討鬼傳二章~白い狐と少女
2015-01-18 Sun 10:05


二章
つわもの、戦野に集う


八年も前のことです。大きな戦がありました


北の地で鬼門が開き、
“鬼”が人の世に溢れ出たのです


これを「オオマガドキ」と言います


モノノフたちは七日七夜戦い続け、
何とか“鬼”の侵攻を食い止めました


ですが、多くの町や村が滅ぼされ、
“鬼”の住まう異界となってしまいました


残ったのは、ここ、中つ国だけ。
そして、人の世は今も蝕まれているのです


過去と現在が混ざり合う、“鬼”の世界に


以上、授業はおしまい。
ちゃんと理解できた?


キミ、本当に何も知らないんだもの。
さては座学さぼってたわね


そりゃ私だってちょっと苦手だったけど……


とにかく、ちゃんと勉強しておくこと!
でないとまた私が先生役やらされるんだから

---


ふふ、気に入られてしまったみたいですね


この子、迷子みたいで……


よければ、一緒にいてあげてくれませんか?


じゃあね

---


キュイー


(天狐に懐かれてしまった……)


(自宅で天狐を飼うことにした)


キュッ!


天狐は素材集めで活躍する
モノノフのパートナーです。
行き先を指示することで、
様々な素材を収集してくれます

---


こんにちは、陽子さん


「武」の領域での任務が出てますよ


ここは鎌倉時代や、室町時代の
遺構がたくさん出現している領域です


厳島神社や、金閣寺などが、
異形の姿を見せていると聞きます


あと、植物が異常成長して、
ものすごく広い森が広がっています


迷わないように気をつけてください!
スポンサーサイト
別窓 | 討鬼傳(中文版toukiden) | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |