今日の曹操
2018-02-15 Thu 05:52
・赤壁の戦いで負けちゃったよぉお〜〜〜おろろ〜〜〜ん(知ってた)。
7章まで進めたけど、どの章も密度があるからサクサクとは進まんね! 楽しいから問題ないけど!
つーか、曹操様のレベルが95になってしまった。カンスト間近では?
私の予想では、曹操で10章までは用意されていると思うんだが、クリアまでに絶対カンストするでしょこれ・・・。
まあどのキャラも長く使い込むだろうから、カンストなんか気にしてる場合じゃないだろうけど。

・「義を見てせざるは勇なきなり」を信条に、
街でポップした依頼は全て引き受けて解決してたけど、カンスト間近になってしまったのでやめた。
依頼がワンパターンで若干飽きてきたってのもある。
レベル上げに使えるから、他のキャラに変えたらまたやるだろうけど。
曹操様のプレイではもう請け負わない。

・ゲームが大好きな割に2時間もやったら疲れてしまうんだけど、
無双8は馬で走り回ってる時間がそこそこあるし、戦闘で特別疲れる要素もない(何かを計算しながら戦うこともない)ので、気が付くと4時間ぐらい経っている。びっくりする。楽しすぎ!

・今日やってて唯一不満だったのは、水中に落ちた敵武将が陸に上がってくれないこと。
黄蓋を倒したいのに、水に落ちちゃって近接攻撃が当たらなくなったので、死ぬほど地道に矢を撃ち続ける羽目になった。
あまりに地道すぎて笑えたし、こんな戦闘は6章にしかないと思うけど、直せるなら直してもらいたいなぁと思う。


・こんな無双漬けでも、なんと討鬼伝2もやっている。
下級雅の遺跡調査に行って、ヤトノヌシを2回とも全破壊。イェイ!
欲しかった素材は出なかったけどね。シット。

火力がない(あえて無くしている)ので、下級限定の構成だけど、
賭スタイルの石川五右衛門・最澄・真田昌幸の3人で「おみくじ強化・霊力」を3積みにして、
弓で行けば普通に全破壊いける。
弓は上級性能の麻痺弓。
同行NPCは雷蔵、椿、真鶴。
雷蔵はおみくじの回数増やしてくれる&未破壊部位を優先的に千切れる、
椿は武器ゲージを付与してくれる、
真鶴は火力がない&複数部位を広く攻撃してくれやすい。

マルチで交換した誰かのスキル構成が優秀だったら、NPCよりもそっちの方が便利だろうと思うけど、
オススメできるのは献スタイルの献特化増幅(献身ではなくアビリティを強化するほう)構成か、
賭スタイルの幸魂特化(そんなにタマフリ回復いらないけど、雷蔵よりはたぶん便利)構成くらい。

全破壊する上で、マガツヒ中に攻撃されては困るので、指示を「集」にして攻撃をやめさせるのは必須。
超長距離でも狙撃弾を撃ってしまう銃キャラは同行NG。弓は適正な射程があるので、引き離せばそうそう攻撃しない。

2のヌシ系はタマハミ後に前腕が復活するので、全破壊する上で徹底しなければならないのが、
「タマハミまで前腕は攻撃しない」(本体にダメージが行くマガツヒ部位にしてはいけない)、
「自分は装飾品を壊す」(近接が狙いにくい角と肩パッド)、
「後腕は完全部位破壊するので攻撃しなくていい」、
「腹の脇の棘破壊は近接に任せる」、
「マガツヒ中はとにかく距離を置いて攻撃しない・させない」(攻撃しなくても鬼の手で掴みかかってしまうのはしょうがない・・・)、
「弓は呪矢以外使わない」(できるだけ未破壊部位を狙う)、
「タマハミ後は速やかに前腕を壊せるよう、武器ゲージ&共闘ゲージ量に気をつける」、
「おみくじは惜しまず連発する」(余計な攻撃をしてはいけないので天運天恵と運否天賦は使わない)、
「できるだけ味方を集めておみくじを使う」(おみくじ霊力は周囲の味方にも付与効果があり、大吉以上が出ると3積みでたぶん30%ゲージが増える)。
こんなところか。

あとは、
「いつヌシ系が出てもいいよう、おみくじの回数・武器ゲージ・共闘ゲージ・幸魂は温存しながら戦う」、
「ヌシ系以外の鬼は味方の指示を攻にして自分は適当に戦う」。
自分がほぼ戦力外なんだけど、下級なら仲間が強いのでそれほど時間はかからない。

・上級でオススメは、真田昌幸・トロ・最澄(or石川五右衛門)の構成かなと思う。
まだヌシ系の全破壊には試してないけど。
この構成自体は、遺跡調査じゃなくてもどんな任務にもオススメ。意外と快適。
おみくじ霊力が2積みなので鬼千切が使いやすいし、ニギタマが攻なので死ににくい。
あと、重要なのが、トロのユニークスキルで「大凶を引いた時のステータス異常が全て睡眠になる」こと。
睡眠なら仲間に叩き起こしてもらえるので、封印を食らうような窮地に陥りかねない事態が避けられる。
睡眠中は体力ゲージが回復するので、味方がなかなか起こしてくれなくても問題ない(状況によっては起こしてもらいたくないことさえある)。

・問題はトロと真田昌幸がDLCで有料なことくらい。
やり込み勢は絶対買ってるに決まってるし、面白い構成は大歓迎だろうと思うけど。

・これだけ考えて戦ってるんだから、そりゃ討鬼伝は2時間で疲れるはずである。
無双8が異常なだけだ。
スポンサーサイト
別窓 | 討鬼伝2 | top↑
雑記
2018-01-18 Thu 01:36
討鬼伝2、早くもやる気が出なくなってきている。

・遺跡調査があまり面白くない件。
6種の領域からいずれかを選んで出撃するシステムのせいで、出る鬼の内容が偏りがち。
特に今は武器の生産素材が欲しくて、選べる領域が武・雅・古に限定されているので、同じ鬼と何度も戦わされて飽きてきている。

・長期戦で輝く賭スタイルが改悪されている件。
賭スタのタマフリ「運否天賦」は、いずれかのスタイルのタマフリがランダムに選出されて発動するものだが、
『2』で追加されたニギタマフリ・アラタマフリも選出対象なので、ハズレが増えた。(何も発動しない純粋なハズレも削除されてるかもしれないけど)
過去作でハズレのタマフリといえば、空スタの縮地くらいなもので、あとはそれぞれに利用価値があったけど、
2は各スタイルにそれぞれ「別に今発動されても・・・」というような微妙なのが混ざっており、
スキルで特定のスタイルの選出率を上げたところで使いたいタマフリを引いてくれないことが増えてしまった。

・私セレクションのハズレタマフリ。
攻→死反(まかるがえし)
即死ダメージを貰った時に発動すると大変ありがたい死反だが、
何でもない時に発動されるとただのゴミ。ニギタマから出ないでいただきたい。
運否天賦強化・攻式をゴミにしている戦犯。

防→挑発、鋼化
挑発が使いたければ専用のセットを組むので、普段発動されるのは邪魔。
鋼化も無いよりはありがたいかもしれないけど、効果時間もたかが知れてるし、嬉しくはない

迅→八咫烏
武器種にもよるだろうが、八咫烏を駆使した立ち回りがそもそもよく分からない。
無いなら無いでいい効果なので、やはりニギタマから出ないでいただきたい。

癒→無い?
しかしスキルで癒の選出率を上げたいとは思わない、生刀生弓(いくたちいくゆみ)以外は火力がないので

隠→隠形、薬師、神便鬼毒
今作での隠形のゴミっぷりはマジでビビる。鬼千切の使用前に使って、会心の発動率を上げる以外に使い道あるのか?
薬師もパッシブで輝くタマフリなので普段発動されても無駄。
神便鬼毒は搦め手系のスキルを積まないと活かせないので無駄。

魂→照魔ノ法
そもそも運否天賦で発動する魂タマフリは、一瞬で効果が終わってしまうので「いやそんなにタマフリ高速回転させる気ないんだけど」という気持ちにさせられる。魂タマフリを使いたければ魂スタで出撃するのが一番強いので、嬉しくない。
照魔ノ法は特定部位から鬼の体力にダイレクトアタックできるようになる効果があるが、逆に他の部位の耐久値を上げてしまう効果もあるので嬉しくない。効果が独り善がりすぎる。

空→縮地、大直毘(おおなおび)
縮地のハズレっぷりは言わずもがな。大直毘は鬼祓いの効果を上げるものだが、遺跡調査でそんなに丁寧に鬼祓いしない。

献→捨身供儀、魂呼(たまよばい)
捨身は武器種にもよるけど、基本的には出て欲しくない。スリップダメージの代償がばかにならない。
魂呼も死反と同じで、即死時に出ると本当にありがたいが、それ以外ではいらない。

壊→断祓(たちはらえ)、発破
断祓がいらないかどうかは意見が分かれそうだけど、基本的には無いものでいいと思う。
発破も割れそうだけど、個人的にはいらない。任意のタイミングで使えない怯み取りなんて。

繰→衛種、形代召喚
そもそも繰スタイルの使い方をあんまり把握してないので、五霊と五輪以外は全部いらないとも思う。
とくに形代召喚、位置を変えられないので使い勝手が悪すぎると思う。全ニギタマで一番いらない。


・結論として「運否天賦にニギタマが混じってるのが邪魔すぎる」と言える。
ニギとアラは除外すりゃよかったじゃん・・・なんで全種類混ぜちゃったんだよ・・・。
これまで通りで良かったんだよ・・・。
ニギを引いた時のガッカリ感で萎えるので、遺跡調査に賭スタで行くのがつまらなくなっている。

・改めてマルチの任務を眺めてみて、そもそも任務の数が少なすぎると感じた。
フィールド探索で大型に遭遇できるのだから、任務の数が減るのはしょうがないにしても、単体任務が用意されてない鬼が複数いるのは本当に萎える。

単体じゃなかったとしても、それぞれ別個で連戦になるのはまだいい。
開始時から同時に出現しているやつは本当に面倒でイライラMAXなので最悪だ。ヨモツイラツメ、お前のことだよ!!
乱の領域に出るやつを個別に倒しに行けばいい話ではあるけど、フィールドの鬼には禊の効果が適用されない(ドロップレア素材を禊スキルで大量ゲットができない)のでヘイトが溜まる。

・フィールドで遭遇したところで、すぐそばの別の大型が乱入してきたり、共同作戦の討伐対象も混ざってきたりして、
酷い時は大型3体との混戦になる。やっとられん。
PSPの頃はそこまで処理できるスペックがなかったので、結果的に難易度低下を招いていたが、
PS4の性能がベースとなれば、もはやそんな制約は存在しない。
ええ、はい、素晴らしいですね。こっちは最悪なんですけど。

・討鬼伝は基本的に脳汁ダダ漏れさせてほとんど全肯定で遊んでるような感じだったけど、
2は改めてやっぱり不満が多々あるなと感じた。
私が本当に一番好きなのって結局1作目なんだよね。
トロコンの手間が大変で、愛憎入り混じる感じはあったけど、私には合ってた。
本当に楽しかったし今でも好き(数日前までやってたわけだし)。

・討鬼伝2、PS4タイトルにしてはボリュームが薄かったんじゃないかと思う。
その点、無印と極はPSPの存在があったから「こんなもんだろう」という心的ハードルが低かった。

・やっぱ中文版の討鬼伝極を買っておくべき・・・か・・・?
別窓 | 討鬼伝2 | top↑
からころも・・・
2018-01-17 Wed 07:56
・PCから離れてた時期だったので、討鬼伝2カテゴリで記事をほとんど書いていない。
私にとって2は、無印・極とあっての3作目で、どうしても比較の話が出てくるので、
2単体でカテゴリ分けする必要があるか?と考えるとちょっと微妙だけど、
一応分けてあるのだから2の話は専用カテゴリに入れておこうと思う。

・昨日から討鬼伝2を浴びるようにやって、大体満足した。
未強化だったDLC防具は全て強化、DLC鬼の防具も全て作った。
強化費用がばかにならないので、共同作戦を回ってとにかく鍛冶屋無料を狙った。

素材が足りている防具の強化は全て終わったので、共同作戦巡りはここで一旦打ち切り。
足りない素材は上級ヌエの大猿牙、上級オニビ朧の光精。
雑魚素材集めは面倒臭いが、リセット&ロードを繰り返せばフィールドに再湧きするらしいので、
本気を出せばたぶんすぐに何とかなるのではないかと思う。面倒だから今はやらない。

・防具は一段落したので、次は武器なわけだが、
素材は足りてるのに強化してない(ちょっと高い)やつがチラホラある。
討鬼伝極では、エンドコンテンツの無限討伐しかやることがなくなった時に、結局金の使い道がなくなってカンストしてしまったのだが、2でも同様の事態が容易に想像できる。
なので、武器強化のためにあくせく共同作戦を回ることはしない。
自然に金が貯まったら、順次強化していけばよいだろう。

・しかし討鬼伝2は、DLC鬼の武器も含めた強化ツリーの最終版を載せている攻略サイトがない。
探せばあるのかもしれないけど、検索1ページ目に出るような大規模なところには載っていない。

2の強化ツリーは、順に強化をしていったら一発生産可能な武器に辿り着くことが多々あって、
既にその武器を生産してしまっていて無駄が出る経験を何度かしている。
なので、何を強化して何を生産するかは初期に決めておきたいのだが、攻略サイトが充実していないのでそれが出来ないケースが多い。ううむ、不便だ。

・それはさておき、DLC任務で手に入る特殊な素材を使用する武器は間違いなくツリーを気にする必要がないので、
全武器のために素材集め周回をすることに決める。
1系統で3個必要なので、11系統だから33個。
1回の任務で手に入る数は、1〜2個。
・・・これはなかなか大変だ。

必要なのは任務のクリア報酬で、討伐対象の鬼素材はどうでもいいので、とにかく火力を盛って速攻で片付けられるのが望ましい。
周回していくのは、進行度四のDLCウシヲキナ。
とりあえず、壊特化増幅を積んだ手甲でひたすら殴ってみて、約2分かかった。(NPCは適当、ローテさせて選んでる)
悪くはないが、もっと縮められるはずだ。
下級鬼相手なら、あの構成で・・・。

というわけで、魂スタイルで挑み直したら約1分で終わった。
さっきの半分。明らかにラクだしサクサク。
あー、これはもう、この構成で決定だな。武器はなんでもいいけど、スタイルは魂。
何度か繰り返して、最終的に45秒まで縮まった。(運要素入れればもう数秒は短くできると思う)

かきつばた、強すぎる!!!!!

・「かきつばた」というのは在原業平のミタマを指すワードなわけだが、
とんでもなく強いわりに攻略wikiには構成が載せられていない。ゲームバランス壊すからね・・・。
バグ技のたぐいではないが、あまりにも強くて全破壊前に鬼が死ぬし、作業ゲーになるのでオンでは嫌われる。
使用は自己責任でオフのみに留めておこう。

・肝心の使用法。
業平は特殊なユニークスキルを持つわりに、当人が空スタイルなので、
メインの魂は誰かシナジーの高い人を選んでくる必要がある。

私の使用している構成(スキルは左から重要な順)が、
メイン[魂]新島八重 ハンサムウーマン、破敵凝縮、元気溌剌
呪禁[魂]平将門 連昇凝縮、魂全霊、東国の新皇
終ノ種子[空]在原業平 かきつばた、連昇凝縮、魂集中

任務開始→鬼に近寄る→鬼ノ手で呪禁使用・接近→適当に殴って魂マーカー付ける
→貯めて破敵(下級ならこれで大抵マガツヒ化)→鬼の足元に終ノ種子設置→
貯めて連昇→貯めて追駆(自分の向きには注意すること)
→全てクールタイムに入ったら貯めて治癒→再使用可能になったタマフリを貯めて再使用
→繰り返し。

これが通称「かきつばた」。
必須スキルは業平のかきつばた、ゲージ貯めが飛躍的に早くなる新島八重のハンサムウーマン。
真ん中の平将門は他のミタマに置き換えてもいいと思うけど、タマフリ強化を最大限重視するなら将門公がベストなのではないかと思う。

かきつばたは「タマフリを使うと他のタマフリのCTが短縮される」効果があって、治癒にも適用されているので、
攻撃タマフリを連発して、使えるものがなくなったら治癒使うだけで、タマフリが超高速回転する。
これでウシヲキナを約45秒で倒しているが、破敵も終ノ種子も2回目が使えるようになることが多々あるので、
どれだけ壊れ性能なのかお分かりいただけると思う。

ちなみにスキルの元気溌剌と東国の新皇は体力最大時にダメージがアップする効果だが、
魂タマフリにも効果が乗ってるのかは知らない。
たとえ乗ってなくても、とんでもなく強いのでどうでもよい。

・かきつばた強えぇ〜〜〜と思いながらウシヲキナを倒し続けていたが、10回程度やったらさすがに飽きた。
続きはまた後日。

・あと欲しい素材といえば、次元武器の生産素材の壊れたカラクリ武器。
これは遺跡調査で10討しないともらえないので、とりあえず遺跡に潜る。
・・・10討してきたけど出ない。
ヤト・オカミにも会いたかったけど、出てない。換金素材以外に得るものなし。
何度か挑んで、やっと1個が取れたきり。これは大変だ・・・。

・疲れてきたので最後にまとめと課題。
快適な遺跡調査をするのに適したミタマと武器はどれだ?
ヤトとオカミに会えても本体素材がロクに出ないので、本気で狙うなら無限をやらないとダメそう。
仕込鞭は何度か使えば操作をモノにできそうだが、火力で鎖鎌に劣るので使い込む意欲があまり・・・。
盾剣も覚えたいけど、輪をかけて弱そうなのでどうしたものか。
鞭の気力管理が楽になるミタマ構成を作る。

とりあえず、壊れたカラクリ武器が必要数貯まるまでは遺跡調査周回するしかない。
たまにDLCかきつばたを挟む感じ。
別窓 | 討鬼伝2 | top↑
討鬼伝2体験版
2016-04-08 Fri 22:34
『討鬼伝2』体験版、やってます。

序盤を体験させてもらってるっぽいけど、引き継ぎもないし、製品版とどう変わるのか楽しみですね。

最序盤は省かれて体験版がスタートするので、主人公の「記憶がない」設定はまあいいんですけど、
「昨日会った」と言われても「いや、知らんがな」としか言いようがなくて、ちょっと間抜けな感じになっています。
この主人公、下手したら毎日記憶がリセットされてるぞ!

---

私はとにかく双刀で斬りつけるのが好きで、
『極』のアクション体験版が出た時も、指南&任務を全クリしたらそれ以上のやり込みはしませんでした。
(太刀・薙刀・金砕棒・銃しか選べなかったため)

今回の『2』体験版は太刀・弓・盾剣・仕込鞭しか使えないので、
やっぱりやり込みはそれほどやらないかなぁ、と思います。
ただ、フィールドが美しくて広大なので、しばらく何もせずに走り回ったりはしたいです。

細かい感想は後日。

---

まだ体験版クリアしてないんですけど、
ゲーム画面の紅月を見て、彼女がなぜ「罪を背負ったモノノフ」なのか、大体予想がつきました。
予想通りになるか、違った展開になるか、製品版でどうなるのか非常に楽しみです。
(※もし予想通りだったら一人で天狗になります)
別窓 | 討鬼伝2 | top↑
討鬼伝雑記
2016-03-29 Tue 03:07
討鬼伝2の公式HPが更新されましたね。

グウェン役が中川翔子ということで、コメントが寄せられていますが、
文中の「先祖が対黒船の大砲を作っていた」という部分は笑いました。マジかよ!
「ご縁があったのかもしれない」という部分に激しく同意。

あと、「2もマルチプレイしたい」と書かれていたのに驚きました。
ということは、過去作でマルチをプレイ済みなんでしょうか。
私もマルチはかなりやったので、もしかしたら見かけたことがあるかもしれない。
どれがしょこたんだったのか特定できる気はしないけど、2やる時も楽しみですね。

---

ところで今、じわりじわりと進撃のトロコンを進めているところなんですが、
オメガフォース版の進撃は攻略サイトがあんまり充実してないですね・・・。

トロコンのために素材を集めていますが、
どの素材がどこでどの程度取れるのかが分からないので、不便な思いをしています。
攻略本買えばいい話なんだろうか・・・。進撃は買う気ないんですが。

その点討鬼伝は素材や任務について完全に網羅している攻略サイトがあって、非常に便利だったのですが、
そのサイトはPSP版の討鬼伝のデータを解析して攻略ページを作っていたので、
PSP版が発売されない2以降はデータ量があんまり期待できないんですよね・・・。

解析サイトがとにかく便利で、ミタマやスキルの検索に重宝していたのですが、
2であのサイトが使えなくなる(と思われる)のは惜しい。
もしかしたら、2のために攻略サイトをまた用意してくれる可能性もありますが、
極以前ほどの情報精度は期待できないので、討鬼伝2の攻略情報は「自分でまとめる」つもりで積極的に記録していきたいと思っています。

進撃の巨人は、今さらめんどくさいし原作読んでないので手遅れっすわ。
やや不便な攻略サイトを頼りつつ、トロコン目指してプレイ続行します。
別窓 | 討鬼伝2 | top↑
| あずまの地より来たりて、八百万の | NEXT