討鬼傳二章~任務の帰り
2015-01-20 Tue 12:56

そういや、てめえどっから来た?
ウタカタの出身じゃねえって話だが


霊山ではありませんか?
あの辺りは人材も豊富ですし
(ウタカタ以外にも里が?/霊山?)


まあ、ご存知ないのですか?


説明いたしましょう


おい、こいつに説明させると長く……


ここ、中つ国は、ウタカタを含む
複数の里によって周囲を守られています


ウタカタ、シラヌイ、イザヨイ、ウツセミ。
その他いくつかの里が存在します


さらにその中央には、
「モノノフ」の本拠地、霊山がございます


神垣ノ巫女や、モノノフの養成機関があり、
政治、文化の中心として機能しております


そうは申しましても、一つ一つの里には
独立した統治権限がございます


いわば複数の里による連合国体制。
それが中つ国の仕組みなのでございます


この体制の良いところは……


おい、新入り。こいつは説明魔だ。
下手に説明させるようなこと言うんじゃねえ


おや、どうされました富嶽様。
まだ説明の途中でございますよ


いや……ちっと用事を思い出した。
先に帰らせてもらうぜ


なんと……残念でございます。
致し方ありませんね


なんと……残念でございます。
致し方ありませんね


……寝るなよ、新入り


そもそも霊山というのは……


(説明は延々と続いた……)

---


あれ、陽子?
ゲ、それに富嶽も……


これは皆様。奇遇ですね


珍しい組み合わせだな。
任務の帰りか?


そんなとこだ。
それより「ゲ」ってのはどういうこった?


な、何でもないわ。気にしないで


あんたの人相が恐いんだとさ。
確かに、堅気って顔じゃあない


よお伊達男。
ここでてめえと白黒つけてもいいんだぜ


ちょ、ちょっと! 喧嘩はやめてよね!


やれやれ……


チッ……


もう……これだからお子様は困るのよね


お前が一番お子様だっつの!


うわ! び、びっくりした……


仲がいいのやら悪いのやら……

---


あ……。
あなたは……


こんにちは。
あの時の天狐は元気ですか?
(元気/……誰?)


(元気)
よかった……。
ずっと気になっていたんです


あの……お名前を伺ってもいいですか?


陽子さん……


私は橘花といいます


私もここで働いているんです。
立場は違いますが、一緒に頑張りましょう


天狐は、とても賢いんですよ。
まるで、私たちの言葉が分かるみたいに


よかったら、
いろいろ話しかけてあげてください


(近衛)
気安く橘花様に近づくなよ


橘花様は里の巡回中だ。
警護は我らに任せよ
スポンサーサイト
別窓 | 討鬼傳(中文版toukiden) | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |