討鬼傳二章~那木と富嶽
2015-01-19 Mon 13:03


陽子。
少しいいか


ここでの戦いにも慣れてきただろう。
そろそろ別の者とも任務に行ってもらう


これまで他の任務で留守にしていた者だ。
まだ会ったことはあるまい


名を那木と富嶽という。
いずれもお前の先任だ


だが、今のお前なら後れは取るまい


先行している二人と合流し、
速やかに“鬼”を殲滅しろ


ここ数日、正体不明の“鬼”に
襲撃される者が相次いでいる


まさかとは思うが……用心しろ


お前の成長の証、見せてもらうぞ

---


新しい方ですね?


私は、那木と申します。
今日は、よろしくお願いいたします


はっ、足引っ張んじゃねえぞ


富嶽様は、少々、人見知りをする方ですから


一緒にがんばりましょうね

---


では、参りましょう


っし、行くぜ、狩りの時間だ!


ちったあやるじゃねえか


……っておい、何だありゃ?

---


はっ、こいつが噂の奴か。
丁度いい、物足りねえと思ってたとこだ!


こちらの疲弊を待っていたかのような動き。
ただの“鬼”ではありません


ご用心を!


っしゃあ!
一昨日来やがれ!


大勝利でございますね。
しかし、襲撃の件……


これはお頭に報告する必要がありそうです
スポンサーサイト
別窓 | 討鬼傳(中文版toukiden) | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |