雑記
2015-11-29 Sun 15:53
・MHXやってます。
「MHP3と開発が同じ」という点でいろいろ期待していたのですが、期待を裏切らないマイルド調整ですね。良いと思います。

過去作と比較した感想は「良い」に尽きるのですが、
「討鬼伝よりも楽しいか」で考えると、あまり楽しくないです。
操作性、グラフィック、もっさりアクション・・・。

『進撃』の発売までは続けたいと思いますが、クエスト全制覇なんて1か月足らずで終わっちゃいそうだしなあ。
新要素一通り解放した後、モチベ続くか分からない。


・狩りゲーなんてのはストーリー(オフラインモード)クリアまでがチュートリアルみたいなもんで、
その後のやり込み要素がゲームとして本番。

MHP3・3G・4・4Gの頃は発売したらすぐ人集めて、ハンターランク上げて強い装備を作って、
ストーリーは強い装備でゴリ押して、とにかくプレイ時間を圧縮するのが基本だった。本番に向けた助走期間でしかなかった。

今はモンハンにそこまでモチベがないので、強い装備でゴリ押すつもりはないです。
普通のプレイで普通にオフラインクリアして、マルチもごく普通にやっていくつもり。


・過去の狩りゲーのプレイ時間

MHP2G 900時間 勲章コンプ
MHP3 300時間 コンプ
MH3G 800時間 コンプ
MH4 500時間
MH4G 250時間

討鬼伝(無印) 450時間 トロフィーコンプ
討鬼傳(中文版無印) 80時間
討鬼伝極 750時間 コンプ ※引き継ぎプレイのため、表示は1000時間超え
Toukiden:Kiwami 50時間

続きはモンハンの過去作をどの程度やり込んだかコメント。
(思ったより長くなってしまったのでP2G~3Gまで)
★ 雑記の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | top↑
進撃の発売日まだかなー
2015-11-26 Thu 01:00
・漫画の『進撃の巨人』は相変わらず未読なんですが(正確には3巻まで読んでるけど大体忘れた)、
アニメOPの「紅蓮の弓矢」は放映時えらく話題になっていたので、iTunesで購入していました。

で、久々に聞き直してみたんですけど、リンホラ(Linked Horizon)かっこいいですね!
まあだからって今からサンホラ(Sound Horizon:簡単に言うとリンホラの別名)にハマる気はないんですが。あれは10代の子がハマるべきな気がしているので。
サンホラは今年で20周年だそうで、マイナーだった頃から追っかけてたら私も立派なサンホラ厨だったろうなぁと思います。
まあ、そんな世界線は無かった。

・しかし「紅蓮の弓矢」のカッコ良さをもっと真剣に堪能したいという思いはあるので、
漫画版を買おうかなーと考えています。
ゲーム発売までには読んでおこう。
ゲームの発売日が確定したら、たぶん一気に全巻購入すると思います。

・テーマソングを聞き直しただけでここまで『進撃の巨人』が気になってしょうがないので、
今更感しかなくて何となく嫌なんですが、本格的に『進撃』にハマってしまうんじゃないかという予感がしています。
ゲームは百中百でハマる自信があるんですが、ストーリー知ったら私もリヴァイに熱狂したりすんのかな・・・。3巻までしか見てないから、リヴァイのどこが良いのか全く分かってないんですけど・・・。

・オメガフォースの『進撃』はたぶん結構売れると思うので、オンがどれほどカオスになるのか、怖くもあり楽しみでもあります。
『討鬼伝』も発売2週間のオンはめちゃくちゃだったけど、あれの数倍酷いんだろうなー。

まあ私は上記の通り『討鬼伝』での経験があるので、発売2週間はオンに近づかない予定ですが。
オフラインを最低限進めて、うっかりネタバレ食らうこともないだろうな、という状態になってからオンの情報収集を始めて、万全の状態でオンデビューするようにしています。
Vitaの狩りゲーで「晒しスレ」が活発なことってほとんどないんですけど、それでも、晒されたらイヤですからねえ。

以下は『討鬼伝』『討鬼伝極』のオンデビューに関する思い出話。
★ 進撃の発売日まだかなーの続きを読む
別窓 | 討鬼伝(無印&極) | top↑
MHX体験版:正直な感想
2015-11-22 Sun 22:26
MHX体験版やった正直な感想なんですが、
すいません、モンハンってもっと面白いゲームのような気がしてました。

これなー、MH4の時もMH4Gの時も感じてるんだよ!!
4は結局勲章ほとんど集めたし、4Gも発売1か月はやり込んだので、クロスも発売1か月は確実に遊び倒すと思うんですけど・・・
ていうか、モンハンの楽しさって「協力プレイ」にあるしね。
一人だとあんまり楽しくないのはしょうがない。

初めてやったMHP2Gの時もそうだったな。
周りがMHP3発売に湧き立ってたから、P3の予習がてらP2Gをやってみたけど、
正直なかなか楽しさが分からなかった。
4人プレイでハンターランクを上げてもらって、初めて「こんなに楽しいゲームだったんだ!」って思ったからなあ・・・。

ただ、歴代シリーズの中でもMHP3は難易度が低くて一人でも楽しみやすい設計になっていたと思います。
そしてMHXは開発が同じ。
なので、MH4・4Gの頃よりも一人で楽しめる時間が長いと良いなぁと思っています。

---

MH4の時はとくに、無印討鬼伝の数か月後に発売されたので、
始めた当初は「討鬼伝に帰りたい」「空蝉二段使いたい」というストレスが溜まりまくってました。
勲章の条件が判明してからは結局やり込みましたけど。

今MHX体験版やった感想は、やっぱり「討鬼伝に帰りたい」「空蝉二段使いたい」ですね。
この3年間、自分の感想が全くブレてなくてビビります。
このままブレずにいくと、結局「でもやり込む!」という結果に落ち着くんですが。
まあ、今年もそうなるんだろうなと思います。
別窓 | 雑記 | top↑
MHX体験版
2015-11-20 Fri 20:58
買う買うといって結局買わずにいたNew3DSを、とうとう買った。
理由は単純、MHX体験版のカメラ操作にキレたため。

過去作では下画面をカスタマイズして仮想十字キーを表示させることで、右手でのカメラ操作を可能にしていたのに、
MHX体験版ではカスタムができない。仮想十字キーが存在しないのである。
つまり、操作性が最悪。

せっかくいろんな武器+スタイルで遊び倒そうと思ったのに、台無しですよ。
New3DSなら右手側にもスティックがあって、右手でのカメラ操作が可能になるので、
元々スライドパッドがヘタってて買い換え時だったのもあり、さっそく新しく買った。

本体の引っ越しってスゲー時間かかるらしいし、モンハンみたいなビッグタイトルが出ると本体も品薄になる、という話にも後押しされた。

というわけで、さっそく諸々引き継ぎしてNew3DS使うかー!と思ったんですけど、
今使ってる3DSLLのSDカードの容量が16GB。
新しく買ったNew3DSLLの同梱microSDカードが、4GB。
・・・足りない!!!! 絶望的に足りない!!!!!

最低でも16GBのmicroSDを用意しないと話にならないし、
なにげに「microSDを交換する時はネジを外して(要:ドライバー)本体カバーを外さなければならない」という点もネック。
精密ドライバーが残念ながら手元になかった。

・・・というわけで、体験版が公開されるのすごく楽しみに待ってたのに、まともに遊べるようになるのに丸2日かかりました。

あと1週間で製品版出るっつーのにね。

---

まだギルドスタイル以外をろくすっぽ試していないので、体験版に関する感想は書きません。
というか、このブログは討鬼伝を熱愛しているブログなので、モンハンのことはあまりしつこく書かない予定です。

しかし最近になって、「MHXがMHP3と開発陣が同じ」ということを知りました。
P3といえば、日本で最も売れたマイルド調整のモンハン。
4Gと比べると絶対「理不尽要素が少ない」と思うので、製品版の出来、すごく期待しています。
別窓 | 雑記 | top↑
最近やったゲーム
2015-11-19 Thu 01:32
「アソボックス」という会社のゲームを回して暇を潰していた。

<3DS>
・『王国の道具屋さん』
去年買って既にクリア済みのゲーム。
「称号」という実績システムがあり、全解除は未達成だったので、クリア済みデータで実績集めを始める。
で、そこそこ遊んで「傭兵のLvMAX」以外は全実績を解除した。

魔法使いの必殺技LvMAXが結構時間かかった。
剣士・弓使いは必殺技ゲージがすぐ貯まるので、必殺技Lvもすぐ上がるんだけど、魔法使いは攻撃頻度が低いのでなかなかゲージが貯まらない。
全実績を解除するには剣士・魔法使い・弓使いのレベルを99にする必要があり、
今の各レベルは剣士83・魔法使い72・弓使い64。
再開時、剣士81・魔法使い58・弓使い58だったので、結構がんばったなーと思うけど、99はまだまだ遠い。
モンハンも出るし、またしばらく積みます。

<iOS>
・『再生!カラカラ惑星(プラネット)』無料
「惑星を暖めすぎて砂漠化してしまった」というドジ女神に代わり、スタミナを消費して惑星を再生していくゲーム。
フレンドと協力して~というような要素はない。チマチマ遊べる。
ドット絵が非常に可愛らしく、曲もレトロで可愛らしい。とても良いゲームでした。
現在、全体の再生率は90%超え。そろそろ全クリ。

前述の『王国の道具屋さん』は元々スマホ用アプリで、
同名のゲームがアソボックスから今でも配信されてるんだけど、
「3DSの十字キーの操作性の良さ」を知ってしまうと、タッチ操作オンリーのアプリでやりたいとは思えない・・・。

元々ケータイアプリでコンシューマに移植されたものといえば、去年ハマって遊び倒した『不思議の国の冒険酒場』なんかもそう(これは配信元はライドオンジャパン)。
『不思議の国の~』はシリーズ化されていて、鍛冶屋verも配信されてるんだけど、十字キーの操作がね・・・どうしても恋しくてね・・・。3DSに移植待ち状態です。
面白そうなのでやりたいけど、今後移植版が出たら「もうiPhone用のやつクリアしちゃったしなー」となって買わない未来が見えるので、今プレイしたくないっていう。

とはいえ、そもそもスマホ用が売れないと「3DSに移植できない」ということが起きる可能性は大いにあるので、今買っておくべきという気もしてるんだけど。むずかしい!
(ハードカバーの書籍が売れないと文庫化できないのと同じ理論)(現在3DS版開発中でしたら要らんこと言ってすみません)

---

今日のおそらく昼にMHXの体験版が配信されると思うので、製品版発売まで遊び倒して、年内はモンハンで遊ぼうと思います。
年が明けたら進撃の巨人で遊ぶんだー。しばらくアクションゲーム充できそうですごく嬉しいー。
別窓 | 雑記 | top↑
最近読んだ本
2015-11-14 Sat 18:59
・『新宿スペースインベーダー』(新潮社、玉袋筋太郎)630円
2011年に刊行された同著が文庫化されたもの。ずっと気になってたんだけどつい忘れてしまって、先日やっと買った。

感想としては、面白かったです。良い青春小説でした。
ただ、私が聞きかじっていた設定「雀荘がスペースインベーダーのブームに飲まれつつあった頃、家業が雀荘の玉袋少年はインベーダーゲームに夢中だった」という部分は、期待したほど本編に登場しませんでした。
雀荘に関する描写はほとんどゼロ。インベーダーゲームはそれなりに出てきますが、麻雀との関連付けは全くされてませんでした。

それはさておき、各章が「悪ガキの小学生時代」の思い出としてどれも秀逸で、
一部のみ「マジでエグいことやってるからページめくるのが辛い」ことを除けば、最後まで飽きずに読み進めることができました。
初見の著者(タレントとしては全く初見じゃないけど)の本なので、どこまで過激な内容をブッ込んでくるか分からないゆえの、ページをめくる躊躇。
まあ結局エグいことやった連中は全員キツい制裁を受けるので、スカッとはしてないけど、読んでいて安心しました。

---

しかし、悪ガキが主人公の半自伝的小説といえばゲッツ板谷の『ワルボロ』がやはり最高峰だなぁ、とどうしても比較してしまいます。
『ワルボロ』は「友情」「努力」「勝利」の要素がどれも100点満点で、スパイスとして恋愛要素入り。
『新宿スペースインベーダー』と違って主人公たちが中学生なので、そのぶんやれることがいろいろ増えているせいもありますが、読後感の「アツさ」がやはり群を抜いています。
そのぶん、続編の『メタボロ』『ズタボロ』はいろいろ残念でしたが・・・。まあ、それはしょうがない。

各小説を私の主観で評価すると、以下のようになります。

『ワルボロ』
友情 5
努力 5
勝利 5

『メタボロ』
友情 3
努力 2
勝利 1

『ズタボロ』
友情 4
努力 3
勝利 3

『新宿スペースインベーダー』
友情 5
努力 2
勝利 3

『ワルボロ』シリーズと比較すると、『ズタボロ』と並ぶかそれ以上か、といった感じ。
主人公が小学生につき、「努力」がほとんどないのはしょうがない。「勝利」らしい勝利もそれほど多くない。
「友情」に関してだけは、『ワルボロ』と並ぶ文句なしの100点満点です。「友情」要素は本当に素晴らしかった。

『新宿スペースインベーダー』はどうも続編があるっぽい噂を聞いているのですが、調べたところまだまだ執筆中の様子。
1作目でこれだけ素晴らしい仲間たちに囲まれてしまっていると、「この後何人かはいなくなっちゃってるんだろうな・・・」とつい心の準備をしてしまいますが、まあそれはそれとして、どんな続編になるのか、とても楽しみです!
向こう数年は出ないんだろうけど(『新宿~』は筆を執ってから4年後にやっと刊行できたらしい)、楽しみに待とうと思います。
別窓 | 書籍/漫画/ゲーム/映画/etc | top↑
ウォーリーを探す
2015-11-13 Fri 22:58
猛烈にウォーリーを探したくなったので、ウォーリーの青・黄・赤の本を買いました。
大判でフルカラーなのに1冊1300円。驚きの安さ!!!!!

MHXまでこれといってやりたいゲームがないので、
しばらくじっくりウォーリーを楽しみたいと思います。
別窓 | 雑記 | top↑
また脱出失敗
2015-11-11 Wed 01:51
3DS用のリアル脱出ゲーム『超破壊計画からの脱出』、
第2話に挑んで、またしても最後の謎が解けずに失敗しました。
1話も失敗したので2連敗中。

最終話(5話)まで購入済みなので、残り3話、リベンジなるか・・・
うーん、自信ないなあ。

いつまでオンラインで参加可能なのか不明なのですが、まあ年度内くらいは可能だろうと思うので、
引き続きちょっとずつ遊びたいと思っています。
3話も楽しみだな。
別窓 | 雑記 | top↑
最近やったゲーム
2015-11-08 Sun 18:03
<Vita>
・『Toukiden:Kiwami』(北米版討鬼伝極)
メインストーリークリアしました。
日本語版とはまた違った発見がいろいろあって面白かったです。
これについてはいつか丁寧に書きたいけど、今はめんどくさいなぁという思いが強いです。

<DS>
・『ノーラと刻の工房 霧の森の魔女』
2011年のDS用ゲーム。
ロクなエンディングを見れず、「難しい!」と感じて放置していたのを再プレイ。
「おまけ」モードでクリア状況が見られるのですが、バッド・ノーマル・トゥルーエンドが埋まっていて意外でした。
バッド以外全く記憶になかった。

再プレイしたら余裕でトゥルーエンド見れたし、狙ったキャラエンドも見ることができました。
このゲーム、攻略サイト漬けになることに抵抗がなければサクサク楽しめますね。
「新鮮な気持ちで楽しみたい」という人には全く向かないです。高確率でバッドエンドしか見れなくなるので。

地道な周回プレイで未攻略のキャラエンドを全て埋め、今はバッドエンドの差分を見ようとしているところです。
図鑑は全部埋まってない(低確率でペットになるドラゴンを埋めるのがクソめんどくさそう)のですが、
DS用ゲームにはトロフィーとかないので、エンディングの差分埋めたらクリアにしようと思います。

<PSP>
・『討鬼伝』
PSplus加入者は40%引きで無印討鬼伝が購入できるので、PSP版をDLしてしまいました。
『討鬼伝2』は対応ハードからPSPが削除されているので、低画質の討鬼伝が楽しめるのは無印&極のみということになります。
というわけで、逆にプレミアを感じてしまったため購入。
討鬼伝が合計6本になりました。
★ 最近やったゲームの続きを読む
別窓 | 雑記 | top↑
進撃の巨人の続報きたーー
2015-11-06 Fri 18:13
生存報告をややサボっていましたが再開します。生きてます。

今日はオメガフォース新作『進撃の巨人』の公式HPがやっと更新されましたね!!

トップページ見て真っ先に思ったのが、トレボが12,000円って高いなあ、ということ。
『討鬼伝極』のトレボもほぼ同額だったけど、値段度外視で「絶対買う!!」と思ったので、自分の思い入れの落差が分かりやすく露わになったなあと思いました。
しかし発売日未定なのに予約が始まってるって不思議な状況ですね。
この感じだと、発売は1月あたりだろうと予想。(討鬼伝極は8月発売で6月に予約開始してた気がする)

原作漫画は相変わらず未読なので(正確には4巻くらいまでなら読んだ記憶がある)、
進撃の巨人そのものに思い入れはないですが、戦闘が『討鬼伝』の鎖鎌とほぼ変わらなくてかなり面白そうなので、発売日が待ち遠しいです。
楽しみだなあ。

---

公式HPのトップページを放置すると戦闘画面のPVが始まりますが、それを見て思った感想。

・立体起動、鎖鎌とほぼ変わんねえ
・通常の移動も高速化できそうで爽快感強そう(※鎖鎌は分銅が何かに当たらないと跳躍できないので、何もないフィールドだと高速移動できない)
・巨人のサイズ感が『極』のマガツミカドを彷彿とさせる
・マガツミカドの高所の部位破壊は飛べる武器に任せないとどうしようもないんだけど、飛べる武器でも一度に跳躍できる高さには限界があるので、高所を狙う時は「登山」と呼ばれていた(背中などをよじ上るような立ち回りが要求される)。『進撃の巨人』では足場になる建物が大量にあるので、登山する必要がなくなりそう。
・今のところ肉弾戦しかなさそうなんだけど、マガツミカドみたいに状態異常攻撃してくることはあるんだろうか?
・あと、部位破壊が戦闘の肝になることを最初から名言してるわりに、詳細が明らかになってない。討鬼伝と同じで「武器ゲージを貯めて鬼千切を使う」システムなんだろうか?
・巨人の顔がキモい。いい感じにキモく仕上がってるので、原作未読の身としては「結構キツいかもな」と思うレベル。
・絶対戦闘が面白いのでやり込みたいけど、巨人のキモさに負けてやり込めない可能性もあるなあと思う。


とりあえずこんなところです。
『進撃』はPS4版を買おうと思っていますが、肝心のPS4をいまだに買っていません。
年末商戦が始まる前に買っちゃいたいな。『龍が如く極』が1月発売だし、早くしなきゃ。
別窓 | 雑記 | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう |