討鬼傳プレイ日記~キャラエディット
2015-01-12 Mon 02:44
いよいよ討鬼傳を本格的に始めたわけですが、今回はストーリーが展開する前の部分で、プレイ日記のみ更新。

これが中文版の起動画面。

起動すると出る画面。

本タイトルはオートセーブ昨日に対応しています。
オートセーブ中にPlayStation®Vitaカードや
メモリーカードを抜いたり、本体の電源を切ったり
しないでください。

(中文版だと「コーエーテクモゲームス」がなぜか「テクモコーエーゲームス」になっている)




各種設定画面。




キャラエディット画面。

日本語版だと初期設定の名前は「モノノフ」ですが、中文版だと「武士」!
そしてこの名前を変更しようとすると・・・


で、出たーーーー!!!
中国語ぜんぜん分からないから、何がなんだか本気でサッパリ分からないぞ!!
予測変換機能を駆使して、なんとか目当ての漢字を探り当て、命名終了。
エディット完了画面はスクショ撮ってないです。撮ればよかったな。

続いて、主人公のメイン武器を選ぶ画面。






メイン武器はあとで変えますが、とりあえず最初だけ「太刀」を選びました。
見た目でピンと来た方がいれば嬉しいのですが、主人公の名前は「陽子」です。
小野不由美の小説『十二国記』シリーズの主人公ですね。
陽子は作中で、異世界に飛ばされ、他人の話している言葉は理解できるものの、文字は全く理解できないという経験をします。
まさに、中文版をプレイしている私と同じ状況なわけです。
(中文版のボイスは日本語版と共通なので、メインストーリーを追うだけなら中文が全く分からなくても何の支障もないです)

この先は、「異世界に飛ばされた海客(日本人)」という気持ちでプレイをしていきたいと思いますので、
討鬼伝は知らないけど十二国記は知ってる、というような方にも楽しんでもらえるといいなぁと思います。

ちなみに、討鬼傳でキャラエディットした後、極で強くてニューゲームをしたのですが、極では武器選択画面がありませんでした。なので、武器選択の邦訳は引き継ぎ無しでニューゲームをしないと付記できないです。これはまあ、後日やります。といっても、とんでもなく日が経ってからになると思いますが、あしからず・・・。

この後、一番最初の任務をクリアするところまでやってみたのですが、大変なことに気が付きました。

討鬼伝は、会話中にちょくちょく選択肢が出てくる。

・・・これ、やるからには差分も比較したいと思うのですが、全パターンを見ようとすると同じ会話を2~3度繰り返すはめになるので、とんでもなくめんどくさいです。しかも日本語版でおかわり付き。
ストーリーは一本道だし、メインストーリーが進む任務は数が限られているので、それほど大変な思いはしないだろうと思っていたのですが、メインストーリーも禊場同様リセット必須になるとは・・・。前途多難ですゾ!

ストーリー比較記事は、どれくらいの量で分割しようか考えていたのですが、
1任務で1記事になりそうです。
想定していたよりも更新ペースが牛歩になりそうですが、のんびり更新をお待ちください・・・。
スポンサーサイト
別窓 | 討鬼傳(中文版toukiden) | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |