考えてるソフトベスト3。
他にDLで買える未プレイアトリエシリーズとして、岸田メルが描いてるシリーズ3作と、左(討鬼伝のキャラデザと同じ人)のシリーズ初作(これもおそらく三部作)がある。気になるけど、3作はなかなか重い。
ユーディ―、ヴィオラートはPSP版を買ってやったものの、未クリア。ユーディーは終盤何すればいいのか分からなくなってダレて、ヴィオはユーディーの直後にやったため飽きが早かった。

・高機動幻想ガンパレード・マーチ - 知り合いの家にあったのでちょっとだけ触ったことがあるが、やはり「ロボが出てくる」という理由により敬遠。あとウィンドウ画面とかフォントとか、細かいデザインが好みじゃなかった。「さぞ面白いんだろうなぁ」という憧れだけを抱いて、たぶんこの先もやらない。

・スターオーシャン セカンド・ストーリー - 当時から気にはなっていたが、「エニックスだから」という補正と、「宇宙に興味がない」ためやらなかった。アニメ版で主人公の声優が結城比呂だったため、今も気になっている。でもたぶんやらない。

・アークザラッド2 - アニマックス(元はWoWoW)で放映していたアニメ版を当時一生懸命見ていた。アーク超かっこいい。声が結城比呂だし(アニメ封神演義で太公望をやってたせいだと思うんだけど、結城比呂ボイス好き)。
1作目はアークが主人公なんしょ!? 中古で買えたらやろうかな~! と思ったが、1作目のアークのデザインが私の期待を裏切る暑苦しいものだっため購入を断念した。私の好きなアークと違う、誰やこれ。
調べたところ、1のデータは2に、2のデータは3に、と、育てたキャラの引き継ぎ要素がある模様。今アーカイブで落としても有効なのか? なんにしても、1作目のアークに愛情が湧かないためやらない。

・サモンナイト - 戦闘画面がFFTに似ている&黒星紅白の絵が可愛いため少し気になっていたが、ウィンドウカラーがピンク色だったりするポップさが好みに合わず、見送り。サモンも結構続くシリーズになりましたね。気になるけど大体やらない。

・魔界戦記ディスガイア - 日本一ソフトウェアの面白いゲーム。絵が可愛い。面白いんだろうなあ。やらない。

・パラサイト・イブ - 昔知り合いに「クリアできない」と言われ、貸してもらえたのだが、私もクリアできずエンディングが見れなかった。でも天野シロがコミカライズしていた『パラサイト・イブ』を読んでいるので、なんとなく想像はつく。
操作が確かバイオとかと一緒。主人公の向きを指定→十字キー上で前進、という感じ。600円で買えるならもう一度やりたい気持ちはあるが、移動の操作を思い出すだけで萎えてしまう。2、3(3なんてあったのかよ)も配信されているが、1とは別ゲーっぽいし、ますますやらないだろうなぁ・・・

・ブレスオブファイア3 - アーカイブで配信されてるのが4のみ。3だってPSソフトじゃないですか・・・なんで無いんですか・・・。ブレスシリーズは全くやったことがない。
木下ともたけがブレス3の名場面(ティーポに関する部分)を1話だけコミカライズしたものを読んだことがあるため、「あの場面に繋がる部分プレイしてみたいな~」という思いはある。配信されてないんで叶わないですけど・・・

・テイルズオブデスティニー - TOD。テイルズシリーズ2作目。啄木鳥しんきがコミカライズしてたものを読んでいたため、思い入れがなくはないが、当時から「テイルズシリーズは私のものじゃない」(ブームに置いてかれた負け惜しみ)という気持ちがありやる気はない。

・火星物語 - むつきつとむのコミカライズを読んでいたため、クエス姫の話だけは少し知ってる。元のラジオとかは全然知らない。これもアーカイブで配信されてないため、プレイできない。配信される気配もないなあ。

・クラッシュバンディクー - リンゴを食べるオレンジ色の生き物のアクションゲーム。PS初期から結構気になってたけど、面をクリアしていくスーパーマリオ型のアクションゲームを今からやる元気があんまりない。常々ハンティングアクションに忙しいもので。
ちなみに私がガチでやり込んだスクロールタイプのアクションゲームは、『風のクロノア』だけ。クロノア可愛くて本当に大好きです。もう何年も音沙汰なくて悲しいですが。

・エアガイツ - クラウドとかセフィロスとかが出てくる格ゲー。でも今はそれよりクエストモードやってみたい気持ちがある。でもそれなら不思議のダンジョンやれよ、って話になって、エアガイツのプレイは見送られる。
どうでもいいけど、FF8のゼル用の装備に「エアガイツ」ってありましたね。

・クライシス・コア ファイナルファンタジー7 - FF7コンピレーションの最後の1作。ていうか、FF7コンピは結局ACしか追えませんでした。
BCはPHSユーザーだったため出来ず(そういえば原作のFF7の中にPHS出て来てたのに、この仕打ち!)、DCはヴィンセントにあまり思い入れがないのと、RPGじゃなかったので見送り。いろいろとクソだったみたいなので、買わなくて正解だったみたいですが・・・。
で、このCCはトレーラーを見て「うわ!声優ヘタクソ!!!」という感想と共に、「面白そうだったらワンチャンPSPごと購入あったけど、ねえわ」ということになったのでした(当時はPSP持ってなかった)。でもCCの評価を見ると声優について言及されてないし、もしかしてゲーム中で喋らない・・・?もしくは別に下手じゃない・・・?
でも、元のFF7と矛盾する設定が結構あるらしいので、やっぱりあまりやる気出ないです。気にはなるんですけどね。

・BLACK MATRIX - どうやらSLGらしい? DNAコミックスがアンソロジーコミックスを出していて、美川べるのなんかも漫画載せてたんで、良ゲーなんだろうなぁという印象。検索したら配信されてませんでした。元はセガハードのゲームみたいだけど(ソニー・任天堂どちらも移植済み)、いつか配信されるんだろうか。

・BAROQUE 歪んだ幻想 - 昔よく見に行っていたイラストサイトの管理人が、FFT絵とバロック絵を結構描いてたので少し気になっていた。今、PSplus加入者だけ無料で落とせるバロックがありますけど、それは続編らしく私が気になってるやつとは違うっぽい。ていうか、ネットのレビュー見ると設定がかなりダークっぽいので、まず絵面とかに耐えられるのかが分からない。気になってるけど大体やらない。

・ワイルドアームズ - PS初期、ソニーが『ポポロクロイス』『アークザラッド』と並べて3本柱として注力してリリースしたシリーズ。ということを、わりと最近になって知った。結構シリーズ続いてるし、良ゲーっぽい噂は聞いているので若干気になる。でも大体やらない。

・ガングレイヴ - 『トライガン』などで人気の漫画家・内藤泰弘キャラデザの、ハードボイルドに見えるバカゲー。ストーリー概要はネットで読んじゃった。一度触ってみたい。10分で満足するのは分かってるんだけど。


主にスクウェアゲーについて書こうと思ってたんだけど、大いに脱線してとんでもない長文になった。
でも今回はPS~PS2ゲームのことしか書いてないので、スーファミやNINTENDO64の懐古記事をそのうち書くと思われます。

今日のぶんの討鬼傳まとめは後ほど上げます。ちなみに、ストーリー比較は明日で終了です。
というか、こんな駄文を書いたのはPSNのクーポンのせいもあるけど、定期的にやってくる「何も考えずにやれる作業ゲーやりたい」欲が高まってきたからで。本当に定期的にやってきます。
欲が引いたら討鬼傳比較をまたゴリゴリやりたいと思うので、向こう1週間はあまり更新を期待しないでください。よろしくお願いします。
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |