雑記
2017-11-11 Sat 07:05
・ディヴィニティ、街の外の戦闘がメインになってきて街に用がなくなってきてしまい、
大好きな中世ヨーロッパ風世界があまり堪能できなくて熱意が落ちてきた。
でもまあ、難易度最低でやってるし、敵にはそこまで苦戦していないので、少なくとも次の街が出るまでは頑張りたい。

・エグリアは相変わらず色違い家具の素材集め中。
図鑑は精霊図鑑が埋まればコンプリート。
新章追加前はモチベが保てなくて、結局99%で止まってたんだが(広場のシンボルが1個未入手だった)、今度は100%にできそうだ。
未入手精霊はあと1体、種不足で進化待ちが3体。合計5体でコンプ。

しかし、エグリアは攻略サイトが充実してなくてダルい。
どのマップを回るのが一番効率がいいのか、自分でデータを別にまとめないと調べようがない。
じゃあ自分で攻略サイト作ればって話だが、やる気は限りなくゼロに近い。
作るなら広告収入が欲しいけど、エグリアとは欲にまみれた向き合い方をする気になれないので、でもタダ働きも御免なので無理。

ゲーム内で採取地の詳細なデータが見れればいいんだけど、表示件数に限界があるみたいで、
全ては網羅されていないので、役に立ってはいるけど完全じゃない。残念。

・セブリバ、FF11コラボと新ジョブの竜騎士追加と追加メインシナリオが来た。
いやー、興味ないんだよなあ。しかも今回のコラボガチャは有償購入分の石でしか回せないし。
一応最低限回せるぶんの有償石はあるけど、アサルトのたびにこれをやられたら完全に無理。
来月からは元に戻してほしい。

FF11コラボにあたって、いろんな媒体に田中P・廣瀬Dのインタビューが載ってるけど、
MMORPGの醍醐味はどうやら他人とゲームを通じて繋がるところにあるらしい。

いやー、悪いけど興味ない。
情報を共有するのは大歓迎だけど、お互いの人間性を繋げたいとは全然思わない。

腕前が反映されるオンラインアクションゲームだったり、
マインクラフトのような自由度がひたすら高いゲームでの人間性の共有はまだ分かる。
でも与えられた環境ですごく狭いこだわりしか発揮しかできないようなタイトルで、そこまで他人と交流したいと思えない。

・映画を見た。
『ムトゥ 踊るマハラジャ』、『ブレードランナー ファイナル・カット』。
どっちも面白かったけど、どっちも不満に感じる部分もあった。
踊るマハラジャはエンタメに全振りの内容で、ごちゃごちゃ言うのは野暮なので細かい感想は書かない。

・ブレードランナーは感想を書き出すと長くなりそうで、疲れそうなのであんまり書く気がしない。
とりあえずデッカード(主人公)がキモすぎて無理。
俳優が悪いという意味ではなく、自我の葛藤にある少女(レプリカントなので見た目は成熟しているが、中身は童女と言ってもいいだろう)を性的に襲っているのにドン引きした。
なので、デッカードのことがとにかく嫌いなんだが、映画自体の世界観やメッセージ性は何度も反芻したくなる魅力があった。

ブレードランナーは82年の映画なので、おそらく今よりもずっと奴隷差別の名残りが強かった時代なのだろうと思う。
そういった人種差別問題を近未来に仮託しているのが、あの時代のSFなんだろうか。
SFは社会問題を扱うのが常らしい、ということはここ数年でやっと理解したことなのだが(以前は、現実になぞらえた方が作品のリアリティが出るという意味だと思っていた)、
そうなると、別に時代を限定しなくても、SF作品というのは発表当時の世相の「裏」を描いているのが常なのだろうか。
今までSFにほとんど興味がなかったのだが、全てのSFが寓話なのだとしたら、とても興味深いと今は思っている。
機会があれば、少しずつ触れてみるのも悪くないだろう。

・なんとなく憂鬱でなんとなく死にたい。
生きる理由も死ぬ理由も忘れるためになんとなく生きて、なんとなく更新している。

・この歳になると、自分の適性というのがさすがにある程度は把握できているのだが、
その適性を活かして何をするのか、何も見えない。ビジョンがない。
見えてしまえば楽になれるのに。
見えるまでは、死なないように努める。

・ビジョンが見えない感覚は、大切な「何か」を思い出せない感覚そのものだ。
何か、とても大切な何かがあったはずなのに、分からない。どうして思い出せないのかも分からない。
ひたすらに悲しい。
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | top↑
雑記
2017-11-08 Wed 06:52
・アプリのしょーもないゲーム、時々タブレットに落としてはちょっとやって即アンインストールしてるんで、
何をやったか記録するのもいいかなと思ったけど、あまりにも合わなかったやつを記録するのはただ苦痛なだけなので別にいいか、と思い直す。

・タブレットでは相変わらず妖精の国をやり続けている。
もうレベルがなかなか上がらなくなってしまって、メインが全然進行しないのが辛いんだけど、
まだクエストが結構溜まってるからそこそこモチベがある。

ゴールドじゃなくてルーンを消費しないと建てられないミュージアムが、
各ルーンを30個貯めるのが大変でまだまだ建てられそうにない。
ミュージアムがクリア要件のクエストがだいぶ溜まってきてるので、他のクエストを全て達成して詰まったら、
有償クリスタルを消費してブーストかけて建てようと思ってる。
完全に詰まる展開はまだちょっと考えられないんだけど。
そのくらい他のクエストも時間がかかるリクエストが多くて煮詰まってる。

ちなみに今の課金総額は8000円くらい。
週末に販売される有料クエストを毎週買ってるのでそんな状態だが(本1冊買うよーなもんだわ、と支出している)、
先月ほどの熱意はさすがに今はないので、そろそろ毎週買わなくてもいいかなと思っている。

・PS4のゲームを買った。『ディヴィニティ オリジナル・シン』。洋ゲーのRPG。
自由度が高くてTRPGみたいだという評判を聞いていたし、人がプレイしているのも過去に少し見たことがあるんだが、
ベースがRPGでテクニカルなアクションなどは要求されないので、私にも出来そうかなと思い購入。
あ、一番の購入動機は、スパイクチュンソフトがハロウィンセールでディヴィニティを70%オフにしてたからです。
7000円超えの作り込まれたゲームが2000円になってたら買うっしょ!!

スパチュンのそのセールではダンガンロンパが30%オフで5000円になってて、
私は1・2プレイ済みで3はやってないんだけど、5000円じゃまだ買う気がしない。3000円になったら買う。

・で、最近は毎日ディヴィニティをやってるんだけど、楽しい!
世界観が中世ヨーロッパ風の王道ファンタジーで、始まったばかりは街中を歩き回るしかやれることがないんだけど(外の敵は強いと釘を刺される)、
中世ヨーロッパ的な街をうろうろするのは大好きなので何の問題もない。

ただ、その最初のうろうろするパートで10時間かかったのは恐れ入った。
このゲーム総プレイ時間どうなっちゃうの、と思ったが、打開してからは結構スルスル進んでるので、
時間を浪費させられている感覚はない。楽しい。

・ニューゲーム時にキャラメイクが出来て、2人の主人公を好きに設定できるんだけど、
男はゴリマッチョ、女はバービー人形みたいな顔面しか選べない。
同性2人は絵面が面白くないので男女1人ずつにしようとは決めていたが(当然男は戦士系で)、
このTRPG的なゲームで、名前とキャラ設定はどうしよう?

少し前にゴクドー君漫遊記外伝を読み返したところだったので、
ゴリマッチョの男の名前は「ガウス」(2・3巻登場)にした。
となると相方の女はガウスと関連のあるキャラにしなければならないが、
2巻のメインキャラのアーサガは別に私好みじゃないし戦闘キャラでもないし、
3巻のジュエル君は見た目が壊滅的に合わないしっていうかガウスと組ませるの酷だし、
ここは「闇の女王」だな!と決定。ジュエル君はまだ産まれてない設定。
下界をデバガメ精神でうろつく闇の女王を、(見た目が)屈強なガウスが補佐するという設定。

ディヴィニティはイベント発生時に主人公2人がどう感じて、イベントをどう進行させるか選択肢で決めていくという、
ダイアログが結構出てくるんだけど、キャラが最初から決まってるからグダグダせずに直感的に進行できるので、これもまた楽しい。
闇の女王は「より面白くなりそうな方」「でも誰かを著しく傷付けたり悲しませたりしない方」を選ぶ、まあまあのインモラルキャラ。
ガウスは「情に篤い」「でも闇の女王や他のパーティメンバーの生命を第一に考える」、慈悲深いけどリアリストキャラ。

まあ、闇の女王は人間じゃないし超越的な力を持ってるから、安全がどうとか究極的にはどうでもいいはずだけど、
ゲーム内の女王は一介の人間に過ぎないので、当然無茶はしていられない。ガウスがストッパーを買って出るのはごく自然。

あ、ちなみに闇の女王の職業はウィザード。火魔法で遠距離攻撃がメイン。
闇の女王といえばこれ!みたいな戦闘設定は特にないので、「体を張らない」という設定だけ付けて後は好きにやって問題ないな、と思ってる。
あ、でも鍛治・製作スキル、解錠・罠解除スキルはスルー。他の仲間に覚えさせてる。
さすがにそういうのは人にやらせてナンボのキャラだと思っている。

・そんなわけでディヴィニティが楽しいわけだが、エグリアもやっている。
エグリア、しゃんと目が覚めて意識が覚醒してる時はダルすぎてやってられないけど、
寝る前に布団の中で始めると無限に遊んでられる。不思議だ。

・溜まっていた住民の依頼は全て完遂。全住民の家をMAX増築済み。
追加の家具図鑑は全て埋まった。
追加マップのボスドラゴンが強くて、なかなかモンスター図鑑が埋まらなかったんだけど、
精霊の編成を工夫することでそれも解決した。
今は精霊図鑑を埋めるために芋栽培中。あと、追加家具の色違い集め中。
既存家具は依頼で住民にかなり奪われたので、作り直すか思案中。
うーん、作り直すにしても、マップ周回するよりデイリー周回して金満プレイになるかも?

とりあえず今は、できるだけ追加マップのボス面を周回して、ドラゴンの肉を集めつつ素材集め中。
しかし未入手の精霊は1体だけなので、それも遠からず終わるだろうと思う。そうなったら金満プレイがメインかな。

・前は毎日住民にプレゼントをして好感度を上げていたけど、
今はもうめんどくさくて全くやっていない。
家具の依頼が一切なくて、実は好感度を上げにくいアロエちゃんにだけは毎日プレゼントしてるけど。それだけ。

・主人公の自宅はフル増築済みだけど、内装が全然追いついていない。
しかし念願の地下室ができたので、当初の構想の「1F食堂・2F宿・地下は主人公の部屋&物置き」が実現できるようになった。
とりあえず、2Fの客室をどうにかしたいんだけど、素材も家具も猛烈に足りない。
広くなったからバスタブを置いてバスルームを作るのは確定なんだけど、仕切りになる壁の素材が足りない・・・集めるのめんどくさい・・・。
追加家具で調理シリーズが増えて、キッチン用品が充実したので、1Fも作り直したい。
今の内装もお気に入りなんだけど、よりリアリティのある食堂に作り直せると思う。
地下は赤帽子シリーズの家具を中心に、質素な部屋にしたい。特に構想はないので、他の部屋が完成したら着手かな。

ガチの模様替えは、一度始めたら「あれが作りたいけど素材足りない!行かなきゃ」と鬼周回に燃えて何時間もプレイしてしまうので、
精霊図鑑埋め・色違い家具集めが一段落して時間とガッツがある時にドーンとやりたいと思う。

・住民のラブリティはできれば全員カンストまで上げたいけど、時間と手間がかかりすぎてキツいのでたぶんやらない。
家具図鑑を埋めるためにレベル10までは上げるけど(もう達成したけど)、その先は趣味の範疇でって感じ。
ちなみに追加シナリオが来る前は浮遊材キャッチのNPCだけ全員カンストしてた。
なので、最終的に浮遊材だけはよろず屋で購入専門になってた。
ラブリティがカンストすると「もう冒険に連れて行かない」という事態が起きるので、あんまりガチガチに上げていく気はしない。

・妖精の国、ディヴィニティ、エグリアが今の柱。
セブリバは、とうとうスタミナ消費もしなくなってきた。溢れても無視。面倒なので。
FF11とコラボして、新ジョブで竜騎士が追加されるみたいだけど、興味ないなあ・・・。
最近はイノノブのツイッターがあまりにも酷くて、うーんって感じだし、
距離を置いている。嫌いというほどイヤになってはいないんだが。

前も書いたけど、アサルトで露骨なダンサー冷遇が来ない限りは細々と続けていこうと思っている。
アサルトでは1戦でダメージ2000万は出せていて、課金を考えなくても500位入賞の水準を保てているので、
このバランスがぶっ壊されたら引退視野かなという感じ。
上を目指すなら2000万は全然低すぎるんだが(トップオブトップは8000万とか出してる)、そこまで頑張る気は全くない。
そんな感じ。

ディヴィニティが楽しい。
別窓 | 雑記 | top↑
無題
2017-11-01 Wed 20:32
・13週目の胎児の45年後
・ガッキーと肉まんを足してダウンジャケット着せたやつ
・妖怪人間ベラに擬態した爬虫類人間
・袋から出したサッポロ一番(シャネルの香り)
・主婦になっても闘志を隠せないなでしこJAPAN

どんな人とすれ違ったのか、上記のあだ名からご想像ください。
今回も酷いな。
別窓 | 雑記 | top↑
思いつき
2017-10-29 Sun 20:32
・油だけで若返ったカーネルサンダース
・雨の日に捨てられた段田安則
・服を着ることを覚えたボルダリングプロ
・5頭身の長谷川豊
・酒に漬けた角野卓造
・サイボーグ・磯野フネ

すれ違った人にテキトーなあだ名をつける遊びをやってみた。
我ながら酷い。
別窓 | 雑記 | top↑
好きな偉人
2017-10-27 Fri 04:13
・実を言うとチャップリンを全然見たことがない。
『独裁者』のスピーチがとても素晴らしいので、元の映画も見たんだが、おもしろい!!
素晴らしい映画だった。最後のスピーチもやっぱり素晴らしい。
チャップリンの映画はそれほど数が多くないし、尺も長くないから過去作を見ていこうかと思ったんだが、
サイレント映画を見つめ続けるのは結構疲れるということが分かった。
うーん、残念だけど過去作は気が向いた時に・・・。
1940年公開の独裁者、初のトーキー映画だったのよね。同じものを過去作に期待しちゃいかんな。

・昨日書いた通り、今日はリンカーンとマザーテレサの名言を見てみた。
リンカーンはやっぱり大統領というポジショントークがあるのと、アメリカ大使館の公式訳が若干もってまわった言い回しを使っているので、良い内容なんだけどそこまでピンと来ていない。

マザーテレサは、素晴らしい。伊達に聖人じゃない。
実は昔からマザーテレサのことが結構好きなんだけど、改めて素晴らしい人物だなと思った。

・あとさっきガンジーの名言も見た。ガンジーも素晴らしいな!!! 好き。

・私の尊敬する偉人(故人あるいは二次元キャラ)
ゴータマ・シッダールタ(仏教開祖)
マザーテレサ(キリスト教シスター)
ミルクチャン(アニメキャラ)
岩田聡(前任天堂社長)
長谷貴將(医師、福知山線脱線事故の功労者)

・好きな偉人
ガンジー
サイババ
空海

ほぼインドと仏教だな。
サイババは水源を拓いてインド各地に清浄な水を行き渡らせた人なので、
私の中で空海と近い位置にいる。
空海は逸話が凄すぎる超人なので好き。どこまで事実かはさておき、日本の坊主の中では最強キャラなのではないかと思っている。
ミルクチャンだけ浮いてるけど、こういうのを混ぜずに聖人だけ並べ立てるのってなんか怖いなって。
いやミルクチャンを尊敬してるのは本気なんだけど。ミルクチャンという1キャラだけじゃなくて、あれを作り上げたあらゆるもの(クリエイターのセンス)を尊敬してる。

・空海の格言も好きなんだけど、英語の勉強にならないので今は特に調べない。

・次は岩田社長の昔のスピーチを調べようかな。
別窓 | 雑記 | top↑
| いつかこの人生にYESと言おう | NEXT