討鬼傳二章~よくない兆候
2015-01-19 Mon 13:05


例の“鬼”の襲撃を受けたか……。
よく無事で戻った


何だったんだありゃ?
急に出てきやがってよ


お前たちだけではない。
他にも襲われた隊がある


戦い終わって疲弊した所を狙う……。
これまでの“鬼”とは異なる動きだ


対策を打つまで一人で行動するな。
しばらくはこの三人で動け


ったく、しゃーねえな


“鬼”の行動の変化。
興味深い事実ですね


学者の血が騒ぐってか?


まあ、どのみち俺には関係ねえ。
先に帰らせてもらうぜ


おい、新入り


……悪かねえ腕だ。
せいぜい頑張んな


富嶽様が人をお褒めになるとは……。
青天の霹靂にございます


申し遅れました。
私、学者の端くれをしております


何かお困りの際はお声がけください。
お力になれるかもしれません


では、陽子様。
また次の任務でお会いしましょう


那木と富嶽を戦闘に連れて行けるようになりました

---


“鬼”の襲撃の増加……


あまりよくない兆候ですね


…………


どうやら、計画を急ぐ必要がありそうです

---


久しぶりの下界……悪くない


ひとまず礼を言おう、モノノフよ。
お陰で“鬼”の腹から出てこれた


武士の世を作ろうと、
ひたすら走り続けて来たが……


正に世を平らげんという時に、
“鬼”に喰われてしまうとはな


しばらく見ぬうちに、
世も様変わりしたものだ


……祇園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり


沙羅双樹の花の色、
盛者必衰の理をあらわす


奢れる者も久しからず、
唯春の夜の夢の如し


猛き者も遂には滅びぬ、
偏に風の前の塵に同じ……


……実に見事な歌よな


我が一門が潰えたように、
この世に滅びぬ者はない


だが……いつ滅びるか程度は、
己で決めることもできよう


お前にまだ滅びる気がないなら、
我が力を貸そう


たとえ春の夜の夢といえど、
それもまた面白きもの


絢爛たる夢、見届けさせてもらう
スポンサーサイト
別窓 | 討鬼傳(中文版toukiden) | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |