討鬼傳一章~戦の前
2015-01-13 Tue 02:22

来たか……待っていたぞ


新入りというのは、お前だな。
長旅、ご苦労だった


俺は大和(やまと)。
この里の「モノノフ」を指揮している


新たな仲間を歓迎しよう


こっちは桜花(おうか)だ。
お前の上官ということになる


よろしく、陽子


いい腕をしているそうだな。
期待させてもらおう


お前の家を用意してある


ひとまず荷物を置いてこい。
任務の説明はそれからだ


桜花、案内してやれ


心得ました


では、行こうか

---


ようこそ、ウタカタの里へ


我ら「モノノフ」の本拠の一つ、
“鬼”との戦の最前線だ


もっとも、普段はのどかなものだがな


君も落ち着いたら、里を見て回るといい


では、自宅まで案内しよう。
付いてきてくれ


ほう?
君はあずまの地の出身か


あの辺りはむごい状況だったと聞いている。
よく生き残ったものだ


中つ国に来てからまだ日は浅いのか?


なに、すぐ慣れる


さて……


君の家だ


君が来るというのでな、
急いで手入れをした


中々骨が折れたぞ


フ……冗談だ、そんな顔をするな


さあ、入ろうか

---


長い間、主のいなかった家だ。
好きに使うといい


一通り必要なものは揃えたが……。
不足がないか確認してくれ


自宅では装備変更やセーブなどを行えます


もういいのか?


最近は物資も不足しがちでな。
何かと不自由を強いるかもしれん


まあ上手くやってくれ


さて……じゃあ次は……




(遠くから警鐘の音が聞こえる……)


……来たか


すまないが、一緒に来てくれ


戦の時だ
スポンサーサイト
別窓 | 討鬼傳(中文版toukiden) | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |