雑記
2018-01-28 Sun 05:47
・討鬼伝極の動画が二章まで撮ったところで止まっている。
先日の雪が積もった日に転倒して、尾骶骨を強打したので、腰を据えてプレイ動画を撮れる自信がなかったので見送っていた。
今日になって痛みがほぼ完全に引いたと感じる。まあまあ長かったな。

・エバオア(Ever Oasis)の砂漠の迷宮をまだやっている。
しかしボスのデスアルビノが出ない。
ワンランク下とおぼしきエビサソリには2回会っているので、やはり石版のランクが低いのが問題だろうか・・・。
結構周回して、探索前に初めからランダムで嵌っている石版も難易度に関係していることをやっと把握した。
プリセットの石版が金で、自分で選択する3枚が銅銅金なのが、今私が快適にプレイできる限界。
この難易度でデスアルビノに遭遇するのはちょっと厳しいかなとは思う。

本格的なレベル上げ、始めてみるかなぁ・・・。
そうじゃなくても、主人公のレベルがまだ28なので、カンストの30まではあれこれ試しながら迷宮で遊びたいかなと思う。

・レベル30のケモビトは不機嫌になっても、探索に出して成功を収めてくれば機嫌が回復することが分かった。
タネビトはおそらく、出店させて在庫を納品してやるのが良い。
というか、レベルがカンストしてしまった仲間の機嫌を直すにはそれしか手立てがなく、
他の手段となると「フェスを開く」以外が存在しない。

カンスト以前であればパーティメンバーに加えて、なんでもいいから敵を倒して経験値を与えてやれば、
オアシス帰還時に確定で機嫌がワンランク改善された。
カンストするとその手段が使えない。非常に面倒くさい。

・未作成の合成装備品を見ると、必要な材料として黒曜石のかけらとレッドリボンが異様に多いことに気付く。
前者は大峡谷の迷宮を周回してればいつか必要数に達するだろうけど、
後者はボスドロップ素材なので、かなりヤバい地獄が見える。
そこまではやり込まないだろうな。

一番大変な称号の条件で「仲間60人のレベル30」というのがあるので、
もしもそれを取る気があれば周回するかもしれないけど。
ケモビトは派遣していれば結構簡単にレベルが上がっていくので、
タネビトでそこまでやる気が出るだろうか、というのが問題。出なさそう・・・。

・ゲームは全然関係ないけど、ひどく虚しくて希死念慮が渦巻いている。イライラする。
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | top↑
雑記
2018-01-26 Fri 07:03
・vitaに飽きたので3DSで遊んでいる。
ソリティ馬? あいつはもうやらんよ!

夏にやっていた『Ever Oasis』を再開した。
仲間になるキャラは全員集めたけど、店のグレードアップが途中のまま投げ出していたので、
苦痛な作業でしかなかった素材集めをまたやってみることにした。

久しぶりに迷宮(素材集めのエンドコンテンツ)をやってみて、
やっぱり基本的につまんないなと感じるんだけど、
「効率よく」「短時間で」などを意識せず、「エバーオアシスを楽しむ」という気持ちで臨めば、
それほど苦痛でもないかなと思えた。

・迷宮は扉の色でどんな内容の部屋が待っているかが決まっているけど、
できるだけ宝箱部屋を選んで、モンスター部屋をひたすら避ければ、周回もそれほど苦痛ではないかなと思えたり。
どの色の扉が何の部屋と対応しているのか、毎回割り出そうとすると、徒労がすごくて絶対すぐ嫌になる。

あと、宝箱は3つ並んでいるうち中央を選んでおけばほぼ正解する。
ハズレを引くと戦闘になってストレスフルだけど、びっくりするくらい正解率が高いので、
ひたすら戦闘を避けつつ、宝箱は回収してボスに向かう、という理想的なプレイが実現しやすくなった。

・ガレキのトンネルから行く砂漠の迷宮は、道中に厄介なマップがないのでとても攻略しやすい。
樹海と大峡谷の迷宮はブチ切れそうになるクソマップがあるので、同じ精神状態を継続してプレイできる自信がないけど、
砂漠の迷宮は戦闘を避けてボスを目指せば1周にそれほど時間がかからないので、意外と楽しい。

・いや、今楽しめているのは使用している石版が銅・銅・金なのも大きいだろう。
もっと難易度を上げれば砂漠の迷宮でもブチ切れそうになるクソゲーになるかもしれない。

・主人公はレベル28、ケモビトのレベルは23〜26がほとんど。
タネビトはレベル15〜ほぼ30までとバラつきが激しい。
とりあえず、採掘と穴掘り持ちでレベルが低いやつを連れて迷宮探索しているが、
石版のレア度のせいか採掘も穴掘りもロクなものが出ないので、育成のためと割り切って低難易度周回も悪くないかなと思う。

・当面の目標は、やり込みで名指しされている3種のレアモンスターを討伐すること。
まだ1匹も倒してない。いつ会えるのか不明。
銅石版が混じってる時点で出ないんじゃないかって気もする。

・砂漠は楽しめてるけど樹海は本当にクソなので、
砂漠の迷宮の素材集めに満足したら、またしばらくやめるかもなあという気がしている。
別窓 | 雑記 | top↑
夢雑記
2018-01-25 Thu 03:18
・時々、夢の中で見た文字列を忘れないうちにブラウザの検索窓にぶち込んで寝直すということをしている。

この間見た夢に出てきたのが、
「逢ひにいかう おもてがたりを しのぶぼく」
という短歌。下の句がないけど、たぶんもうちょっと前後があった。
で、早速検索したんだけど、当然のごとく何も引っかからない。
そもそも「おもてがたり」って言葉はあるの?と思って調べると、これもない。
さすが夢だ。おもしろい。起きている間はこんな文字列、発想もしない。

歌の意味は、なんとなく分かると思うけど、
目の前にいない人(故人かもしれない)を思い浮かべて、
人前でその人のことを話すこと(「おもてがたり」)はしないけど、
心の中ではあなたに逢いに行くところです、という内容。
成立は平安期だと思われるんだけど、なにぶん実在しない言葉を混ぜているので、別世界の平安時代の話である。

よく読むと複数の解釈ができる内容で、よく出来ているなぁと思った。
最後の「ぼく」は漢字の「僕」で、一人称ではなく、「従僕」の身分であると読むこともできる。
その場合、身分違いの恋の相手(故人ではない)のことを表立って人に話すことはできないけど、
人目を忍んであなたに逢いに行くところです、という歌になる。

「おもてがたり」という言葉は、「思い出語り」を言い換えた言葉とも解釈できる。
この場合、故人の思い出を語りながら、語り手の僕は「偲ぶ」思いを持ちつつ、故人に会いに行く(墓参りを指すのか、夢の中で会いたいというようなことなのかは分からない)という内容になる。

どちらかといえば前者が正しい解釈なんだけど、相手が亡くなってしまって後者の意味も持つようになった可能性もある。
一首で2種類の時間の内容を歌っている。器用だ。
起きている私には到底作りようもない歌である。

・夢の中で見た言葉その2、「サーニャ・コネクセン」。人名だ。
全然心当たりのない名前なので、実在したらビビるわーと思って検索したらやっぱりいなかった。
というか、「コネクセン」という姓の人はいるのか?と思って検索したら、何もない。すごい。
誰かの創作であってもいいし、何か引っかかりそうだと思わせる語呂をしておきながら、検索結果が0件。これはビビる。

「サーニャ」はユーゴスラヴィア系の女子の名前で、わりとよくあるらしい。
日本語の検索では0件だったけど、それっぽいアルファベットで表記して検索したら何か引っかかるかもしれないな、と思った。調べないけど。

・夢の話終わり。
龍が如く維新の続き。
お座敷遊び・介抱の阿修羅級攻略を今日も目指し、クリアはできなかったけど、
3面までは普通に行けるようになってきた。あの弾幕に順応してきている。ウケる。
2面で2機失いがちなので、目標はノーミスで安定して3面まで行けるようになること。
そうすればクリアも遠からずできるようになるだろう。少しずつ前に進んでいる感じ。
別窓 | 雑記 | top↑
維新雑記
2018-01-24 Wed 03:46
・龍が如く維新をやっている。
未達成のミニゲームで、うどん屋はすぐに達成できた。

攻略法としては、
最初に表示されてるメニューをスマホで撮影する→スマホ見ながらオーダーに応える、の繰り返し。
しかし七段以上は制限時間が厳しくて、普通に失敗してショックを受けた。
失敗すると難易度が下がるので、残機を消費しつつ昇段→降段を繰り返して、
なんとか5両の稼ぎを達成。うどん屋の神、達成。
撮影した画像は全部で15枚だった(おすすめメニューを終盤に何度も使っている)。
もっと大量に貯まるかと思ったけど、思ったよりも全然早く終わってくれて良かった。

・揚屋のお座敷遊び、飲み比べの常連級は案外あっさりクリアできた。
どのあたりを目安にボタン調節すべきかは、攻略動画を見ておくといいと思う。
見てなかったら手探りで泥沼化してたかも。
阿修羅級はつまづいた。

介抱も、常連級の最初の2面はクリアできるんだけど、最終面が全然出来なくて血管ブチブチ。
とりあえず保留!やめやめ!

・武器合成のトロフィー取ってないんじゃないっけ?と思って確認してみたら、
武器100個合成が未取得だった上に、精進目録コンプリートも未取得だった。マジかよ。

精進目録を確認してみると、「食事アイテム400個」「薬アイテム200個」使用と、
「祇園での評判レベルMAX」「骸街での評判レベルMAX」が未達成だった。なんだ、あとちょっとじゃん。

洛内のどん・きほーて(100年以上前の京の町になぜあるのかはツッコんじゃいけないのだぜ)で安い饅頭を買い込み、
ひたすら(35個くらい)食って達成。
洛内の薬屋(長命丸売ってるとこ)で一番安い薬を買い込んで、ひたすら(これも35個くらい)服用して達成。

次に神社に移動して、25万くらい貯まってた「徳」をひたすら消費して祇園の評判上げ。
既にLv9まで上げてあったので、仕上げに使い込んだ感じ。
Lv9未満だったらひとまず普通に祇園で金使いまくった方がいい。

あとは骸街の評判だけだが、攻略によると「刀を買い込むと簡単に上がる」そうなので、
先に武器合成トロフィーを取りに鍛冶屋に行く。


・武器100個合成をサクッと終わらせる方法。
とりあえず束刀を鈍→良業物まで格上げして、印のスロットを空ける。
次に適当な印(耐は除く)を持った刀を合成して、良業物の束刀のスロットを埋める。
手持ちに適当な刀がなかったので、松風(骸街で買えるやつ)から武器作成して輝上文字(吹の印付き)を作って、
良業物の束刀に合成して吹の印を付けた。これで準備は完了。
(今攻略サイト見たら輝上文字は洛外の武器屋で売ってることが分かった、素材が足りなければ買えば解決する)

松風(耐の印付き)を大量に仕入れて、良業物の束刀に合成→どちらの印を残しますか?の選択で必ず「吹」を選ぶ。
使う予定のない束刀に、合成しても印をそのまま捨てられて無に帰す松風を食わせる。ひたすら食わせる。
虚無、ひたすら虚無。金だけが減っていく。
トロコン用に素材だけは以前プレイしていた時に用意していて、松風が大量に手持ちあったので、とりあえずあるだけ食わせ続ける。
全部食わせてもトロフィーは出なかった。とりあえずセーブ。

トロフィーを獲得した後にゲームをリセットすれば、消費した金や素材はリセットされてなかったことになる。トロフィーだけは残る。
なので、この武器合成のトロフィーではリセットが推奨されているのだが、
手持ちの松風があまりにも多かったので、とりあえず邪魔なぶんを全て食わせてセーブした状態になっている。

あと何本松風が必要なのか分からないので、リセットする前提で、
束刀に手持ちの妖刀をひたすら合成していってみた。
どうせリセットするので、ここで(15本くらいある手持ちの刀を食わせ続けている間に)トロフィーが取れたらそれがベストである。
今食わせているのが何本目かカウントしながら合成して、13本目くらいで首尾よくトロフィーが出た。
よし!ベストタイミング! リセット。
ベストっていうか、以前プレイしてた時に、この微調整でトロフィーが自ずと取れるようになるよう計算して松風を仕入れてたんだろうな。
以前やってたのが3〜4年前だから全然覚えてないんだけど。

・さて精進目録に戻る。刀を追加で仕入れる必要がなくなり、骸街に用がなくなったので、神社へ。
ひたすら徳を消費して、骸街Lv9の評判を上げる(評判があえて9で止められているのも全て計画した上だったのだろう)。
予想に反して祇園よりも大量に徳を消費してしまったが、評判MAXを達成。
同時にトロフィーもゲット!やり遂げた。

・これで残るは本当にお座敷遊び埋め、究極闘技埋め、達人級クリアだけになった。
まあ、やっぱりお座敷遊びをコンプしてから達人級行きたいよな・・・ということで、飲み比べ再開。

・阿修羅級では、初手が徳利3本、2〜4杯目が徳利4本、以降が徳利5本での勝負になる。
最速で決着をつけられるのが4杯目。
徳利5本になると時間経過で遊女の酔いがどんどん醒めていってしまうので、できれば4杯で決着をつけたいが、なかなか難しい。
しかしムキになりすぎず、冷静にやり続ければいつかは打開できる。

徳利5本になると、しっかり上手くやらないと相手の酔いの醒めるペースのが早くなる事態が起きかねない(やり続けるほど負けが込んでいく)。
というか、上手くやってもトントンよりマシ程度なので、泥沼化しやすい。

泥沼化しても気持ちを腐らせず、「5本を上手に飲み干す練習をしている」と思って続けると良い。
そうすれば、何度目かの挑戦で遊女をぶっ倒せる。
私の場合、最初にやった時は10杯を超えて泥沼からの敗北を喫したが、再戦を繰り返すうちに7杯目で勝利を収めることができた。
いやー、やりました。勝利。もうこいつのために変な酒を飲まなくて済む!
自由だ!! 斎藤一、めちゃくちゃな一気飲みからの卒業!!!! 二度とやらねえよバーカバーカ!

・しかし介抱が未達成なのでまだ遊女とは顔を合わせなければならない。つらい。
介抱も常連級はなんとかクリアできた。
2面まではノーミスで進める→3面で被弾しそうになったらボム使用、使用後の何もない画面でハートに向かってチャージショット→被弾して残機を失い、ボム復活→ボム使用&チャージショット、
でゴリ押し打開ができてしまった。運が良かった。
もちろん完全にゴリ押しだけだったわけではなく、被弾を避けながら通常ショットも打ち続けていた。
常連級は参考になる攻略動画がほとんどない(超阿修羅級の攻略動画が一応参考になる)ので、根気強く頑張るしかない。

・阿修羅級は秒速で被弾しまくってまるで話にならなかった。動画でもっと予習してから再チャレンジだ。

・気分転換に、途中まで埋めていた究極闘技埋めを再開する。
乱戦闘技の十以外は全て埋めることができた。
一番精神的に「グギギィッ!」ってなったのは、疾走闘技で鶏から逃げるやつ。
鶏の姿が肉眼で捕捉しづらいので何度も何度もやり直した。キツかったー。

乱戦闘技の十をやって、究極闘技が開放されたら全部埋めればトロフィー。
乱戦の十はかなり難易度が高いけど、まあそのうち打開できるだろう。

・介抱の阿修羅級はかなり難しいけど、常連級なんかよりもよっぽどパターンが確定していて、
こちらがやるべきこともパターンなので、コツさえ掴めば打開はそう難しくないのではないかと思う。
維新楽しい。がんばるぞい!
別窓 | 雑記 | top↑
雑記
2018-01-23 Tue 06:38
・PS4で討鬼伝極をやっている。動画も撮っている。2章まで終わった。

・vitaでは討鬼伝2をやっていたが、かきつばた繰り返しでとりあえず下級DLCの必要素材を集めきったところで力尽きた。飽きた。

・で、vitaでVA-11 Hall-A(ヴァルハラ)の2周目をやる。いい感じに細部を忘れていた。
2周目は完全に攻略サイトの指南通りにプレイしたんだけど、
初回では気づけなかった台詞の差分が結構たくさん見られて面白かった。

2周目だけではストーリーの隠し要素を全て見ることはできなかったので、
スキップ機能を使いまくって即座に3周目をやって全てのイベントを見た。

・で、トロコンかな?と思ったら、トロフィーの中に「モデル戦士ジュリアンをクリア」というのがあって真顔になった。
モデル戦士ジュリアンはvita移植版で追加されたミニゲームで、横スクロールのSTG(弾幕寄り)なんだけど、
私はSTGは専門外なので非常に厳しい。
何度かプレイしてみたけど、そもそもゲームとして面白くない(あまりにも単調すぎる上に長い!!)ので、投げた。
無理。
ヴァルハラのトロコンは諦めます。

・ハマって大好きなのにトロコンを放棄しているゲームといえば、朧村正なんかもある。
私の中でヴァルハラも同じ箱に仕舞われた。

・無双8が届くまでやりたいゲームがない。
『龍が如く維新』を、あとほんのちょっとのところでトロコンしていないので再開してみた。
残るトロフィーは達人級でのストーリークリア、究極闘技の全制覇、コンプリート達成率100%。

コンプリートが100%になっていないのは「亜門に勝てる気がしないよォ〜・・・」と戦闘を避けていたからで、
亜門戦の報酬武器を手に入れたらすぐコンプリートできるはず、と思っていた。
攻略動画を参考に、亜門を銃の絶技でひたすらブチのめし、回復薬を使いまくった金満プレイでゴリ押しクリア。

・これで最後の刀が手に入るはずで、素材は過去に全て準備してある(本当にあとは亜門を倒すだけだった)からコンプ!と思ったらそうはいかず。
まず、手に入れた「朽ちた妖刀」で100人斬れと言われた。
マジか・・・。
攻撃力が5しかなくて、この妖刀で野盗を倒すのはあまりにも厳しいので、
適当な手持ちの銃でまずは敵を撃つ→瀕死にしたら刀でトドメ、を繰り返しまくった。

で、適当なところで再度骸街に行ったら「十分血を吸ったようだ」と言われて、
完成形の「夢龍砕」(正式なふりがなは「ゆめのたつのくだき」/実際は逆から読むと「サイリューム」になる、発光するネタ武器)をゲット。
「かまいたちが出る」という独自性能で、攻撃力自体は最強じゃないけどチート感のあるかなり強い刀を手に入れた。

・さあコンプリート100%来ただろ!と思ったら埋まってない。んん??
いくつか未作成の防具があった(素材は集めてあったので面倒臭くなってやってなかったっぽい)ので、
防具を作成し、印の合成をして、武具関連のコンプリートはこれで完全に埋まった。

・でもまだ100%じゃない。ミニゲームが埋まってない!!
祇園の遊女遊びが埋まってなくて、ウモァっという気持ちになった。
やべー、忘れてた。あれ全然面白くないんだよな・・・。
ヴァルハラのモデル戦士ジュリアンとどっちのが苦痛か、って言われたら難しいかもしれない。
でも龍が如くはこれまでも怨讐に身を焦がされながらトロコンしてきた経験があるので、意地でもトロフィーを埋めたい。

未クリアのミニゲームは飲み比べの常連・阿修羅級、介抱の常連・阿修羅級、
うどん屋の給仕の神認定。
合計5項目。

・うどんは本気を出せばわりとすぐに埋められると思うので、不安な要素はない。
揚屋遊び・・・頑張りたくないけど頑張るぞ・・・。
それが終わったら装備引き継ぎでサクッとストーリー達人級をクリアしたい。
究極闘技は途中まで埋めてあるので、気が向いた時にでもって感じ。達人級クリア後かもしれない。
そんな感じ。
別窓 | 雑記 | top↑
雑記
2018-01-19 Fri 02:10
・PS4で討鬼伝極、vitaで討鬼伝2を動かしている。
討鬼伝極は、ストーリーを録画してゲーム内テキストもある程度動画に残したら完了。
それが済んだら討鬼伝2の動画も残していこうかなと思う。
2は1周しかプレイしてないので、ストーリーの細部を色々忘れてると思う。

・2のことで昔書いた、「なぜ紅月が罪を背負ったモノノフなのか」が分かったという話、
実際にプレイしてみたら全然違いましたね! 的外れもいいところで笑う。

私の予想では、紅月は「神垣の巫女になる宿命から逃げた」キャラクターだと思ってたんですよ。
いやー全然違った。
でもこの設定のキャラはまだ登場していないので、そのうち出てくるかもしれない。
背負った「業」が重いので、絶対良いキャラになると思うんだよな〜。
描き方に失敗するとただのクズになってしまうけど、コーエーなら王道展開でうまくまとめてくれるはず。
いや、いつかそんなキャラが本当に出るのか知らんけど。

・討鬼伝2のやり込みに飽きてきてる件、
かといって無印も極ももうやることがないので(一応北米版やり込むって手もあるけど・・・)、
しゃーなしにDLCかきつばた周回してるけど、マジで作業すぎて良くない。
つらい。

・各タイトルのプレイ時間
無印討鬼伝〜極 メインデータ 合計約1250時間(うち無印500時間)
討鬼伝極 比較用プレイ(主人公:風漢) 約9時間

中文版討鬼傳 メインデータ(主人公:陽子) 約130時間 トロコン
中文版 比較用プレイ(主人公:陽子 2人目) 約40時間
(2人目の陽子のデータでなんでこんなに遊んであるのか覚えてない。元は2人目でトロコンしようとしてたんだっけ?)

北米版Toukiden:Kiwami メインデータ(主人公:Suzuha) 約280時間 トロコン

PSP版 無印討鬼伝 (主人公:鈴羽) 約12時間 データ破損

討鬼伝2 メインデータ 約310時間 トロコン

全シリーズで約2000時間遊んでるな。
廃人の中では普通というか、少ない方じゃないかとさえ思う。
討鬼伝極、なぜか3000時間超えしてるプレイヤーが結構ざらにいたので。

しかし中文版のトロコンまでの時間、短いな!
再開した時点でプレイ時間が88時間とかだったので、ミタマ集めと討伐履歴埋めでずいぶん時間がかかってしまったけど、
トロコンに200時間程度かかるのが標準だと言われていた(オンで他プレイヤーを頼っても200時間を切るのは容易ではなかった)ので、
100時間近く圧縮しているというのは凄いなと思う。

アプデでの難易度調整、鬼の軟化があるから、最終verでトロコンすると200時間を切るくらいが標準になるのかなとは思うけど(私のメインデータは230時間くらいでトロコンしてたはず)、
例のバグ技でサクサクプレイした恩恵で50時間は圧縮されてそうだとは思う。

・討鬼伝2も130時間程度でトロコンしてるけど、2は難しいトロフィーが全然なかった(領域の「しるべ」集めが分かりにくくてややキレそうになった程度)ので、中文版の130時間とは密度が違うと感じる。

・無印はトロコン後に結局全装備を入手して、プレイ時間が500時間に達したので、
2も500時間くらいは目指したい。遺跡調査の素材集めの運要素が大きすぎるけど。
とりあえず、かきつばた周回を終わらせないとなあ・・・。
別窓 | 討鬼伝(無印&極) | top↑
討鬼伝極
2018-01-18 Thu 23:12
討鬼伝極の動画を残すためのテスト投稿、6回。
6回目の調整で決定でいいかなと思います。これでストーリーの録画を残していきたいと思います。
20時間もあれば終わるかな?










埋め込み動画のロードがうまく行かなくて見られない場合は、
https://m.youtube.com/channel/UC1-wok59n4bxvxk7nSmsKgg
このURLの投稿一覧から視聴してください。
ちなみにYouTubeは動画を残すために使用しているだけなので、これで金儲けとかは一切考えてません。自己満足用です。
別窓 | 討鬼伝(無印&極) | top↑
雑記
2018-01-18 Thu 01:36
討鬼伝2、早くもやる気が出なくなってきている。

・遺跡調査があまり面白くない件。
6種の領域からいずれかを選んで出撃するシステムのせいで、出る鬼の内容が偏りがち。
特に今は武器の生産素材が欲しくて、選べる領域が武・雅・古に限定されているので、同じ鬼と何度も戦わされて飽きてきている。

・長期戦で輝く賭スタイルが改悪されている件。
賭スタのタマフリ「運否天賦」は、いずれかのスタイルのタマフリがランダムに選出されて発動するものだが、
『2』で追加されたニギタマフリ・アラタマフリも選出対象なので、ハズレが増えた。(何も発動しない純粋なハズレも削除されてるかもしれないけど)
過去作でハズレのタマフリといえば、空スタの縮地くらいなもので、あとはそれぞれに利用価値があったけど、
2は各スタイルにそれぞれ「別に今発動されても・・・」というような微妙なのが混ざっており、
スキルで特定のスタイルの選出率を上げたところで使いたいタマフリを引いてくれないことが増えてしまった。

・私セレクションのハズレタマフリ。
攻→死反(まかるがえし)
即死ダメージを貰った時に発動すると大変ありがたい死反だが、
何でもない時に発動されるとただのゴミ。ニギタマから出ないでいただきたい。
運否天賦強化・攻式をゴミにしている戦犯。

防→挑発、鋼化
挑発が使いたければ専用のセットを組むので、普段発動されるのは邪魔。
鋼化も無いよりはありがたいかもしれないけど、効果時間もたかが知れてるし、嬉しくはない

迅→八咫烏
武器種にもよるだろうが、八咫烏を駆使した立ち回りがそもそもよく分からない。
無いなら無いでいい効果なので、やはりニギタマから出ないでいただきたい。

癒→無い?
しかしスキルで癒の選出率を上げたいとは思わない、生刀生弓(いくたちいくゆみ)以外は火力がないので

隠→隠形、薬師、神便鬼毒
今作での隠形のゴミっぷりはマジでビビる。鬼千切の使用前に使って、会心の発動率を上げる以外に使い道あるのか?
薬師もパッシブで輝くタマフリなので普段発動されても無駄。
神便鬼毒は搦め手系のスキルを積まないと活かせないので無駄。

魂→照魔ノ法
そもそも運否天賦で発動する魂タマフリは、一瞬で効果が終わってしまうので「いやそんなにタマフリ高速回転させる気ないんだけど」という気持ちにさせられる。魂タマフリを使いたければ魂スタで出撃するのが一番強いので、嬉しくない。
照魔ノ法は特定部位から鬼の体力にダイレクトアタックできるようになる効果があるが、逆に他の部位の耐久値を上げてしまう効果もあるので嬉しくない。効果が独り善がりすぎる。

空→縮地、大直毘(おおなおび)
縮地のハズレっぷりは言わずもがな。大直毘は鬼祓いの効果を上げるものだが、遺跡調査でそんなに丁寧に鬼祓いしない。

献→捨身供儀、魂呼(たまよばい)
捨身は武器種にもよるけど、基本的には出て欲しくない。スリップダメージの代償がばかにならない。
魂呼も死反と同じで、即死時に出ると本当にありがたいが、それ以外ではいらない。

壊→断祓(たちはらえ)、発破
断祓がいらないかどうかは意見が分かれそうだけど、基本的には無いものでいいと思う。
発破も割れそうだけど、個人的にはいらない。任意のタイミングで使えない怯み取りなんて。

繰→衛種、形代召喚
そもそも繰スタイルの使い方をあんまり把握してないので、五霊と五輪以外は全部いらないとも思う。
とくに形代召喚、位置を変えられないので使い勝手が悪すぎると思う。全ニギタマで一番いらない。


・結論として「運否天賦にニギタマが混じってるのが邪魔すぎる」と言える。
ニギとアラは除外すりゃよかったじゃん・・・なんで全種類混ぜちゃったんだよ・・・。
これまで通りで良かったんだよ・・・。
ニギを引いた時のガッカリ感で萎えるので、遺跡調査に賭スタで行くのがつまらなくなっている。

・改めてマルチの任務を眺めてみて、そもそも任務の数が少なすぎると感じた。
フィールド探索で大型に遭遇できるのだから、任務の数が減るのはしょうがないにしても、単体任務が用意されてない鬼が複数いるのは本当に萎える。

単体じゃなかったとしても、それぞれ別個で連戦になるのはまだいい。
開始時から同時に出現しているやつは本当に面倒でイライラMAXなので最悪だ。ヨモツイラツメ、お前のことだよ!!
乱の領域に出るやつを個別に倒しに行けばいい話ではあるけど、フィールドの鬼には禊の効果が適用されない(ドロップレア素材を禊スキルで大量ゲットができない)のでヘイトが溜まる。

・フィールドで遭遇したところで、すぐそばの別の大型が乱入してきたり、共同作戦の討伐対象も混ざってきたりして、
酷い時は大型3体との混戦になる。やっとられん。
PSPの頃はそこまで処理できるスペックがなかったので、結果的に難易度低下を招いていたが、
PS4の性能がベースとなれば、もはやそんな制約は存在しない。
ええ、はい、素晴らしいですね。こっちは最悪なんですけど。

・討鬼伝は基本的に脳汁ダダ漏れさせてほとんど全肯定で遊んでるような感じだったけど、
2は改めてやっぱり不満が多々あるなと感じた。
私が本当に一番好きなのって結局1作目なんだよね。
トロコンの手間が大変で、愛憎入り混じる感じはあったけど、私には合ってた。
本当に楽しかったし今でも好き(数日前までやってたわけだし)。

・討鬼伝2、PS4タイトルにしてはボリュームが薄かったんじゃないかと思う。
その点、無印と極はPSPの存在があったから「こんなもんだろう」という心的ハードルが低かった。

・やっぱ中文版の討鬼伝極を買っておくべき・・・か・・・?
別窓 | 討鬼伝2 | top↑
からころも・・・
2018-01-17 Wed 07:56
・PCから離れてた時期だったので、討鬼伝2カテゴリで記事をほとんど書いていない。
私にとって2は、無印・極とあっての3作目で、どうしても比較の話が出てくるので、
2単体でカテゴリ分けする必要があるか?と考えるとちょっと微妙だけど、
一応分けてあるのだから2の話は専用カテゴリに入れておこうと思う。

・昨日から討鬼伝2を浴びるようにやって、大体満足した。
未強化だったDLC防具は全て強化、DLC鬼の防具も全て作った。
強化費用がばかにならないので、共同作戦を回ってとにかく鍛冶屋無料を狙った。

素材が足りている防具の強化は全て終わったので、共同作戦巡りはここで一旦打ち切り。
足りない素材は上級ヌエの大猿牙、上級オニビ朧の光精。
雑魚素材集めは面倒臭いが、リセット&ロードを繰り返せばフィールドに再湧きするらしいので、
本気を出せばたぶんすぐに何とかなるのではないかと思う。面倒だから今はやらない。

・防具は一段落したので、次は武器なわけだが、
素材は足りてるのに強化してない(ちょっと高い)やつがチラホラある。
討鬼伝極では、エンドコンテンツの無限討伐しかやることがなくなった時に、結局金の使い道がなくなってカンストしてしまったのだが、2でも同様の事態が容易に想像できる。
なので、武器強化のためにあくせく共同作戦を回ることはしない。
自然に金が貯まったら、順次強化していけばよいだろう。

・しかし討鬼伝2は、DLC鬼の武器も含めた強化ツリーの最終版を載せている攻略サイトがない。
探せばあるのかもしれないけど、検索1ページ目に出るような大規模なところには載っていない。

2の強化ツリーは、順に強化をしていったら一発生産可能な武器に辿り着くことが多々あって、
既にその武器を生産してしまっていて無駄が出る経験を何度かしている。
なので、何を強化して何を生産するかは初期に決めておきたいのだが、攻略サイトが充実していないのでそれが出来ないケースが多い。ううむ、不便だ。

・それはさておき、DLC任務で手に入る特殊な素材を使用する武器は間違いなくツリーを気にする必要がないので、
全武器のために素材集め周回をすることに決める。
1系統で3個必要なので、11系統だから33個。
1回の任務で手に入る数は、1〜2個。
・・・これはなかなか大変だ。

必要なのは任務のクリア報酬で、討伐対象の鬼素材はどうでもいいので、とにかく火力を盛って速攻で片付けられるのが望ましい。
周回していくのは、進行度四のDLCウシヲキナ。
とりあえず、壊特化増幅を積んだ手甲でひたすら殴ってみて、約2分かかった。(NPCは適当、ローテさせて選んでる)
悪くはないが、もっと縮められるはずだ。
下級鬼相手なら、あの構成で・・・。

というわけで、魂スタイルで挑み直したら約1分で終わった。
さっきの半分。明らかにラクだしサクサク。
あー、これはもう、この構成で決定だな。武器はなんでもいいけど、スタイルは魂。
何度か繰り返して、最終的に45秒まで縮まった。(運要素入れればもう数秒は短くできると思う)

かきつばた、強すぎる!!!!!

・「かきつばた」というのは在原業平のミタマを指すワードなわけだが、
とんでもなく強いわりに攻略wikiには構成が載せられていない。ゲームバランス壊すからね・・・。
バグ技のたぐいではないが、あまりにも強くて全破壊前に鬼が死ぬし、作業ゲーになるのでオンでは嫌われる。
使用は自己責任でオフのみに留めておこう。

・肝心の使用法。
業平は特殊なユニークスキルを持つわりに、当人が空スタイルなので、
メインの魂は誰かシナジーの高い人を選んでくる必要がある。

私の使用している構成(スキルは左から重要な順)が、
メイン[魂]新島八重 ハンサムウーマン、破敵凝縮、元気溌剌
呪禁[魂]平将門 連昇凝縮、魂全霊、東国の新皇
終ノ種子[空]在原業平 かきつばた、連昇凝縮、魂集中

任務開始→鬼に近寄る→鬼ノ手で呪禁使用・接近→適当に殴って魂マーカー付ける
→貯めて破敵(下級ならこれで大抵マガツヒ化)→鬼の足元に終ノ種子設置→
貯めて連昇→貯めて追駆(自分の向きには注意すること)
→全てクールタイムに入ったら貯めて治癒→再使用可能になったタマフリを貯めて再使用
→繰り返し。

これが通称「かきつばた」。
必須スキルは業平のかきつばた、ゲージ貯めが飛躍的に早くなる新島八重のハンサムウーマン。
真ん中の平将門は他のミタマに置き換えてもいいと思うけど、タマフリ強化を最大限重視するなら将門公がベストなのではないかと思う。

かきつばたは「タマフリを使うと他のタマフリのCTが短縮される」効果があって、治癒にも適用されているので、
攻撃タマフリを連発して、使えるものがなくなったら治癒使うだけで、タマフリが超高速回転する。
これでウシヲキナを約45秒で倒しているが、破敵も終ノ種子も2回目が使えるようになることが多々あるので、
どれだけ壊れ性能なのかお分かりいただけると思う。

ちなみにスキルの元気溌剌と東国の新皇は体力最大時にダメージがアップする効果だが、
魂タマフリにも効果が乗ってるのかは知らない。
たとえ乗ってなくても、とんでもなく強いのでどうでもよい。

・かきつばた強えぇ〜〜〜と思いながらウシヲキナを倒し続けていたが、10回程度やったらさすがに飽きた。
続きはまた後日。

・あと欲しい素材といえば、次元武器の生産素材の壊れたカラクリ武器。
これは遺跡調査で10討しないともらえないので、とりあえず遺跡に潜る。
・・・10討してきたけど出ない。
ヤト・オカミにも会いたかったけど、出てない。換金素材以外に得るものなし。
何度か挑んで、やっと1個が取れたきり。これは大変だ・・・。

・疲れてきたので最後にまとめと課題。
快適な遺跡調査をするのに適したミタマと武器はどれだ?
ヤトとオカミに会えても本体素材がロクに出ないので、本気で狙うなら無限をやらないとダメそう。
仕込鞭は何度か使えば操作をモノにできそうだが、火力で鎖鎌に劣るので使い込む意欲があまり・・・。
盾剣も覚えたいけど、輪をかけて弱そうなのでどうしたものか。
鞭の気力管理が楽になるミタマ構成を作る。

とりあえず、壊れたカラクリ武器が必要数貯まるまでは遺跡調査周回するしかない。
たまにDLCかきつばたを挟む感じ。
別窓 | 討鬼伝2 | top↑
トロコン
2018-01-16 Tue 13:08
・無慈悲なデータ破損、直らず。一応データはあるけど読めない。壊れてしまってどうにもならないようだ。
まあ、私が今更PSP版をやってたのは「解像度が低い討鬼伝というのも新鮮なものだなあ」ということを感じたかった
だけで、やり込む気は一切なかったのでダメージは本当に少ない。

・破損しなければ13時間程度でストーリークリアできていたのだろう。
ちなみに、強化済みの装備を引き継いだ極の2周目データでは、8時間程度でクリアしていた(無印のストーリーパートのみのクリアタイム)。

・PS4版やるか〜!と思ったが、時間が取れなかったので一旦諦める。
とりあえず、テンマの金眼さえ埋まればトロコン目前の中文版を再開。
やってもやっても出なくて、進行度九でテンマが出る任務に変えてみたけど出なくて、
諦めてやっぱり進行度八のやつに戻って回して、やっと出た。
埋まった瞬間はトロフィー出ないのね。討伐履歴を開いて、確かに埋まってることを確認したら出た。

あとは最後の武器トロフィーだけなので、鬼〜参式の武器を強化して、速鳥の双子武器を作って・・・と思ったら、
速鳥の双刀を作らなくてもトロフィーが出た。同時にプラチナトロフィーもゲット。
えっ・・・マジで? そんなシステムだったっけ?
たぶんどこかのアプデでサイレント修正されたか、最初から必要なかったのにユーザーが勘違いしてたかのどっちかだろうけど、
後者だったらさすがに誰かが声を上げてると思うから前者だと思いたい。
NPC武器の作成が必須じゃなかったとはなー。びっくりした。

・そういえばPSP版やってて、ケルベロス槍が作成武器一覧に出てるのヒドイなと思った。
ケルベロスはvita版でしか戦えなくて、PSPとPS4では戦えない。
一覧には出てるけど、作成素材の「衛兵の槍片」が絶対手に入らない(表示はされてるけどアイテム名の左のアイコンが空欄になってる)ので、PSPユーザーにとっては謎のアイテムでしかない。
うーん、これは最後のアプデで直してほしかった・・・。

・ケルベロス槍はデータ上での扱いがちょっと微妙で、
武器コンプトロフィーをPS4版の討鬼伝極で取ろうとしたとき、槍でコンプしようとすると、ケルベロス槍が作れなくて絶対にトロフィーが取れない仕様になっている。
そもそもvita用ソフトの移植だから、どうしてそんなことになるのか理屈では分かるけど、その設定はあんまりなんじゃないか、と思う・・・。
あれ、これってPSP版の極でも同じこと言えるのかな。わかんないけどありそう。やべえな。


・もともと中文版のトロコンが済んだら討鬼伝2に戻ろうと思っていたので、
討鬼伝2を少し動かしてみているが、これはこれで楽しい。
やっぱり鬼ノ手はあんまり好きじゃないんだけど。鬼返しと鬼葬り以外で滅多に使わないし。

とりあえず、購入したのに全然周回しなかったDLCを何度かやって、未作成だった下級防具を作った。
強化しようとすると各パーツでなかなかの額を要求されるので、フィールドに出て共同作戦→鍛冶屋無料だけ狙って参加する→里に戻って強化の繰り返し。
あー、これ、討鬼伝2やめる直前までずっと繰り返してたやつだわ。

未強化のミタマがあるうちは育成も兼ねてかなり楽しめるんだけど、
もう全ての所持ミタマ(たぶん218個)をカンストさせてしまったので、単純に鍛冶屋を無料にさせるだけの作業になってる。
10回くらいやって、またちょっと飽きてきた。

しかし討鬼伝2はまだまだ未作成の武器と防具があるので、もうしばらくは遊びたいな。


・討鬼伝極の「自分で見返す用動画」を撮る気は本当にある。
近いうちに着手したいけど、討鬼伝2と操作が混ざるからどうしたもんか。2が詰まって飽きるまでやらないかもな。
できればヤト・オカミ素材で詰まるまでは遊び尽くしたいと思ってるし。
でもPSP版で無印ストーリーを最後までやれなかったのもフラストレーションとしてわだかまってるので、
操作が混ざるとか置いといて着手するかも。

・来月『真・三國無双8』が届くのを思い出した。時間がない。やっぱりできるだけ早く撮ろうと思う。
別窓 | 討鬼伝(無印&極) | top↑
無慈悲
2018-01-15 Mon 04:18
・PSP版討鬼伝をやっていた。
約12時間で五章まで来ていた。

PSP版は以前「やたらエラーが出る」と思っていたものの、現在のプレイでエラーは出ていなかった。
その代わり、フリーズが頻繁に起こった。
音声データの読み込みに難があるらしく、任務完了後の御役目所でのイベントシーンで頻繁に止まったし(オートセーブOFFにしてたら確実に地獄だった)、
イベントをフリーズ無しで乗り切っても、直後に木綿に話しかける→フリーズというパターンも頻繁にあった。

音声を丁寧に最初から最後まで聞くとフリーズが起きたので、
一度丁寧にイベントを見て(絶対止まるポイントがある)から、リセット・ロードし直して爆速で会話を飛ばすと、フリーズに引っかからず先に進むことができた。

そんなことを繰り返して無理やり先に進めていたのだが、
ひょんなことでセーブデータが壊れて消滅した。
マジかよ・・・。

総プレイ時間は12時間で、元々ストーリーしかやらないつもりだったからあまりショックは大きくなかったのだが、
後は速鳥・桜花・ラスボスのイベントで終わりの終盤まで来ていただけに、それなりのショックがあった。

ちなみにデータが壊れたのはフリーズ中ではなく、例のバグ技も全く関係なく(あれはミタマLv10まで解放されてないと難しいので、PSP版では一切やっていない)、
あまりにもフリーズが続くので何度か起動し直した時、なんとなくスタートメニュー→各種設定→カメラ旋回速度をいじってメニューに戻ろうとしたら、エラーが出た。
そしてロードからプレイデータを選ぼうとしたら、セーブデータが消滅していた。
目を疑った・・・。

vitaのホームメニューからコンテンツ管理、メモリーカード管理画面に行くと、
PSPフォルダの中に「破損したデータ」というものがあった。
うわーこんなの初めて見た・・・。こんなことになるんだ・・・どうして・・・。
それとは別に、討鬼伝のセーブデータもあった。
ゲーム中のロードからは表示されないが、データとしては一応あるらしい。
読めなければ意味がないが、余所にコピー(移動)してもう一度入れ直すと読めることがあるらしい。
後日PS3に移して試してみようと思う。
ダメならダメで諦めるけど、まさかカメラ設定いじってデータ破損するなんて思わないでしょ・・・。
いやショックだわ・・・。

ちなみに破損したデータはもう削除した。

・たとえvita上で遊んでいても、PSPソフトはPSplusのデータ預かりサービスを利用できない(自分でPS3かPCにコピーを残さなければバックアップが作れない)ので、
ストーリーしかやる予定がないとはいえ、データに不具合が出た時ロールバックできないのは不安が残るなあと少し思っていた。
まさか本当に恐れていた事態が起きるとは・・・。

・データ復旧がどうにもならなかったら、PS4版でストーリーをやる。
いつかPS4のプレイ動画を自分で見返す用に撮っておこうと思ってたので、この機に撮ることにする。
PS4ではメインデータの引き継ぎでやるので、爆速のサクサクプレイになるのが確定してるが、
ストーリーを見返すのが目的なので問題ない。
初級者の参考には全くならないし、鬼の挙動などはほとんど分からない、戦闘がただの作業動画になるだろう。
まあしょうがない。
別窓 | 討鬼伝(無印&極) | top↑
雑記
2018-01-12 Fri 03:10
・以前体験版をやった『ソリティ馬』をDL購入した。350円。安い。
とりあえず全キャラ(主に馬主)が出揃うまではやってみよう、と思い、ひたすらソリティア。
ひたすら・・・。
一日が終わっていた。リアルに。ソリティア以外何もしてない。

このゲームやめ時がないな!!
チュートリアルの馬、
適当に割り当てられた馬(オス)、
1人目の馬主の馬(オス)、
2人目の馬主の馬(メス)、
3人目の上に同じ(オス)
4人目の略(オス)、
5人目(メス)、
これらをデビュー戦から引退までの2〜4歳終了までプレイしたら、一日かかった。
正確には、若駒の時にあまりステータスが伸びなくて、古馬としてレースさせるのも面倒なやつは、引退せずそのまま保留になってる。

先行型の馬は、最後の直線が基本的に「勝つか負けるか」しかなくて楽だし、勝つときは圧勝だから気持ちいいんだけど、
差し型や追い型のやつはギリギリまで後方にいて、最後の直線では位置取り次第で惨敗するし、
そうでなくても途中のソリティアの成績が悪いと浮上の目もなく後方のままフィニッシュするし、やってて全然楽しくない。
いや全然は言い過ぎた。でも先行型の直後にやるとほんとストレス溜まる。
でもそれで負け続けてた馬が、G1レースで優勝した記念撮影で滝涙とハナミズ垂らしてるの見て、
「勝たせてやれなくてごめんなぁあ〜〜〜〜〜」ってすっごい悲しくなった。

成績が優秀だったオス・メスは交配してみたので、次世代は既に生まれている。
馬主は全員出揃ったっぽいし、どんなものか少し動かしてみるか?と思ったら、
1人目の馬主がまた現れて、新しい馬を勧めてきた。
しかも、デザインが今までに見たことないやつ。そりゃあ選んじゃいますよ。見た目が固有なんだもの。
で、交配で生まれた強い(おそらく)馬の出番は回って来ず、まんまと2周目が始まってしまった。

いやいや、これまた馬主5人全員ぶんあるでしょ。また一日かかるやつでしょ。
やばいじゃん。ただでさえ「一日中ソリティアやってた」ってだいぶキテるのに。

というわけで、しばらく3DSを開かないことに決めた。
丸一日浴びるようにやってかなり満足したせいもある。
今まで生きてきて、一日中ソリティアやってた経験なんてなかったからな。


・それとは別に討鬼伝もやっちゃう。
龍が如く極2が終わってからこっち、携帯ゲーム機でまたモリモリ遊んでいる。
今日はとうとうPSP版しか動かさなかった。テンマ戦飽きるし・・・。

今日もエラー落ちは起きず、二章最後の単独任務のところまで進めた。
何周もしてるのでこの任務ももう何度目か分からんけど、楽勝なのでなんの障壁にもならない。余裕。

・改めてPSP版をやってみると、vitaとはまた違うプレイ感覚というか、
「PSPでやってた人たちはこんな画面を見てたのか・・・」という気付きがあって新鮮だ。
ぶっちゃけ、この画面でハーフミリオン売れたって凄いと思う。
vitaの討鬼伝は本当に素晴らしいけど、PSPの人はよくこれでプレイしてくれたなぁ・・・。

・PSP版の感想は次回。
別窓 | 雑記 | top↑
今日の討鬼傳
2018-01-11 Thu 04:18
・ダイテンマの金眼が〜♪ 出ない〜♪(TωT)
ダイテンマ以外に行きたいものがないので、ひたすら進行度八のテンマ単体任務だけ回してるんだが、まあ出ない。
単体といえば進行度十にもあるけど、十の方は「攻撃力が高く、体力が低め」なのに、
「部位耐久値はそのままなので、全破壊前に倒してしまう」ケースが頻発して安定しないので、行かないようにしている。

・スキル構成を変えてテンマを快適に全破壊する件、
家康を外して北条早雲をメインにして、無属性会心鎖鎌を担いで闘志と一閃が効果を発揮するのを期待してみたら、
想像以上の効果があった。すげーサクサク終わる。長くて10分超えすることあるけど、アベレージ7〜8分で終わる。
防スタイルの最強バグ技構成、北条早雲・渡辺綱・弁慶で決まりだわ・・・。
ていうか、今まで闘志なしだったからほとんだ地上戦だったのがアホらしくなってる。
火力がかなり高いので、確率依存の会心頼みでも気力がモリッと回復する。
会心力がない武器だと効果を発揮できないけど、「そんな武器わざわざ使わなくてよろしい」と切り捨てられる強さ。
もう他の編成に戻れない。

・しかし無印は最後の調整アプデで鬼が軟化したとはいえ、
テンマ単体が30分コースとか、今思うとマジでやばいな。
武器の馴染み度が上がるから、当時は全然気にしてなかったけど、オフで周回するの大変すぎるわ。
バグ技使用してるから30分あればテンマの金眼を3回は狙えるけど、この出なさだもんなぁ。
時間ばっかり取られて嫌になってそうだ。

・しかしテンマ戦しかやることがなくて、まあまあ飽きるので、
今は気分転換に無印PSP版討鬼伝をやっている。
討鬼伝の!気分転換に!討鬼伝!!!
北米版→中文版→PSP版なんて遊び方してる廃人、日本で私ぐらいしかいないんじゃないか。

・PSP版は以前やったときエラー落ちが酷くて「二度とやるべきでない」と思ったけど、
今やってみたら意外と普通に動くので、ちょこちょこ遊んでいる。
起動時に総プレイ時間が54分だったのが、気づけば3時間近くに。スムーズに遊べてる。

・さすがにPSP版でも勲章を全制覇する気はなくて、ストーリーを全クリしたらもういいかなと思っている。
PSP版の画面、初代PSのアクションゲー『双界儀』を思い出す感じだ。画質も色調も。
動きや関節の滑らかさは比較にならないけどね。

・PSP版はマジで気分転換でやっているので、「またテンマ行くか〜」と中文版に戻ると、
「なんて美しい画面なんだろう・・・!」とうっとりしてしまう。
討鬼伝と討鬼伝極は最高のvitaソフト。本当に最高。
討鬼伝2はPS4版の単なる劣化画質だから違う。

・PSP版は中途半端にDLCが入っている。
というのは、vita用のDLCコードはPSP用と共通で、vitaに導入したら(たとえPSP版を持っていなくても)勝手にPSP用もDLされたのである。

しかし私がPSP版の無印討鬼伝をDL購入したのは、確か極が既に出た後で、無印の発売から1年半以上経っていたので、
ゲーム内でDLCの確認(受け取り)をしていない→そのまま失効したDLCがほとんどだった。
その中で、なぜか使えている紫の上のミタマ(電撃PSの付録)、今めっちゃ愛用してる。
最初に覚えてるスキル「ハク収集家」が私の物欲を満たしてくれて、とても良い。

あと、全討鬼伝プレイヤーに特に前触れなく配られたVジャンプのDLC「V龍兜」も愛用してる・・・。
頭装備の非表示機能がなかったら使ってるか怪しいけど、非表示にさえしてしまえば、
防御力が序盤としては破格なので、使わない理由がない。めちゃくちゃ助けられてる。

かつてのメインデータでは、V龍兜が配られた時点で上級防具を装備していた&頭装備の非表示機能がなかったので、
残念ながら全く使わなかった。
しかしところ(?)変われば事情も変わる。こんなに便利な兜だったとはね・・・。見た目はアレだけど。

・PSP版の現在の進行状況は、2章の中盤。武田信玄を手に入れたところ。
もう何度も何度もやってるのに、何度やっても好き。ウタカタのみんなが大好き。
単純なプレイ時間やプレイヤースキルでは多くの人に負けるけど、討鬼伝(特に無印)にかける愛で言えば本当に、私は日本で有数だろうなあと思う。
別窓 | 討鬼伝(無印&極) | top↑
雑記
2018-01-10 Wed 04:29
・無印は手甲と防スタイルのアーマー性能が高すぎる、という感想。
鬼の部位を破壊すると、鬼は必ず衝撃波を発してマガツヒ状態に移行する。
その衝撃波はダメージこそ低いものの、食らうと必ず自キャラにノックバックが発生する。

しかし手甲だけは、◻︎ボタンの連続攻撃中だとノックバックを食らわない!
この仕様はいくらなんでも無印だけのはず。
極、2では、食らいたくなければ攻撃を中断してガードする必要があった。

あと、鬼の全ての攻撃で、鬼の攻撃力vs自キャラの防御力(おそらく防具の重さも含む)の計算がされていて、
自キャラの防御力が高ければ、上記の衝撃波などでもノックバックを無効化することができた。
(特に防スタイルは防ゲージの貯め中もアーマー性能が上がっているらしく、
双刀の空中操作中に衝撃波→吹っ飛ばされる鬼でも、地上で防ゲージ貯め中→双刀でもノックバック無効化という例が見られた)
(もちろんスキルの防特化・剛体は付けていない)

つまり、防スタイルをガンガンに強化すると、大抵の敵の攻撃ではビクともしない鉄壁の立ち回りが可能になってしまう。(地上戦に限る。空中だとお構いなしでぶっ飛ぶ)
これは防スタイルの最大の利点でもあったと思うが、
極では「吹っ飛ぶ攻撃は固定、やられモーションは全武器全スタイルで共通」にされた。
同じ相手と戦っていて、条件次第で自キャラの挙動が変わるのはあまり好まれなかったのだろうか。
それか、細かく設定したところで誰も気にしないので、内部の処理を単純化する方にメリットがあったか。


・今日の討鬼傳。
とうとうミタマをコンプした!!!
やっとヤト(おや?ダジャレ?)から解放された・・・。
攻鎖鎌で細かい部位破壊気にしないバーサーカープレイがしたくて、半蔵の任務も結構行ったので、
服部半蔵もサクッと再入手した。
晴れて所持ミタマが200個に。

最後まで残った中臣鎌足のミタマ、オフ7章のヤト単体任務で早々にノヅチ朧に遭遇できたので、
「もろたわ〜〜、やっと終わる〜〜」と思って討伐したらミタマが出なくて、
リアルに「は???」って言ったね。
心が折れたので半蔵のミタマとホムラカヅキ、ダイテンマの金眼埋めを目指し、
半蔵は再入手。ホムラの金眼も埋まった。

ホムラは全破壊がしやすいようにオフ7章の上級任務を回してたんだけど、ハズレばかり引くので、
「考えてみたら上級のがドロップ素材の種類が多いんだから、下級で狙った方が早いんじゃない?」
と思い下級にターゲットを変えたところ、2戦目でアッサリ出た。
上級には「○○のうめき」系のハズレ素材が大量にあるのを忘れていた。
しかし、残るダイテンマとオカミヌシは上級限定の鬼なので、この方法はせっかく気付いたけどもう使えない。

・古の単体任務でノヅチ朧を狙い、ヤト、クエヤマ、ミズチメをぐるぐる回す。
ミズチメだけは速攻任務なので、防双刀で挑んでいたが、攻鎖鎌でヤト・オカミ相手に8分程度で戦えるので、
制限時間12分のミズチメもイケるんじゃない?と試しに出撃。
しかしミズチメはマガツヒ部位が全て細長いので、無印鎖鎌のタゲカメだと連続でなかなか攻撃を当てにくいことを知る。
自キャラの体の向きに対して鎖がどう伸びるか、無印のが自キャラの向きに忠実な気がする。
極はタゲカメを優先して、向きをガンガン修正してくれる印象。

残り5分を切ったところで、チメの体力がまだ3割くらい残っていて、
焦らされながら頑張って討伐するの疲れるな・・・離脱しようかな・・・と思いつつ、
一応鬼ノ目で辺りを見渡してみたら、いた。
隅の方にひっそりと。ノヅチ朧が。
!?!?!?〜〜〜!!!???wwww
時間がないのでとにかく最優先でぶっ倒し、最後の中臣鎌足が出た!
やばい! あと3分で本体のミズチメを倒せるのか!!
タマフリを総動員して火力上げて、とにかく手数を押し込んでなんとか討伐に成功した・・・。焦った・・・。

里に帰還して、無事トロフィーゲット。
あ〜〜〜〜もう二度と朧探ししなくていい!! 解放された!!! もう二度と速攻任務やらんわ!!

・で、残ったのが討伐履歴埋めと、賽銭箱の最終段階である。
毎回500ハクじゃ先に討伐履歴が終わっちゃうかもな・・・という気がしてならなくて、
お祈り1回に10000ハクを投入することにした。
地味な変更だが、無印ではお賽銭額が上限5ケタで任意に設定できた(極では1000か300の2択のみ)。
攻鎖鎌でオカミヌシの金眼を狙いつつ、賽銭10000を惜しみなく投入したところ、4回終わったところで賽銭箱が最終段階になった。
4万ハク必要だったということは、地道に500ハク投入していたら61〜80戦が必要だったことになる。
うーん、これは賽銭ブーストしてよかった! さすがに討伐履歴のが先に終わると思うわ・・・。

・そうこうするうちにオカミの金眼も埋まる。やったー!
ついでに鎖鎌の馴染み度が上がり切ってしまい、合成するか別のに乗り換える必要が出てきたが、
せっかく所持ミタマが200になったのを今は崩したくなくて、乗り換えを選択。
しかし手元のオオキミ素材が足りなかったので、とうとうトコヨノオオキミの相手をすることに。

この中文版プレイ再開、ミタマ集めが主眼で素材集めは全くしていなかったので、実はオオキミだけ1回も出撃していなかったのである。
とはいえ、トコヨノオウとはミタマ回収で何度もやってるので、新鮮味はゼロなんだけど。

で、オオキミ素材も無事集め、新しく鎖鎌を作ったものの、とりあえずは使わない。
なぜならテンマの相手は防双刀のが楽だから・・・。

これからテンマと連戦するにあたって、ミタマのスキルを少し入れ替え、
さらに火力が上がるように構成し直した。
結果、以前防双刀で8分程度だったタイムが6分程度まで縮まる。いいぞ、サクサクだ!
しかし火力が上がりすぎて、今度は全破壊が安定しなくなってきた。
いや、どれだけドーピングするかはこっちの匙加減なんだから、スキルを強化したのはさておき、そこは自分で調整できるんだけども・・・。
やれるとなったらMAXまで強化してみたくなってしまうわけで・・・。
途中で強化中断しない方がタマフリ回数の節約になるし。

・というわけで、トロコンに向けて最後にテンマの金眼埋めが残った。
スキルを調整しつつ、最も快適なテンマ狩りを見つけていきたい(数珠の破壊がなければ楽なのに!!)。
別窓 | 討鬼伝(無印&極) | top↑
雑記
2018-01-09 Tue 03:52
・3DS用のDLソフトがいろいろセール価格になっているが、
これといって惹かれるものがなく。
唯一気になった『ソリティ馬』を買ってみようかと思うが、まずは体験版をやってみようと思い、DLしてみた。
で、遊んでみたら、長すぎてびっくりした。
体験版ではあるけど、チュートリアルの馬で2戦、その次の馬は3歳から4歳になるまでの間全て遊ばせてくれる。
体験版ソフトは普通起動可能回数が限定されていて、30回に設定されていることが多いんだけど、
ソリティ馬は11回しかないのでなぜなのかと思っていた。
このゲーム、体験版だけで遊べすぎる。

ゲームのメインは、ソリティアを上手にやると競走馬も良い成績で走るというもの。
しかし有名なソリティアと同じルールではなく、ソリティアと同じトランプの使い方をする別のゲームとなっている。

なかなか面白いのだが、すぐ終わると思った体験版が長すぎて疲れてしまった。
今なら350円で買えるので、セール終了までにはDLしようと思う。


・討鬼傳。
未入手の朧ミタマが2つ埋まって、とうとうあと1人だけに!!
討伐履歴の金眼埋めはヨミトサエが終わり、源頼政の再入手も終わった。
あとホムラカヅキの金眼以外の討伐履歴も埋まったので、金眼埋めは上級でも下級でもよくなった。

あとは中臣鎌足のミタマ、
ホムラカヅキ、ダイテンマ、オカミヌシの金眼、
賽銭箱の最大拡張。
あと一応、服部半蔵の再入手。

しかし鎌足が出る可能性がある任務のほとんどがヤトノヌシで、
半蔵もヤトだし、金眼埋めが残ってるオカミは色違いだし、
同じのばっかりやる羽目になって若干辛い。

・前回ダイテンマの討伐に攻弓で18分かかったと書いたが、
防双刀で挑み直したら8分になった。
しかしバグ技でドーピングしまくってこのタイムは、だいぶヤバい。ダイテンマ強すぎる。
普通の武器・スタイルで普通に戦ったら30分コース。
昔普通にやってた時は確かにそのくらい時間かかってた気がする・・・。

・討伐履歴の金眼が残ってる問題。
これ、初期はあっさり出たんだよなー。
でも「頑張って全破壊した報酬がゴミなのは許せない」という文句が結構多かったみたいで、
アプデを重ねた結果「鬼の固有素材が出やすくなる」調整が加えられた。

つまり、早いうちに埋めきってからアプデするのが最も正解だったわけだけど、
最終verはその他の調整も優秀になっている・・・というか、
初期のverだと鬼の耐久値が高くて戦闘がなかなか終わらなかったので、全体的なプレイ時間の圧縮のためにも、アプデは絶対真っ先にするべき。これは間違いない。
その結果、討伐履歴埋めに難儀することになるわけだけど、それはそれ。諦めるしかないと思う。

・攻鎖鎌でもちょくちょく遊んでいるが、極とは鎖鎌の操作性が若干違う気がする。
一つは鎖の長さ。
溜めれば溜めるほど分銅が長くなって、遠距離からも飛びかかり攻撃ができるようになるけど、
無印は鎖が短いと思う。届くだろうと思って放った溜め3の分銅がスカることが時々あって、ガッカリする。

二つにタゲカメのロックの仕様。
極では目の前の部位を素直にロックしてくれるが、無印はその奥の部位をロックしていることが物凄く多い。
(たとえば、目の前にある鬼の右手をロックしたつもりだったのに、いざ飛びかかったら左手がロックされている)
カメラが平面的でなく、敵の部位全体を貫通してロックする部位を選んでいるようだ。
そのせいで、無印はただでさえ全破壊に苦労するのに、ロックがうまく決まらなくて余計に苦労させられることが多い。

まあ、シリーズ全作品に言えることだけど、鎖鎌は細かい部位破壊とか無視して、ひたすら飛んで斬りつけるのが一番楽しい。
無印で攻鎖鎌使ってて、全破壊が終わった後の縦横無尽にひたすら斬りつけまくる時間は、ボーナスのフィーバータイムのような気持ちになる。
軍神招来を発動しているとエフェクトも派手だし、吸生吸気の効果が高くて気力は全然減らないし、束の間のストレス解消タイムになる。

・無印と極で違うことはいろいろあるので、気が付いたものは出来るだけメモしていきたい。
まとめるのが面倒なのでトピックだけ書くと、手甲と防スタイルのアーマー性能が高すぎて強い。
やる気が出たら次回細かいことを書く。
別窓 | 雑記 | top↑
雑記
2018-01-07 Sun 05:05
・iPhoneSEのOSを、とうとう11にアップグレードした。
前々からストレージの容量食ってて邪魔だなーと思ってたのと、
アドブロックのアプデに失敗して、機能させるには最新OSが必須になってしまったため。

アップグレード後に久々にアプリストアを覗いてみたら、
未プレイの『Farm mania2』があった。もちろんDL。
フルバージョンのアンロックで課金を要求されるやつでしょ、分かってますって!
で、遊んでいったら480円と出た。
うーん、妥当? 若干高め? でもまあ、妖精の国のDLCに比べたら吹けば飛ぶ額だし・・・
長らく私好みのtime managementがなかったし、わりとすぐ課金した。

で、カジュアルモードは全部優秀な金星クリア。
10面ごとに挟まる動物探しは、分からなすぎてほとんどマトモにやらなかった。
難易度異常に高くなってない?
シリーズ1作目はがんばれば見つけられる難易度だったけど、これは完全に無理。全然見えない。

2は全部で61面あったんだけど、ぶっ通しで遊んでクリアしてしまった。
途中で何度もノーマルの青星クリアの面をやり直してるので、総プレイ時間は5、6時間くらい。
いやー、久しぶりに時間を忘れて没頭した!

面白いかといったら、この手のゲームを既にいくつもやってるので昔ほど熱狂的な気持ちはないけど、
やっぱり一度始めるとクリアまで止まらない。
time managementはマジで我を忘れて遊んでしまう。涅槃の趣きがある。
これだからやめられねえぜ・・・!


・討鬼傳のミタマ集めの続きもやってる。
残りの朧ミタマがとうとう3に! コンプまでもう秒読み!
討伐履歴埋めは全然進んでないので、これが最後に残るかもしれない気配。
あと賽銭箱も終わってないけど、めちゃくちゃな金額突っ込んだらすぐに終わるんじゃない?と思っている。なんとかなるっしょ。

・履歴埋めのために久しぶりにダイテンマ単体任務に行ってみたけど、
討伐に時間かかりすぎてびっくりした。
例のバグ技込みの攻弓で、同行者は桜花・速鳥・那木。
これで約18分。長い!遅い!
次は無慈悲な防双刀で挑んでみよう・・・。
弓が天属性だったのを差し引いても、ちょっと時間かかりすぎだと思う。

・朧ミタマ集めは、ポップする可能性がある任務を順番に片っ端からやっていくローラー作戦に変えた。
で、西行と北条早雲はびっくりするくらい順調に取れた。東洲斎写楽もあっさり出た。
あとは足利義政と中臣鎌足と松尾芭蕉・・・。
芭蕉は当然ながら写楽と出現任務がカブってるので、首尾よくオニビが出てくれるか分からんけど、地道に試していくしかないな。
ちなみにミフチ二頭任務ではノヅチ朧が湧いたのに、足利義政が出なくて驚愕した。
順調ではあったけど、こういうこともある・・・。ゆめゆめ落胆しすぎぬよう・・・。

・服部半蔵と源頼政も戻ってきてないけど、ヨミトサエの討伐履歴が埋まればいいので源頼政が帰ってくるかどうかはさして需要じゃない。
半蔵も今すぐ再入手する必要性は特にないしなー。
しかし現在の所持ミタマの195という数字、頑張ったなー!という感じがして感慨深いものがある。
できれば200になってるところも見たいとは思うね。
別窓 | 雑記 | top↑
今日の討鬼傳
2018-01-06 Sat 06:27
・ミタマ残り8(朧6)。順調だ!
というか、大型で残っているのが合成で使った服部半蔵と源頼政だけなので、
残ってる朧を埋めたらトロフィー出るはず。

・下級安、ヌエ退治をひたすらやってとうとう朧が埋まった。
最終的にマルチの10頭はやめて、オフの5頭を回すようにしていた。

オフでは入れるマップが限られているので、
最初にスタート地点左のマップを確認(いない)→全マップを経由して町並みのようなマップまで行き、ヌエ3頭・ヌエ黄泉を1頭倒す→全マップを経由してスタート左のマップに戻り、ヌエを倒して終了

この道順で回していたら、最後のスタート左のマップにノヅチ朧が湧いてて、
「やべー!味方がヌエ討伐する前に倒さなきゃ!」と焦るも、無慈悲に任務は完了。
残り30秒〜!と焦っているところに、ノヅチの気絶攻撃を食らう。やばいやばいマジやばい
結果としてかなりギリギリで間に合って、平賀源内のミタマを無事手に入れることができたけど、
味方AIが気絶を即座に叩き起こしてくれなかったらマジでやばかった。
無印のAIは基本的にアホだと思ってたけど、この時ばかりはAIにマジ感謝したわ・・・。

・チメ姉妹の討伐履歴の金眼を狙いつつ朧ポップを狙う作戦、
びっくりするほどアッサリ金眼が埋まって即終わった。
・・・いやいや、朧はどうにかして取らなきゃいけないんだけど。
あまりにも拍子抜けしたので、小型鬼で履歴が埋まってないやつを片っ端から埋めていくことにした。

キンキ不浄・ナキサワ不浄は下級素材が埋まってなかったので、オフの討伐任務を周回して普通に埋めた。
オンモラキ黄泉は上級素材が抜けてたので、モノイワを倒す任務だけどメインを完全無視・オンモラキだけをひたすら掃除。何度かポップさせて倒して、難なく埋められた。

最後のガキ黄泉は、いろいろ該当任務はあるけど、
朧狙いも兼ねて速攻任務のヒノマガトリを倒しに行くことに。
しかし速攻のお伴に沸くガキは、最初は通常種×3、次に不浄×3で、黄泉がなかなか出ない・・・。
攻略情報にガセが書いてあるとは思いにくいけど、本当に黄泉が出るのか・・・?と思いつつ、タイムリミットが迫ってきたのでヒノマガを倒してしまったんだが、最後の30秒で黄泉が湧いているのを確認した。時間切れでほとんど討伐できず。
つーか、マジか。黄泉が湧くタイミングがこんなに遅いってことは、残り3分確実に切ってる。

湧くことは確認できたので、ヒノマガを倒さないよう適度に無視しつつ、もう一度挑戦。
残り3分を切って、まだか・・・まだか・・・!とジリジリさせられながら、残り2分半を切ったあたりで黄泉3体がポップした。
うおおー!急げー!速攻で根絶やしにし、討伐履歴を埋めることができ、ヒノマガの討伐も間に合った。
討伐履歴は、任務に失敗しても記録はされるはずなので、たぶんヒノマガが倒せたかどうかは正直どっちでもよかったんじゃないかと思う。
でもどうせなら気持ち良く任務完了したいので、倒せるなら倒してしまった方がいいに越したことはない。

・穢れた物体の浄化のトロフィーも取った。
マフウ退治の任務で上級の乱を走り回りつつ、金眼狙いでツチカヅキをついでに倒そうという段取り。
しかしこれも1戦だけで終わった。これまで9個浄化済みだったらしく、一発でトロフィーが取れたのと、ツチカヅキの金眼も一発で出てしまったため。
しかし背ビレの討伐履歴が埋まってないので、速攻任務で再戦、1戦で履歴を埋めきることに成功した。

・残る金眼はホムラカヅキ、ダイテンマ、ヨミトサエ、オカミヌシ。
オカミは防双刀だと全破壊が意外に難しい。しょうがないので攻弓。
攻弓は徳川吉宗・伊達政宗・前田慶次の3人をセットしていたが、より全破壊がしやすくなるよう、
徳川吉宗・上杉謙信・宮本武蔵にチェンジ。
慶次の渾身猛攻が消えて、謙信の吸生霊力に置き換えた構成だが、火力の下がり方が予想以上でびっくりした。
絶対に全破壊したい敵なら向く構成だけど、慶次を入れた構成でも全破壊は可能(鬼千切を外してると厳しくなる)なので、
全破壊が努力目標の任務なら慶次を入れた方が早くていいなと感じた。

そうこうする間に未入手だった犬上御田鍬が埋まったので、古のオカミ戦は終了。
金眼はどの任務で取ろうかな、という課題が残る。

・残る朧ミタマ
下級武 足利義政(「双対の蜘蛛」しか討伐報告がないのでひたすらミフチに犠牲になってもらっている)
上級古 中臣鎌足(アマテラスを合成に使って、「八つの剛腕」を回そうかなと思案中)
上級雅 西行(討伐報告があるのがミフチ、ミズチメ、ダイマエンあたり。手持ちの素材の在庫で決めるしかない)
上級戦 北条早雲(ゴウエンマ単体任務で湧いてたけどドロップしなかった・・・)
上級安 松尾芭蕉
上級安 東洲斎写楽(ヒノマガ単体任務で湧いてたけど以下略)

たった6種まできてしまうと、回す任務が限定されてきて飽きるので、討伐履歴埋めもしつつ攻めていきたい。

・小型鬼の討伐履歴はDLCで期せずして埋まってたことが多いので、やっぱ救済任務がないと地道に積み上げていくしかないなという感想。
まあ、DLC無しでもトロコンは可能なので、メインデータをやっていた頃とはまた違うプレイ体験で再度トロコンするのもまた一興である。
別窓 | 雑記 | top↑
雑記
2018-01-05 Fri 06:01
討鬼傳のミタマ集めをひたすらやっているが、楽しすぎる。脳汁出続けてる。
今日は検証をお休みしたので、ミタマ集めが非常に捗った。

・未入手ミタマ残り11、うち朧が7!
いやーだいぶ終盤まで来た!

・合成で使った安倍晴明を取り返しつつ、ミフチの全破壊をすることで、
討伐履歴の金眼がやっと埋まった。
こんな感じでミタマ集めつつ履歴が埋まるのが理想なんだけどなー。

金眼が残ってるのが、
ツチカヅキ
ホムラカヅキ
ミズチメ
カガチメ
ダイテンマ
ヨミトサエ
オカミヌシ

オカミは未入手ミタマがまだ残ってるので、全破壊しつつミタマ狙いつつでいける。
ヨミトサエは、弓に源頼政を合成して、再入手がてら全破壊しに行こうかなと考えている。まだ合成してない。
今の所持ハクがちょうど50万くらいで、頼政のレベル上げと合成に消費したらあんまり残らないので、まだ後回しでいいかなという感じ。

チメ系は、朧狙いで両方が単一マップに出るやつをしばらく回すつもり。
朧が先か、履歴コンプが先か。
理想は、カガチメの履歴が先に埋まって、速攻任務のミズチメで履歴埋め狙いつつ朧も狙う感じ。

面倒なのがカヅキ系。
カヅキだけは金眼以外にも埋まってない履歴がある。下級は埋まってるので、上級を回さなければならない。
しかし、ツクヨミの再入手も済んでしまったので、カヅキ系で回したい任務がない。
あと、カヅキは火力を調整しないと全破壊前に倒してしまいがちなので、長期戦を覚悟しなければならないなと思っている。

テンマの履歴埋めは、源義経を鎖鎌と合成して・・・という、頼政と同じパターンを構想している。
エンマ系武器は攻撃力が高いので、テンマ素材をしっかり集めて全武器種作るつもりで回したい。

・朧狙いで任務に行って、鬼ノ目で見つけられた時はいつも「おまえーーー!!」という気持ちになる。
もう基本的にその任務自体に用はなくて、朧が出るかどうかだけが重要なので・・・。
お前だよお前、お前を待ってたんだよ!!とテンションが絶対上がる。

・しかし、DLCが頼れないので一部の朧ミタマ集めがマジでめんどくさい。
下級安の朧ミタマなんか、DLCで確定入手だから、他の任務の入手手段がほとんど解明されてない。
しょうがないのでオン進行度三の「闇夜の鵺退治」を、全マップの拾得物を拾いながらちょこちょこやっている。
穢れた物体も狙ってるんだけど、安じゃ取れないだっけか。乱か古で取った記憶しかないしなぁ。

あと、下級武の足利義政もDLC確定入手だったけど、利用できないので、
ミフチ2頭任務をちょこちょこやっている。
ミフチには全く用がない・・・しかも毎回2頭ぶっ倒している・・・。すまんのう・・・。

・賽銭箱に毎回500ハク突っ込んでいて、一段階豪華になったので、やったートロフィーだーと思ったのに音沙汰なし。
あれ?勲章確認必要だったっけ?と思って大和に話しかけてみたら、勲章も埋まってなかった。
つまり、まだあと一段階ある・・・。
賽銭箱って合計金額だけで豪華さ決まるんだっけ?回数も必須なのか、誰も検証してないよなぁ。
まあ普通にプレイしてれば勝手に最大になるものだしな。
もしミタマと討伐履歴が全部埋まっても、賽銭箱の拡張が終わってなかったら笑うわ。

・主に使っているのは防双刀、攻弓、攻鎖鎌、雑魚任務に空手甲。
迅・隠・癒・賭は全く使っていない。
昔のメインデータでは迅双刀か隠弓がメインで、上級はそのどっちかでしか回してなかったので、プレイスタイルが変わると随分変わるものだなと思う。
プレイスタイルっていうか、アウトサイダーな技を使ってるせいだけど・・・。
あ、空は三つ揃いで足が速くなるのと、祓殿置いて他のことしたり、縮地で移動距離短縮したり、
とにかく探索で楽するために使っている。例の技とは無関係。

・討鬼伝極と討鬼伝2では癒スタイルをよく使っていたけど、無印で全然使っていなかったのは、
女神広域や武神の砦を使っても、効果が全く可視化されていなかったから。
有り難みが分からないと、使う気って全然なくなるんだなと思う。不思議というか、とても興味深い。
賭スタイルで武神を引いた時なんか、純粋にハズレだと思ってたしなあ。効果が分からない(実感できない)から。

ちなみに他に癒を使わなかった大きな理由として、
無印は武器の火力が低いので、癒は火力スキルが盛りづらくて喜ばれなかったのと、
オンで癒を使ってるやつは、体力が減る→自分用女神の社を置いてその中から出ない(勝手に戦闘の傍観をキメる)へたくそが多かったので、
私は与ダメージに貢献します!!という意思表示で積極的に不使用にしていたところがある。

・順調にトロコンできそうなペースなので、終わったら討鬼伝2のやり込みに戻ろう、と思っている。
来月か再来月か分からんけど。
別窓 | 雑記 | top↑
討鬼傳 例のやつのメモ
2018-01-04 Thu 04:25
・例の「技」の検証中。
与ダメージがどれだけ変わるのかを、
通常時・タマフリ中・バグ使用中でそれぞれスクショを撮って検証(ざっくりと)しようとしたが、
「通常攻撃」と「抜刀攻撃」でモーション値が違うことを忘れていた。
特に意識せずに記録を取ってしまったので、残念ながら全部やり直し。
ンゴゴー! 自業自得だけど悲しい! めんどくさい!

・防と迅は特殊な構成を組まなくてもバグを使いやすいと思う。
攻だけは英霊の激励か吸生強化・加速がないと絶対に使えないので、
ミタマ構成がある程度限定されてくる。
というかほぼ徳川吉宗が必須。他に便利な攻スキル持ちがいない・・・。

他の戦闘スタイルではバグ技が使えない(空と賭は理論上可能だけど実用性がない)。

実用性の無さでいえば迅も相当なものだけど、
ミタマ構成が比較的自由だと思うのである程度検証はしたい。

・いい加減バグ技の使い方を書けよと思われていそうだが、
検証を満足いくまでやったら書こうと思っているので、一刻も早く知りたい人は自分で過去スレを探し出してほしい。

・検証が最初からやり直しになったとはいえ、ある程度の仮説は得られた。
自分用メモだが、ABCBCBCBCBCの場合、AとCの回数が反映されるっぽい。
あくまで単純な回数の話なので、AとCが発動していることとイコールなのかは分からない。

・防スタイルだと強くなっても気力回復に難儀する件、
会心の高い武器を持って闘志持ちの梶原景時を入れるのが、おそらく最もスマートな解決法。

次に候補としてアリかなーと思っているのが、中野竹子に治癒快気・治癒増幅・治癒+2を付けて、
縮地快気の使い心地でガンガン使っていく方法。
治癒で気力を回復する方法は『極』で既に試していて、あまり実用的ではないと感じたけど、
無印は闘志以外に気力回復スキルが無いので、意外と実用性があるのではないかと思っている。要検証だ。

・気力の回復に着目して言えば、迅が優遇されているのは言わずもがなで、
攻も吸生吸気を使えば気力回復に苦労しなくなる。
ミタマ構成は限定されるが、なんだかんだ言って、超火力を得られる防よりバランス面で攻のが優れている気がする。

・無印は自由なスキルの入れ替えができなくて、最初から育て直しを要求されるので、
とにかく金を貯めないと好き放題の検証ができない。
特に、双刀の合成で消費して再入手した宮本武蔵!
便利なスキルをたくさん持ってるからまた育てたいけど、必要なハクが・・・。
無印は任務報酬もショボいので、一切無駄遣いができない。つらたん!!!

・今日はミタマ獲得の進捗は無し。地味すぎる検証に時間を費やし、寝落ちした。
検証のやり直し、地味すぎてまた寝落ちするだろうから時間かかりそうだな・・・。
別窓 | 討鬼伝(無印&極) | top↑
雑記
2018-01-03 Wed 03:53
・初夢は覚えていない。
初詣をしてきた。おみくじは吉だったが、内容はあまり良くなかった。
短気を諌められたので、気をつけるようにしたい。

・セブリバの引退を決めた。プロフィールとコメントは編集済み。
今後はトレハンとアサルトとアプデの追加ストーリーだけやる。あとは知らない。

・龍が如く極2、真島編をクリアした。
シリーズ屈指の完成度の高さを誇った龍が如く零のキャラがまた出るらしいことを事前に知っていて、
蛇足な内容だったらイヤだな〜と思ってたんだけど、そんなに悪いものじゃなかった。
ただ、零をやってないと何なのか分からなすぎるエピソードなので、シラケた人もそこそこいたんじゃないかなという気がする。それはまぁしょうがないな。
あとは難易度LEGENDでクリアすればトロコン。

・中文版無印討鬼伝、ミタマ集めをぼちぼちやっている。残り26!
うち11が朧ミタマ。朧探しはめんどくさくて心が折れそうだが、
とりあえず普通の大型がドロップする残り15は取りきりたい。

・進行度四くらいまでは鬼が弱いので、好きな武器種・スタイルで適当に遊んでいられるが、
上級となると討伐時間の長さが若干気になる。全部位千切ったのに敵の体力まだ7割以上、なんて事態が簡単に起こる。
で、結局仕様を思い出したいのもあって、前回触れたバグ技をまたやってしまった。
うーん、火力がガン上がりするからめちゃくちゃ楽になるなー。ズルだけど。

このバグ技、討鬼伝が発売されてほぼ1年後(極が出るのでオンにプレイヤーが戻っていた時期)にスレで発見されたもので、
今更修正のためにアプデなんかされるわけもなく、放置されているものである。極では当然修正済み。
攻略wikiのバグページを見てみたが、誰一人この仕様について言及していないので、知っている人も「なかったもの」扱いしているようだ。
まあ私もその一人だしな。

プレイ時間(というか討伐時間)の圧倒的な圧縮に寄与するので、発見された時も「これから極に向けてトロコンする人にとっては便利なんじゃないの」という意見もあった。
もちろん大多数は「それやったデータでオンに来るなよ」というものだったけど。

・細かい仕様をまだ把握していないというか、より正確にこの技を利用するには図解が必要だと思う。
そのうち図を描いて、どうすれば使えるのかを記録したい。
今はちゃんと全容を分かっていないので、メモ書きだけを残しておく。

・徳川家康、渡辺綱、弁慶。確定入手のこの3人で簡単に使える。
他にもバリエーションは作れるが、具体的に何が作れるかは未検証。

・利用できるスタイルは攻、防、迅だが、実用性があると言えるのは圧倒的に防。というか上記3人の家康メイン。
攻の火力は防に劣る。弓にセットして全破壊を狙うのにオススメ。
猛進+3閃弓でも同等かそれ以上の火力は出せるが、立ち回りが柔軟になるのと、溜め時間がこちらのが絶対に早いので、DPSはこちらに軍配かと思う。
まあ所詮はバグなのでメリットを熱弁するもんじゃないと思うが。

・防が無敵の、というかデバッグモードみたいな戦闘スタイルになるのだが、
ミタマの構成上、気力回復スキルを入れるのが難しい。地上戦がメインになる。

・構成次第では(理論上)活用できる有用スキル
攻→渾身猛攻、早手、五大、奇手、堅守、
吸生増幅、吸気、加速、霊力、剛体

防→挑発追撃、加護、慈愛、堅守、俊足

迅→韋駄天一閃、加速、快気、俊足、異彩

理論上、賭は無限の可能性を持っているけど、検証できるわけがないので無視する。

・無印討鬼伝はもはや5年前のタイトルだし、開き直って「バグ技を最大限利用してスキル構成するとこうなる」というのを考えていきたい。オンでは使わない(というか行きたいオンの部屋がない)んだし。


・こんな感じで討鬼傳が楽しい。ソシャゲは全タイトル断捨離したので解放感がある。
でも夏にβ版をやったロストオーダーが配信されたら絶対やるし(難易度高そうなのでストーリー以外はスルー予定)、
ポポロクロイスの新作も絶対やる予定。
ソシャゲをやめてもソシャゲは終わらない。嬉しくない。
でもここまでソシャゲまみれになるのもあと何年か、って感じだろう。
もうガチャゲーが生き残れる時代じゃなくなった。これからは買い切りソフトが主流になっていくはずだ。
今配信中のサービスが終了したら、次はないだろうという感じ。

この闇はいつか晴れる。
別窓 | 雑記 | top↑
年の初め
2018-01-02 Tue 07:42
・龍が如く極2をクリアした。なるほどこんな話だったのかー。
元のPS2版ではもっとホストがフィーチャーされてたような・・・ていうか桐生ちゃんがホストやってなかったっけ?
話を楽しむには十分だけど、オミットされた遊びがたくさんあるよなー。
あ、パチスロだけは二度とやりたくないんでノーセンキューです。

・極2の次はそろそろクロヒョウのリメイクを・・・!
極2で新しく真島編をねじ込めるくらいなんだから、元がPSPのクロヒョウなんか新要素てんこ盛りにできるでしょ。やってないから元のボリューム知らんけど。

・龍シリーズで全くやってないのはクロヒョウ1・2、龍3、見参、オブジエンド。
3がリメイクされたら嬉しいけど、PS3作品のリメイクはまだ早くない?って気持ちがある。
もちろんリメイクされたら買う。
2はPS3用のHDverを一応落としてあるので、やるものが本当になくなったら手を付けるのも悪くない。

・vitaでは北米版のToukiden:Kiwamiをとうとうトロコンした。元旦早々やり遂げた!
再入手不可アイテムを失いたくないので、トロコンした後にリセットした。なので、ゲーム内の勲章は埋まってない。
勲章コンプしたデータは2周目用だな。
いつか2周目やりたいけど、今すぐじゃなくていいやと思っている。

・で、次はトロコンしてない無印中文版の討鬼傳を再開した。
極経験後に無印をやると、火力がないぶん討伐時間の長さが気になりすぎてとても出来たものじゃなかったんだけど、
長期間やってなかったことで「もはや何をやっても楽しい」状態になっている。
いや〜無印のバランス懐かしい! 楽しい!!!
AIの頭が悪いのと、共闘ゲージがないぶん力尽きるのが単純に大迷惑なのとか、
極に慣れ切ってると厳しいけど、今は逆に「そういう環境」として受け入れられてる。
不自由なのが全く気にならない。長期間やらないことでこんな心境の変化が起きるとはなぁ。

中文版のトロコンに足りないのは、討伐履歴埋め、穢れた物体の浄化、賽銭箱最大拡張、ミタマコンプ。
武器コンプもまだ完了してないけど、これも北米版と同様に再入手不可アイテムを失いたくないので、
他のトロフィーが全て埋まったら仕上げにやろうと思っている。
つーか、再入手不可アイテムを消費する武器以外は既に全部入手してある。ちなみに双刀。
無印は合成武器の強化に馴染み度最大&ミタマレベル最大が必要だったので、時間がかかってとにかく面倒だったんだけど、それだけ既に埋めてある(なのに他のトロフィーが埋まってない)とか、やるなぁと過去の自分に対して思う。

北米版討鬼伝極のトロコンが止まってたのは、「朧素材集めがめんどくさすぎる」のが理由だったけど(本来なら一番最初のDLCで極級の朧素材は取り放題だった/北米版や中文版はDLCの追加コンテンツが全く使えない)、
結局泥臭く無限討伐をやり続けることでとうとう規定数を集め切った。

で、中文版無印討鬼伝のトロコンが止まってるのは、やっぱり朧が原因。朧素材自体はそれほど要求されないし、
DLCの中でもケルベロス(地獄三頭犬)だけは利用できるので、低確率ながら素材集めではそれほど苦労していない。

問題は朧ミタマだ。
無印の頃は朧ミタマ集めでつまづいてる人が本当に多かった。
私は討鬼伝で鬼と戦うのが本当に楽しすぎて、最後に残ったトロフィーは武器コンプだったんで、
ミタマ集めでの苦しい思い出はとくにない。
とはいえ、半数以上はDLCでの確定入手に頼っていたので、やはりDLCの朧確定湧きを頼れないというのはかなり厳しい。
朧がフィールドに現れるかどうかは運要素なので、地道に討伐を重ねるしかないなと思う。
(少しでも時間を節約するなら、鬼域突入時&1分経過後の2回のタイミングで湧いてるかをチェックして、いなければ帰還するという方法もある。さすがに作業すぎて虚しさが強いので私はその方法は採らない)

コンプまで残りのミタマ数は34。
結構あるけど、無印討鬼伝もとても楽しいので少しずつ埋めていきたい。
集めるうちに賽銭箱は勝手に最終段階になるだろうし、穢れた物体のトロフィーは狙って取りに行けばすぐに埋まるだろうから問題ない。
討伐履歴埋めが若干面倒。確認したら、全破壊報酬の金眼四ツ目の鬼面が埋まってない鬼が結構いた(極ではシステムが変わっているが、無印では全ての鬼から入手可能素材を実際に獲らないと履歴が埋まらない)。
鬼千切極がないので、全破壊前するためには部位を破壊する順序・武器ゲージを使うタイミングが重要になってくる。

ぶっちゃけ、極より無印のが戦闘中に考えなきゃいけないことは多い。
だから鬼千切極が実装された時は、難易度が下がりすぎてガッカリしたんだよなぁ。懐かしい。

まあ、履歴埋めもミタマ集めつつって感じだよな。
先にミタマが埋まり切った場合、モチベが保てるかちょっと分からないけど、長期間寝かせればまた楽しめることを今現在体感しているから、それはそれでって感じだ。

・実を言うと、討鬼傳のデータは無印討鬼伝のメインデータではやらなかった、ある種のバグ技を使用している。
セーブデータに影響が出たりはしないので、一応「裏技」とも呼べるものなんだけど、人別札のタイムが不自然に早くなりすぎるので推奨はできない。
今現在のプレイでまたバグ技を使う気はないけど、以前プレイしてた時は極と比較して火力が無さすぎるのに耐えられなくて、結構ガッツリ使用してしまっていた。
中文版のデータはどうせオンで使わないし、と割り切っていたせいもある。
具体的なやり方はちょっと正確に覚えてないので、ここに書く気はない。

・討鬼傳のトロコンが終わったら、中文版討鬼伝極を買って引き継ぐのも悪くないかな、という気がしている・・・。
3度目の討鬼伝極のトロコンになっちゃうね。そこまで本当にやるんだろうか・・・?
(北米版討鬼伝極は驚きの送料無料だったので余裕で購入したけど、今中文版を買うとどうなのかは分からない)
(そもそも討鬼傳は通販じゃなくて台湾土産で買ってもらったものだし)
討鬼伝2の他言語verを買うのも悪くない、というか、2はまだやり込みの余地が残ってるので、
2極が出る可能性を考慮して2に戻るのがベストな気がする。2の無限討伐全然やってないしな。

・PS4とvitaを最高に楽しく遊び倒しているが、
スマホ用のセブリバは最悪も最悪である。新規ボスのアマテラスが強すぎて倒せない。
マジ引退すべきだなと思う。
討鬼伝はこんなに死ぬほど楽しくて心がウッキウキするのに、セブリバの落差よ。
もうこのゲームやるべきじゃないわ。
別窓 | 雑記 | top↑
| あずまの地より来たりて、八百万の |