討鬼傳二章~里の人たち2
2015-01-18 Sun 10:12

あ、陽子さん。
こんにちは、お仕事順調ですか?


ちょっとお願いしたいことがあります!


最近モノノフ本部の物資が不足しがちです


特に医療隊から、薬が足りないという
話が来ています


よかったら、
材料を取って来て貰えませんか?


お父さん……じゃなかった。
お頭の許可は取ってあります


依頼に出しておくので、
どうかよろしくお願いします!

---


君はミタマの声がよく聞こえるそうだな。
少し羨ましいぞ


私はあまり聞けない性質らしくてな。
剣の奥義について色々と聞きたかったが……


樒に至っては日常的に会話しているらしい。
まったく、不公平だ


霊山には美人が多いらしいな。
ぜひお近づきになりたいとこだ


キミ、あずまの地の出身だったんだ。
そりゃ中つ国の歴史なんて知らないはずだわ


ここはずっと隠れ里だったから、
「外」の人にとっては異国みたいなものよね


分からないことがあったら、
遠慮無くお姉さんに聞きに来なさい!


(霊山からの商人)
商人たる者、いかなる時も自他の
利益を追い求めるべし


必要なもんがあったら声かけてくれ。
霊山から持ってくるぜ


(農民の女)
私たちは中つ国の「外」から来たんですが、
ここの人たちもとてもよくしてくれます


オオマガドキで助けてもらって、
家まで頂いてしまいました


恩義に報いるため、
今日も頑張って畑を耕します


(農民の男)
ミタマって英雄の魂なんだろ?
それを宿すってどんな感じなんだろうな


俺だったら、まずは好きな女の好みでも
聞いてみたいところだな


時代によって美人の定義って違うだろ?
俺もモノノフだったらなあ……


(見廻中のモノノフ)
ミフチの襲撃があったそうだな


新入りが討ち祓ったと聞いたぞ。
我輩もウカウカしておれん!


(見廻組の男)
里の巡回中です。
困ったことがあったらお声がけを


(里人の女)
ちょっと聞いてよ。
この間うちの旦那が怪我したんだけど……


もう治ったのに毎日家に籠もりっきり。
モノノフの名が泣くわねまったく


(勝手方の女)
霊山から久々に物資が届きました。
皆さんの食事、一品増やせそうです


前に相談した商人さんが手配してくれて……
ありがたいです


(水守の男)
最近、社から妙な声が
聞こえる気がするんだ……


まさか……幽霊……?
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |